人気ブログランキング |
<< サクラの季節 家紋~KAMON~ >>

ビスキー謎のケガ

ここ1ヶ月ほど、ビスキー(大型・オス・マレンマーノ犬種)の看病に家族みんなで追われています。
約1ヶ月前に陰部にできた癌を摘出し、術後の傷口のお世話をしました。
やっと傷口もふさがり、みんなで”ほっと”していたところ。

今度は、、、、

このありさま。

b0305039_2341868.jpg


背中の皮がパックリ!とはがれました(T ^ T)

このケガ、原因はいまだに不明。
中庭で何かに引っかかったのでは?という説。
はたまた、暖房設備(お湯で温めるタイプ)に触れて火傷したのでは?とも。

獣医さんに見てもらっても原因は不明。
とにかくここ2週間は、この謎のケガの治療を家族でしています。
1日6回の投薬、そして、カサブタ部分を消毒してクリームをぬりぬり。
薬の副作用で頻尿になり、30分に1回は外に連れ出します(+_+)
時には、外に連れ出すのが間に合わず家のサロンがビックリ!(゜ロ゜ノ)ノな状態になることも。

しかし、義父母、夫、私。みんな文句も言わずにひたすらお世話しています。
すべては家族の一員であるビスキーのため。
昨年は体調が思わしくない時期があり、みんなヒヤヒヤしましたが、今はケガにも負けずに元気です。
といっても、今年16歳を迎える老犬。
マレンマーノ種では新記録だそうで、今度、地元の新聞に彼の記事が掲載されることになりました(笑)

献身的な介護があってこそ、人も犬もみんな快く老後を過ごせるものですね。
しかし、この謎のケガが完治したら、しばらく大人しくしてもらいたい、、、(汗)
by minamiitalia | 2015-04-15 23:17 | 愛犬との毎日
<< サクラの季節 家紋~KAMON~ >>