人気ブログランキング |
<< 港のシーフードレストラン ちょっと早いクリスマスプレゼント >>

オリーブの収穫2014

最近バタバタした日々を送っているので、ブログのUPが遅れていますが。
2週間ほど前に今年のオリーブ収穫を終えました!\(^ω^)/

b0305039_314186.jpg

今年のイタリアはオリーブ不作の年!!! (@_@;)
オリーブに限らず、農作物すべてが祟られているといっても過言ではないほど最悪な年なんです、、、

さて、今年のオリーブ。
b0305039_3141850.jpg

量だけでなく、味もイマイチと言うのが正直なところ。
なぜなら、地中海全体で夏に気温が上がらず、初秋に湿気が多くなりオリーブバエが大量発生。
多くの州が大打撃を受けました。
特にトスカーナ、ウンブリア、プーリア州が被害が多いと報道されていますヽ(´o`;
オリーブバエはオリーブの実を刺し、そこから実の酸化が始まります。
酸化した実からできたオイルはもちろん風味が落ちます。
よって、2014年イタリア産のオリーブオイルは例年に比べ、量・質ともに思わしくありません。

マイナスなことばかり書いていますが、こういう状況があるからこそオリーブオイルは”自然の産物”だと改めて認識できるのも事実。
人の手ではどうしようもできないのが農業。
当たり年があればハズレ年もあって当然。なんせ自然の営みですから。

今年のオリーブ収穫は合計3回。
例年であれば11月1日から収穫がスタートするプーリア州ですが。
今年はどこも早熟ということで、フラントイオ(搾油所)も10月下旬から営業を開始しました。
ということで、我が家も予定していた収穫スケジュールを約2週間早めることに。
b0305039_2515990.jpg

1回目の収穫は10月19日→できたオイルは32L
2回目の収穫は11月28日→できたオイルは30L
そして、最終の3回目は11月2日→できたオイルは23L
1回目の初物オイルは当然!?ながら、義母の所有となり(笑)、2回目と3回目の収穫分は我が夫婦の所有分となりました。

これでようやく家族で使うオリーブオイルが確保できました(*´∀`*)ノ
イタリア家庭にとって、オリーブオイルは単なる油ではなく、調味料のひとつ。
各家庭で使うオイルの味が違うことにより、同じ料理を作っても家庭の味が変わるのです。

余談ですが、3回目の収穫を終えてから1週間後に豪雨と暴風により、オリーブ畑にわずかに残っていたオリーブの実もすべて落ちてしまいました。
オリーブ収穫を例年どおり予定していた人たちにとっては、まさしく”後の祭り”(´﹏`)
皆さん、がっかりしてました。本当に残念デス(T ^ T)

さてさて、来年のオリーブはどうなるのでしょうか?
今からとーっても気になります。
少しでも良質なオリーブが育ってくれますように。。。
by minamiitalia | 2014-11-16 03:19 | わが家のオリーブ畑
<< 港のシーフードレストラン ちょっと早いクリスマスプレゼント >>