人気ブログランキング |
<< おやつ=リコッタチーズ 戻ってきた青空 >>

ヴェネチアのホテル2012

ヴェネチアで滞在したホテルの記録を2軒書きましたが、
一番最初に夫と泊まったホテルの写真が出てきたので、こちらの情報も残しておきます。

以前のヴェネチアホテル情報は、こちらをご覧ください♪


さて、今回報告するのは、リアルト橋からすぐのクラシックなホテル

「Residenza Goldoni」

いつもはBooking.comで予約しますが、リンク↑は公式サイトにしてます。

ヴェネツィアの中心部に位置し、リアルト橋からわずか130mの伝統的なホテルです。
サンマルコ広場へも徒歩5分。

ネットでパッと数枚のホテル写真を見て、立地の良さで即決したんです(笑)

2012年のこのヴェネツィア旅行は、実は新婚旅行。
同年の4月に日本で結婚式を挙げ、さらに7月にイタリアでも結婚式(こちらが法律上正式)を挙げました。

普通の人が1回しかしない結婚式を2回も挙げたので、
旅費も含めてこの年は出費がかさみ、新婚旅行も行くか迷っていたところ。。。

夫が「国内なら行けるから、思い出に行こう!」と言ってくれて実現した2泊3日のプチ新婚旅行。

それでは、さっそくホテルの写真を。

水上バスのバス停「リアルト橋」からヴェネチアらしい細い路地をいくつか進み、
ようやくたどり着くこのホテル。

入口ははっきり言ってわかりにくく、この看板を目指して毎日往復してました(笑)
ヴェネチアのホテル2012_b0305039_01270094.jpg
ホテルの規模は中堅。
フロントに常駐のスタッフさんが、ほぼ24時間体制でいてくれました。
(英語とイタリア語が可)
ヴェネチアのホテル2012_b0305039_01300853.jpg
さて、お世話になったお部屋がこちら。

シンプルなダブル。
ヴェネチアのホテル2012_b0305039_01311018.jpg
ヴェネチアのホテル2012_b0305039_01315687.jpg
部屋の広さは約14㎡。
窓もあり、路地に面していましたが、夜は静かで普通に寝ることができました。

バスルームはシャワーのみ。
ヴェネチアのホテル2012_b0305039_01353019.jpg
そして、朝食は部屋でいただくことができます

飲み物は事前にリクエストを聞いてくれました。
私はカプチーノ、夫はコーヒー。

食べ物はクロワッサンなどのパンが簡単にいくつかとチーズ。
ヴェネチアのホテル2012_b0305039_01374762.jpg
部屋で朝食なんてラッキー♪♪と、喜んだのも束の間。

残念なことにカプチーノを飲もうと口にカップをつけた瞬間、塩辛い!!!( ̄。 ̄ノ)

どうやら、ティーカップの消毒に使われた塩がカップの口部分に残り、
気付かずにそのまま運ばれてきたようです。

夫のコーヒーも同様でした。(@_@)

スタッフには何も言わずにそのまま残して、気を取り直して外のバールで朝食を食べました。
(この時はまだ二人とも平和主義者だったんですね、、、笑)

そして、さらにプーリアに帰宅してから判明した、このホテルのもうひとつ残念だったこと。

それは、お会計。

チェックアウトのときに現金で支払ったにも関わらず、
後日、クレジットカードでホテル代が引き落とされてました。

夫がすぐに気付き、ホテルに電話をして返金手続きが無事に終了。
1週間後にはホテル代が戻ってきました。

この2つが残念な点でしたが、あとはノーマルな感じのホテルです。
残念な点はすべてスタッフの人為的ミス。
設備的には問題のないホテルでした。

さてさて、このホテルの名前に付いた「ゴルドーニ」。
実は、ヴェネチア出身の有名な作家さんの名前です。

カルロ・ゴルドーニ

調べてみると、1700年代に活躍した劇作家。
医者の息子として生まれ弁護士になるも、その道を捨てて、作家になった勇気ある人。
その後、フランスに移住してヴェルサイユ宮殿で王女たちのイタリア語教師になったそうです。

ホテル近くには彼の銅像がある広場もありました。
ヴェネチアのホテル2012_b0305039_01501756.jpg
若かりし頃の夫が写ってます(笑)
あの頃は痩せてたな・・・

さて、気になるホテル料金はちょっと高め。
相場としては、日本のホテルとあまり変わりません。

部屋の広さやサービスよりも立地にお金を出す。という感覚です。

Residenza Goldoni(レジデンツァ ゴルドーニ)
住所:San Marco 5232-5234 - Calle degli Stagneri, San Marco,Venezia
電話:+39 041 2410086

※ここで書いた経験や感想は私個人のものです。参考としてお読みください。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

by minamiitalia | 2018-03-05 02:14 | ヴェネチアLOVE旅
<< おやつ=リコッタチーズ 戻ってきた青空 >>