人気ブログランキング |
<< 最近はこんな夕食を バターの製造 >>

伝統を守るかたわらで。

b0305039_23434221.jpg

先日お邪魔したチーズ工房は、アイデア満載のオーナーが経営。

南イタリア(とくにプーリア)で、チーズ工房が作るチーズはフレッシュチーズがほとんど。
製造した日に消費するスタイルで、とにかくフレッシュチーズの需要が多いんです!
熟成チーズではペコリーノや牛乳製のテーブルチーズくらい。
(熟成チーズのほとんどは北イタリアから輸送されてきます)

ところが、ここの工房では伝統的な南のフレッシュチーズ”モッツァレッラ”や”スカモルツァ”などはもちろん、北のフレッシュチーズ”ストラッキーノ”やこれまた北の熟成チーズ”タレッジョ”も作っています(゜ロ゜ノ)ノ
タレッジョはイタリアで数少ないウォッシュチーズのひとつで四角形が特徴↓
b0305039_23451576.jpg


そして、すでにおなじみのこのようなチーズと混在してオーナーの発明チーズも!!!(*´∀`*)ノ
それが、こちら↓
b0305039_23564667.jpg

茶色のチーズが発明チーズです。

外はスカモルツァ・アフミカータ(燻製にしたスカモルツァ)、なかにはリコッタという面白チーズ♪
興味津々なわたしにオーナーが試食を勧めてくれました。
なんと優しい心遣い♡
b0305039_23593253.jpg

断面が2層になっているのが見えますか?
ひとくち噛むとモッチリとした弾力のあるスカモルツァの食感を感じながら、中身のリコッタの甘みを口いっぱいに含むことができ、これまた珍しい組み合わせでミルクの美味しさを感じることができます。

燻製にする燻製機の燃料も伝統的な藁を使用。
アイデアは新しいですが、作り方は伝統的なんです。

そして、試食チーズを堪能していると。
「僕にもちょうだ~い!」と言って、夫が近寄ってきました(笑)
そして、いつものスマイルで試食タイムに突入~♪♪
b0305039_061993.jpg

「初めて食べたよ、これ美味しいね~」と満足気の様子。

ここの工房さんのように自社で新種のチーズを開発するところはわずか。
よくも悪くも伝統を重視する傾向が強いせいか、新しいアイデアが出にくいのが事実。
「伝統を守りながら、新しいことに挑戦する」
言葉でいうのは簡単ですが、実行に移すことは本当にハードルが高いです。
だからこそ、それぞれの個性が活きるのかもしれませんね。

ここのオーナーのように新しい試みをする造り手さんをこれからも応援していきたいと思います。
by minamiitalia | 2014-11-20 00:12 | イタリアチーズ
<< 最近はこんな夕食を バターの製造 >>