人気ブログランキング |
<< サクランボの季節だよー! トリノに行ってきました!その2 >>

イタリアのお寿司にご用心!

先週のトリノ旅行でのこと。

ランチをしようと予め目をつけていたレストランが歩けど歩けど辿りつかなかった、、、(;゜∀゜)
ので。
視界に入った寿司レストランへ行くことに。

これは幸い!と楽しくメニューを選んで、待つこと5分でテーブルにお皿が。

ジャジャーン!!!
b0305039_2393553.jpg

ロール寿司の盛り合わせ。
お値段はなんと13ユーロ♪(イタリアでは安い方です)
夫も大満足の様子です(笑)
b0305039_233296.jpg


お店に入ってから気づいたのですが、お店の奥にはガラスで仕切られたオシャレなキッチンが。

遠目でアジア系の人がいるのが見えたので、オーダーを取りにきたお姉さんに。
「日本人コックさんはいるのですか?」と質問してみると
「全員アジア人です」と。

???

「日本人もアジア人だけどなぁ~(・o・)」と思い、よーくキッチンを観察してみると。
全員中国人!

だから、ごまかしで全員アジア人と言ったのかぁと納得。(。-_-。)

少々、嫌な予感はしましたが。
「でも、お寿司が美味しければそれで問題なし!」と気を改めて食べることに。

トリノが海の近くでないという場所のせいか、お魚にはほとんど味がなくちょっと残念。
それでも私も夫も完食。

そして、その日の夜。

「なんだか胃がムカムカして痛い!!!」と言いだした夫。
「きっとあのワサビだぁ」と原因をはっきり知っていました(笑)

私はワサビが苦手なのでお寿司を食べるときには絶対につけません。

よって、セーフ! (@ ̄ρ ̄@)

夫の話では、日本で食べるような新鮮なワサビではなく、粉を練った練りワサビのようだったと。
風味もなんとなく怪しかったとも。
(だったら、手をつけない方が良かったのに、、、)

この痛みは夜通し続き、なんとも嫌な思い出になった寿司ランチでした。

今回訪れたレストランは、「ZUSHI」というお店。
イタリア大都市を中心に出店している大型チェーン店(だそうです。トリノ在住の友人談)

~イタリア和食店の現状~

日本人のコックを雇うと人件費が跳ね上がるので(日本の給与水準はイタリアよりも上です)、
イタリア人からは日本人かどうか区別がつかない中国人をコックとして採用するお店が多数。
こうすれば人件費が安く押さえられます。

最近ではアフリカの方がお寿司を握るレストランまであります、、、トホホ
中国人コックがいるお店に共通することは、衛生管理がかなりずさん。

だからこそ、イタリアでお寿司が食べたくなった場合は必ず日本人コックさんがいるお店へ行ってくださいね。

「寿司」と書くだけで、料理の単価が上がります。
利益をあげることだけを目的にして、鮮度の悪い魚や食材を使うお店も多数。
一番わかりやすい目印として、寿司食べ放題を実施するレストランはまず中国人コックのお店ですのでご用心を!
by minamiitalia | 2015-05-27 23:50 | イタリアde日本食
<< サクランボの季節だよー! トリノに行ってきました!その2 >>