青空市場のトマトたち

b0305039_22220692.jpg
いろんな種類が出回りはじめましたよー

甘いトマト大好きです

サラダに、トマトソースに、、、用途により種類を使い分
けます。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

[PR]
# by minamiitalia | 2018-04-24 22:23 | 季節の野菜・果物

ピカソ展@プーリア州のお知らせ

b0305039_17432635.jpg
本日4月24日から11月4日まで、
プーリア州の3つの町共同で ピカソ展が開催されます。

b0305039_17430296.jpg
会場となるのは、イトルリアの谷に位置する次の3つ。

・オストゥーニ(白い街として有名)
・マルティーナフランカ(公爵邸とサラミで有名)
・メサーニェ

3つの会場すべてで800点にも及ぶピカソ作品を見ることできます。

観光シーズンの目玉イベントのひとつ。
これからプーリアを訪れる方は、お見逃しなく!

写真は、会場のひとつオストゥーニの町です。

b0305039_17424674.jpg
b0305039_17435173.jpg
b0305039_17440421.jpg
b0305039_17442158.jpg
b0305039_17443961.jpg

ピカソ展の詳細は、こちらのHP↓をご覧ください。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。


[PR]
# by minamiitalia | 2018-04-24 17:45 | プーリア州の観光情報

バーリの映画祭

先週土曜日から、州都バーリではじまった国際映画フェスティバル

Bif&st」@ペトゥルツェッリ劇場(←オペラ劇場です)。

b0305039_22524883.jpg
10回目の開催にあたる今年は
4月21日(土)~28日(土)の一週間。

昔の映画は無料、最新作は有料で観ることができます。
そして、俳優や映画監督等のトークショーも開催。
こちらは入場無料。

写真↑は、昨日トークショーを開催した大物司会者ピッポ・バウド。
義父も彼を見るためにバーリまで行ってました(笑)

来年の春にプーリアを旅する方はこのイベントもお見逃しなく♪♪
イタリア映画ファンにはたまらない内容です!

詳細は公式HPをご覧ください。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。


[PR]
# by minamiitalia | 2018-04-23 22:57 | プーリア州の観光情報

食い倒れロンドンの旅その2

途切れていた、ロンドンの旅行記。

再開です!

さて、2日目午後は大英博物館に行ってきました。

私も夫もすでに1回以上は訪れている場所でしたが、
驚くことに、ロンドンは国立の博物館や美術館が「無料」。

驚くほど太っ腹な国です。( ̄。 ̄ノ)

ということで、
「せっかく来たなら、1つくらい覗いてみようか!」の勢いでココへ。
b0305039_22442706.jpg
夫の目的は、ロゼッタストーンと古代ギリシャの考古学。

まずは、とてーも広い館内を案内板に従って、古代ギリシャコーナーへ。
b0305039_22455201.jpg
行ってみてがっかり。。。

地元プーリアでも見れるような壷や古銭のたぐいが陳列されてました。(´д|||)
※プーリアは古代ギリシャの植民地だったので、こういう展示品が地元の博物館にたくさんあります。

しかも、地元プーリアからここへ運ばれた展示品まである始末。

「おいおい、ロンドンまで来て地元のモノ見てどうするのよ!」と思わず夫にツッコミ(笑)

次は、「古代ローマの武器」の展示室へ。
b0305039_22493624.jpg
もう、ここは夫のパラダイス♪♪
私は、ただ付き添っただけでした。

さらに、「パルテノン神殿の壁(一部)を見たい!」というので、
広い館内をまた移動して、こちらの展示室へ。
b0305039_22490330.jpg
1800年代にイギリス人がアテネにあるパルテノン神殿からはがして、ロンドンへ持ち帰ったそうです。
結構すごいことしてますよね、イギリス人って。

さて、こちらは訪問の目的であった「ロゼッタストーン」。
b0305039_22541913.jpg
周りは人だかりでしたが、運よく写真を撮ることができました♪

このロゼッタストーン、名前は知っていましたが詳細は知りませんでした。

調べてみると。

エジプトのロゼッタで1799年に発見された石版。
碑文は古代エジプト語の神聖文字( ヒエログリフ)と民衆文字(デモティック)、ギリシア文字の三種類の文字で記述されている。

この3種の文字で刻まれていることによって、古代エジプトのあの絵のような文字が解明できた。ということで
とても重要な意味をもつ石碑だそうです。

ちなみに、私が唯一楽しみにしていた「日本コーナー」は現在修復中。
張り紙が貼ってあり、今年の9月(記憶があいまいですが)まで閉鎖されています。
残念!

さて、大英博物館を後にして向かったのは、ロンドン在住の友人カップルとの待合せ。

これまた夫の希望で、
「イギリス人と本場(歴史のある)のパブでフィッシュ&チップスが食べたい!」を
実現させるため(笑)

友人が予約してくれたのは、ココ!

Nicholson's Pubs
https://www.nicholsonspubs.co.uk/

惜しくもイギリスの母の日と重なり、
「いつも行くお店は予約ができなかった、、、(友人)」と申し訳なさそうに言ってくれました。

いえいえ、こちらこそおもてなしに感謝です!

さて、まずは前菜として注文したのが、カマンベールチーズ。

表面を溶かして、その上にはたまねぎが乗ってました。
b0305039_23080570.jpg
続いて、メインの「フィッシュ&チップス」。

日本でも”ザ・イギリス料理”として有名ですよね?

鱈のフライとフライドポテトの組合せです。
横に添えられた緑色は、グリーンピースのピューレ。
b0305039_23101057.jpg
ここでは、ご当地ビールで乾杯♪♪

2時間はこのお店にいたことでしょう。
時が経つのも忘れて、話していました。

ちなみに、このカップルは彼女が私の友達(イタリア人)、彼氏さんがイギリス人(ロンドン出身)。
もちろん会話は多数決で、イタリア語(笑)

食事の後は、いろんな広場を案内してくれました。
b0305039_23140653.jpg
b0305039_23145191.jpg
そして、この日だけのつもりで会ったのですが、とても親切な二人。

「翌日も案内してあげるよ!」と言われ、迷惑だからと断ったにも関わらず、
強引に(?)案内役を引き受けてくれたのでした(笑)

さて、3日目のできごとは・・・

次回へと続きます。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

[PR]
# by minamiitalia | 2018-04-22 06:00 | 食い倒れロンドンの旅2018

わが町の風景@ルティリアーノ

今朝も快晴@ プーリア州

今日もこれから、どんどん暑くなりそうです!
昼間は半そで確定の陽気♪

b0305039_22340502.jpg
写真は家のすぐ横の通り。
左側の扉は、我が家の離れのドア。

旧市街は、迷路のように細い路地が入り組んでいます。
時間をかけて、のんびり&ゆっくり散策する。

こういう時間が一番大切なひととき。
(って、今日は無理ですけどね、笑)

さて、午後もがんばります!
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。


[PR]
# by minamiitalia | 2018-04-21 22:36 | 南イタリアの日常2018