ヴェローナ半日観光

前回UPした「ジュリエットの家」を含めヴェローナ観光はたったの半日だけ。

綿密に計画をたてて、次の6つの場所を訪れることができました。(^ー^)

・ランベルティの塔
b0305039_22244983.jpg

街のパノラマを見るならここ!というほど有名なランベルティの塔。
エレベーターもあるので、階段が心配な方にも安心です。
b0305039_22262212.jpg

・エルベ広場のクリスマスマーケット
b0305039_22264178.jpg

b0305039_2227534.jpg

もちろんくいしん坊なイタリア人の胃袋も満たしてくれます(笑)
b0305039_22272352.jpg

・ジュリエットの家
→前回UP。

・アレーナ(古代ローマの円形闘技場)
b0305039_22274529.jpg

中に入ると、 期待しすぎたせいなのか?
意外に小さく、期待ハズレに感じました。σ(^_^;
b0305039_2228210.jpg

・カステルヴェッキオ博物館
b0305039_22282228.jpg

・リストリ劇場でのコンサート
b0305039_22284244.jpg

b0305039_2229262.jpg

なかでも、カステルベッキオ博物館は2年前の11月に白昼堂々と有名絵画が盗まれた場所として有名で、現在一部はウクライナで発見されています。が、残念なことにまだまだ不明な作品も。
b0305039_22292285.jpg

そして、この博物館はヴェローナを統治していたデッラ・スカーラ家の居城。

博物館のなかには、一族で有名なカン・グランデ デッラ・スカーラ氏の像も。
b0305039_22295265.jpg

像の写真をみて「可愛い!」と思う方もいるはず(笑)
なぜなら、鎧の上に犬の顔がついているから。
b0305039_22301048.jpg

そう、「カン・グランデ」=Cane Grade(大きな犬)なんです。
彼のシンボルとして鎧や馬の装飾にも使われていました。

そして、お城の脇にはアディジェ川が流れ、ここは本当にイタリア?と思うほど、落ち着いた空気が流れていましたよ。
b0305039_22303353.jpg

ヴェローナは観光地としてとても整備された街。
観光客も不便なく、楽しい滞在をできる街だなぁとつくづく尊敬しました。

ちなみに観光地だけに物価は少々高めです。

【おまけ】
夜のアレーナとクリスマス期間限定の流れ星オブジェ。
b0305039_22313242.jpg

[PR]
# by minamiitalia | 2017-03-27 22:38 | 旅の記憶

ジュリエットの家@ヴェローナ

いまさらながら、忘れていたヴェローナ滞在記をささっと簡単にご紹介します。

訪れたのは昨年11月下旬。
この日はマントヴァから移動して、”恋人たちの街”と呼ばれるヴェローナ(ヴェネト州)へ!

まずは、ヴェローナで一番有名な観光名所【ジュリエットの家】へ。

ベタですが、前から訪れたかったジュリエットの家。(*⁰▿⁰*)

場所は町の中心部、入口はこの壁が目印です。
b0305039_2159536.jpg

壁をくぐると、世界中から来た観光客の恋愛祈願のメッセージがいたるところに!
b0305039_220144.jpg

この日は月曜日だったので、施設のオープンは13:30から。
オープンと同時に訪れたので人はほとんどいなく、有名なあのバルコニーへもすぐにたどり着けました。
b0305039_21572656.jpg


まず最初のステップは中庭にあるジュリエットの像と記念撮影。
「像の右胸にさわると幸せが訪れる、恋愛が成就する。」と言われています。
b0305039_221220.jpg

本物のジュリエット像は建物入口横にいます♪
b0305039_222319.jpg

そして、建物内へ。

「おぉ~ロミオ、ロミオ、あなたはなぜロミオなの」で有名なバルコニーが目に留まります。

数人の順番を待ち、無事に記念撮影完了♪

建物内部はロミオとジュリエットのオペラの写真や衣装、ジュリエットの寝室を再現した空間、陶器のコレクションなどが展示されています。
b0305039_222198.jpg

b0305039_2224890.jpg

ここで、一番心がキュンとした瞬間が《*≧∀≦》

ジュリエットへメールが出せるPC端末を発見したときでした(笑)
b0305039_2233728.jpg

4台のPCが設置されていて、英語または伊語の二言語対応。
b0305039_2235519.jpg

もちろん私もジュリエットへメッセージを書きましたよ♡
早くも4ヶ月経過しましたが、返事が届くのがとても楽しみです、、、(苦笑)

もちろん、旧来のポストも設置されてます。お手紙を送りたい人はこちらへ投函を。
b0305039_2251365.jpg


この施設をはじめ、ヴェローナ観光の際は、Verona Card(18ユーロ/24時間有効または22ユーロ/48時間有効)を利用するのがお得です。
[PR]
# by minamiitalia | 2017-03-27 22:09 | 旅の記憶

温泉宿をリサーチ

イタリア人向けに、最近は日本観光のリサーチ。

と、自分が行きたい温泉宿を見つけてしまいました!(笑)

元禄7年創業の歴史ある有名なお宿。
「千と千尋の神隠し」の舞台にもなったそうです。
b0305039_21402533.jpg

このヒントだけで、分かった方はすごいです!


さらに。

群馬県四万温泉にあるお宿ですよ♡


行けるのは、来年かな???
[PR]
# by minamiitalia | 2017-03-27 21:42 | 南イタリアの日常

ガッリーポリ旧市街にある宿

先日、サレント半島のガッリーポリ滞在時にお世話になったお宿
「ホテル・アル・ペスカトーレ」。
b0305039_23201153.jpg

旧市街にある4つ星ホテルです。

ホテルは、ガッリーポリ港すぐ横。
b0305039_2320322.jpg

17世紀には修道院、18世紀には郵便局だった場所が、今ではホテルに。
b0305039_23222799.jpg

内装はマリンブルーを基調としたシンプルな造り。
b0305039_23233954.jpg

オーシャンビューの客室もあり、記念日旅行にもオススメ。

さらに、併設レストランで夕食が食べれるお得なプランがあるので新鮮なイオニア海の幸をお手軽に楽しめます♪

私たちも夕食付プランをチョイス♪
プリモ+セコンド+デザートの組合せで、驚くほどお得なお値段。
(プリモとセコンドは2種類から1つを選択可)

選んだプリモは、魚介とパン粉のスパゲティ。
b0305039_2326162.jpg

続いて、選んだセコンドは、タコのトマトソース煮込み。フライドポテト添え。
b0305039_23264192.jpg

この日のデザートは、チョコレートプリンとスポンジケーキのミルフィーユ。
b0305039_23271263.jpg

メニューには、「冷凍もの、養殖ものは一切使用しません。」と書かれてました。←大切なポイントですよね。

すぐ近くには、海水浴のできる砂浜ビーチがっ♡
3月の現在はまだ寒くて無理ですが、毎年6月からは国内外の海水浴客でにぎわいます。
b0305039_23281643.jpg

[PR]
# by minamiitalia | 2017-03-20 23:30 | プーリア州の観光情報

マテーラにそっくりな町!

少し前に”グラヴィーナ・イン・プーリア”に行ってきました。

世界遺産の街マテーラのすぐ近くにあり、ここにも規模は小さいですが、洞窟住居群があることから「小さなマテーラ」と呼ばれているプーリアの町です。
b0305039_22565213.jpg

行ってみて驚いたのが、小さい町ながら観光対策がされていること。

観光インフォメーションで見学コースのチケットを購入し、有名なサンミケーレの洞窟(教会)を見学。
地元のガイドさんがアテンドしてくれます。

この洞窟は紀元後900年に修道僧が住み、ミサを行なっていた場所で、洞窟内にはショッキングですがお墓ということで骸骨もたくさんありました、、、(@_@)
b0305039_22572857.jpg

b0305039_22574942.jpg

b0305039_2258412.jpg

そして、町の大聖堂へ。
b0305039_2258294.jpg

b0305039_22584532.jpg

b0305039_2259619.jpg

大聖堂の前には、グラヴィーナ出身者として一番有名な「ローマ法王ベネデット13世」の銅像も。(1700年代のローマ法王)
b0305039_22592670.jpg

次に貴族の邸宅を利用した美術館を見学。

こちらも専属のガイドさんが案内してくれます。
b0305039_22594683.jpg

b0305039_230459.jpg

ここで笑えたのが、ゲストルームに置いてあるプレゼーペ。
b0305039_2302546.jpg

なぜ、笑えたのか?

それは、パンでつくられたもの(笑)。
だから緑色のカビに覆われてます。1800年代にナポリで作られたものだそうです。

この他にもギリシャ時代の考古学コレクション、
b0305039_231295.jpg

武器・絵画・陶器・衣装などが展示されています。
b0305039_2312420.jpg

そして、地下にあるのが教会のフレスコ画。
今では存在しない教会のフレスコ画を修復して、こちらに展示してます。
とっても美しいですよ。
b0305039_232195.jpg

b0305039_2315554.jpg

さて、最後のみどころは水道橋。

1700年代に作られたもので、今では町のシンボルになっています。
記念撮影スポットとしても人気です!
b0305039_2325020.jpg

水道橋から見える景色がこちら!

マテーラにそっくり!!!
b0305039_2354595.jpg

見所が多いとは言えない小さな町ですが、ふと路地に入ると南伊のほっとする日常がみれます。
(こちらは、野菜売りのお兄さんから買い物をしているおばあちゃんの姿)
b0305039_2370100.jpg

お土産には、この町のパン"Pane di Gravina"と
b0305039_233910.jpg

スローフード協会リストにも掲載されてるこの町のチーズ”Pallone di Gravina”を買い、家路へ♪
b0305039_2333123.jpg


グラヴィーナ・イン・プーリアへは、州都バーリからマテーラ行きの電車に乗り、途中下車。
最近はB&Bも増え、観光地として伸びています!
[PR]
# by minamiitalia | 2017-03-20 23:13 | プーリア州の観光情報