人気ブログランキング |
<< イカのトマト煮込み@おうちごはん パスクワ旅2017 >>

小さな町マルターノ@サレント半島

b0305039_0404753.jpg

今回のパスクワ2017プチバカンスで滞在した”マルターノ(Martano)”というサレント半島内陸の小さな町。
レッチェから車で20分、イタリア半島最東端オートラントからは15分という立地。

もちろんガイドブックには載っていません。

この街に来たのは、お目当てのお宿があったから。
”Borgoterra"。
可愛らしくて、アンティークな雰囲気に魅かれました♪
b0305039_0412416.jpg

旧市街の中心、聖母教会のすぐ横にあります。

大小合計11つの部屋があり、今回お世話になったのは3名まで滞在できる2階のお部屋(キッチンつき)。
b0305039_0415070.jpg

b0305039_042580.jpg

b0305039_0422028.jpg

朝食はエレガントな専用のサロンでいただきます。
b0305039_0423670.jpg

サレント半島の名物菓子”パスティッチョット”(2段皿の上から1枚目にあるお菓子)も登場。
b0305039_043910.jpg

他に、コーヒー、オレンジジュース、ヨーグルト、フルーツ、パン&お手製ジャム、クリームコロネまで。

夕食は事前連絡すれば、提携のオステリアでいただくことも可能です。

お宿の隣は、町の聖母教会。
b0305039_0463112.jpg

教会内部は、彫刻が施されたレッチェ石で飾られています。
b0305039_047369.jpg

さらに、マルターノの町には噴水があちらこちらに。
b0305039_0442239.jpg

まるで映画のセットのような可愛らしい町並みに胸がキュンッ!と(笑)
b0305039_0445556.jpg

b0305039_044643.jpg

b0305039_0444179.jpg

ちなみに、このエリアはGrecia Salentinaと呼ばれ、驚くことに方言にギリシャ語が使われます。
b0305039_045103.jpg

↑町のアラゴン城の説明書。
一番下の欄は、ギリシャ語です。

なんでもトルコ人の侵略から逃げてきたギリシャ人がこの地にたどり着き、定住したそうです。

今でもこの地域の学校では伝統が廃れないように、ギリシャ語が混ざった方言を授業で教えるそうです。

ちなみに、年配の方もギリシャ語交じりの方言で「カリメーラ!」(ギリシャ語で「こんにちは」)と挨拶するそうです。
by minamiitalia | 2017-04-17 00:53 | プーリア州の観光情報
<< イカのトマト煮込み@おうちごはん パスクワ旅2017 >>