人気ブログランキング |
<< 和食のレッスン2♪ 春の訪れです。 >>

アンティーク市での戦利品

毎月第1日曜日に開かれる、わが町の”アンティーク市”。
b0305039_1021138.jpg

最近は、開催日に雨が降ったり、他の用事で行けなかったりと
タイミングを逃していましたが、ようやく見ることができました。

ひさしぶりのアンティーク市は、お天気のせいかたくさんの人で賑わっていました。

売っているものは、
お皿や時計、古い硬貨や照明器具、絵画までなんでもあれの混在です(笑)
b0305039_1074120.jpg

なかには、大きな家具を専門に売る人も。
b0305039_1053450.jpg

見る人も、気の向くままにお店をハシゴ。
b0305039_106334.jpg


今回、わたしの目に飛び込んできたのは、この”カゴ”。
b0305039_1093557.jpg

オリーブ畑でのピクニックや果実の収穫の際に持って行く、ちょうど良い大きさのカゴを前から探していました。

そして、そして、ようやく運命の出会いが♪

さっそく、お店のおじさんに値段交渉を開始。
※値切り交渉はイタリアーノの夫の出番です(笑)

「15ユーロでどう?」と店主。

「10ユーロでは?」と夫。

「14ユーロ?13ユーロでもいいや」と店主。

負けずに夫も「いや、10ユーロ」。

「12ユーロ?」と店主。

「10ユーロ!!!」と夫。

「11ユーロが最後だ、これ以上は引けない!」と店主。

「じゃあ、それで。」と夫。

ということで、長いやりとりの末、
15ユーロ→11ユーロになりました!(*´∀`)b

よくやった夫、アントニオ!!(笑)

たった4ユーロの値引きですが、このやりとりが面白い!
あるいみ醍醐味です。

でも、外国人だとそう簡単には値引きには応じてくれません。(。´Д⊂)
(よって、わが家の値引き交渉は夫の役目なんです。)

商品には値札がついていないので、値段は店主の言い値。

なじみのお客さんだと値段交渉もスムーズですが、一元さんにはなかなか値引きをしません。

今回は、はじめて購入したお店でしたが、品物は良さそうです。

アンティーク市を楽しんだ後は、いつものバールで朝ごはん☆

3月に入り、あちらこちらで見かけるお菓子。

「ゼッポレ」
b0305039_10214672.jpg

3月19日の”聖ジュゼッペの日”に食べるお菓子です。
ナポリからプーリアへ伝わりました。

ひと足お先に今年はじめてのゼッポレを。

う~ん優しい甘さに癒されます♪

オーブンで焼く、または、油で揚げたシュー生地を、
カスタードクリームとアマレーナのシロップ漬けで飾ったお菓子。

シンプルですが、昔から3月に食べるお菓子として定着しています。

この”聖ジュゼッペの日”には、食べるパスタも決まっています。

さてさて、どんなパスタでしょうか?( ´▽`)

正解は、19日前後にブログでご紹介します。
by minamiitalia | 2015-03-02 10:26 | 南イタリアの日常2015
<< 和食のレッスン2♪ 春の訪れです。 >>