人気ブログランキング |
<< 2016マントヴァ&ヴェローナ... 2016マントヴァ&ヴェローナ... >>

2016マントヴァ&ヴェローナの旅3

<マントヴァ観光2日目>

午前はテ離宮(Palazzo Te)、午後はデュカーレ宮殿(Palazzo ducale)というマントヴァで
「ここを見ずには帰れない!」という2大観光名所へ!

この日は朝から夜まで、北イタリアらしく「霧」の洗礼をうけたので美術館観光にして大正解♪
b0305039_035452.jpg

今回の旅で一番気に入ったテ離宮。

マントヴァ旧市街からは車で5分ほどの場所にあります。

1535年にフェデリーコ2世・ゴンザーガの命により、ラファエロの弟子で建築家、画家でもあったジュリオ・ロマーノにより建設された夏の別荘。

宮殿は中央の中庭の周りに建てられた4つの建物とその裏にある広い庭によって構成されています。

どの部屋も見事なフレスコ画で満たされ、そのインパクトが売りのこの離宮。

特に有名な「巨人の間」と「愛と狂気の間」は必見!

「巨人の間」
画題は、巨人族の没落。
神々と巨人族の戦いを描いたもの。
勝負は神々の圧勝。最高神ジュピターの雷が炸裂し、ユーモラスに逃げ惑う巨人たち。
b0305039_06917.jpg

b0305039_0181740.jpg

中心に描かれているのが、最高神ジュピター(雷をもっている男)。
実は、神聖ローマ皇帝カルロ5世表したものとして、外交にも使われたそうです。
b0305039_053777.jpg

部屋全体を埋め尽くすように描かれたフレスコ画はまるで飛び出す絵本のよう。
この迫力は実際に自分の目でみてください!

「愛と狂気の間」
b0305039_073834.jpg

右下に見えるのソファーに横たわった二人が新郎新婦。
b0305039_08547.jpg

悪魔と天使が結婚式の準備をしているのが分かります。
b0305039_084253.jpg

そして、フェデリーコ2世が馬好きだったことから設計された「馬の間」も特徴的です。
ここにはフェデリーコ2世がこよなく愛した5頭の名馬が描かれています。
b0305039_033535.jpg

建物と建物をつなぐ外廊下も手落ちなく、完璧なフレスコ画で飾られています。
b0305039_092230.jpg

霧の影響で、中庭の眺めは残念ながら、、、見えません。
b0305039_09457.jpg

カメオ風の細工も。
b0305039_0101551.jpg

こちらも絵画のごとく描かれたフレスコがお見事です。
b0305039_0105926.jpg

この離宮には、当時の王カルロ5世も2回訪れたそうですよ。

オーディオガイドは日本語音声もあり、たっぷりと日本語で解説してくれます。

マントヴァ観光の際は忘れずに立ち寄ってくださいね。(*⁰▿⁰*)
by minamiitalia | 2016-12-02 00:21 | マントヴァ&ヴェローナの旅2016
<< 2016マントヴァ&ヴェローナ... 2016マントヴァ&ヴェローナ... >>