人気ブログランキング |
<< 第3回日本ツアーの報告6 結婚式に参列2018(1) >>

結婚式に参列2018(2)

結婚式の報告、第2弾です!

新郎新婦が到着してから、本格的に披露宴がスタート。

まずは、ダンスタイムから♪♪

最初のダンスは新郎新婦だけでチークダンス。
(↑今まで出席した披露宴すべてで同じ流れ)
b0305039_04165610.jpg
最初に彼らだけで踊って、そこからダンスタイムが正式に解禁~!
みんなで一緒に踊って楽しい時間を過ごします。

テーブルセッティングは、日本と同じように新郎新婦の個性がでます。

今回は、付き合ってから彼らが二人で旅行した旅先の写真を各テーブルに飾っていました。
案外シンプルでしたよ。

私たちのテーブルには、州内の「トッレ・グアチェート」の写真が。
b0305039_04192226.jpg
そして、いよいよ料理がサーブされます。

さっそく運ばれてきたのは、前菜。
b0305039_04200947.jpg
香草が巻かれたマグロ。
水牛のリコッターチーズとレモンのクリーム、紫キャベツのマリネにラードが添えられています。

一番下にはマリネされたズッキーニ。

続いては、プリモ(パスタ2種類)

1皿目は、オマール海老の太麺パスタ
青菜はほうれん草、甘酸っぱいトマトがアクセント!
b0305039_04210442.jpg
2皿目は、ピスタチオクリームのパスタ。
ピスタチオはシチリア・ブロンテ産。
b0305039_04213369.jpg
パスタの中にはアーモンドとほうれん草がぎっしり。

メインは、お肉!
b0305039_04224523.jpg
子牛のフィレ肉。
上にはアーモンドとマッシュルーム。
ソースはプーリア産ワイン”プリミティーヴォ”を使っています。

左は、香草と人参のスフレ。

デザートは、ショウガとパイナップルのシャーベット。
b0305039_04371437.jpg
これだけたくさん料理が次から次へと運ばれてきます。
もちろん、ただ食べるだけではつまらないですよね?

ということで、

消化促進の意味も込めて、ダンスタイムが各お皿の間に設けられています♪♪

ダンスタイムのワンシーンをどうぞ!



面白いほどみんな同じ動きで自然に踊っているのがお分かりでしょうか?(笑)

とある参加者は、
「小さい頃から結婚式に出席するたびに同じことやってるんだから、嫌でも自然に身につくわよー(笑)」と。

ごもっともですね。

さて、室内での食事が終わると、今度は2番目の中庭(屋外)での「デザートブッフェ」が待っていました。
b0305039_04271940.jpg
こちらも数々のケーキやフルーツ、ジェラートなど盛りだくさん。
見ているだけど、お腹がはち切れそうでした、、、苦笑)

日が暮れてからの会場はライトアップされて、こんなきれいな景色に

もう、このロケーションにはうっとり。*≧∀≦
b0305039_04292897.jpg
最後は、再び1つ目の中庭へ移動して、新郎新婦のケーキカット!
その後、ウェディングケーキが振舞われて、食後酒で締め。

最後はコンフェッティ(日本の引き菓子に相当します)のブッフェを通り、
引き出物をもらって退散。

ここまで来ると、もうグタグタな状態、、、(´`)

披露宴は、14時開始、22時終了の8時間コース。
いつもことですが、やっぱり長い!

若者はさらにこの後DJの音楽でディスコ状態となった会場で弾けてました。
若いってスゴイ。

昨日はこれだけ食べたので、
今日のお昼は言うまでもなく軽食です(笑)

新郎新婦には、末永く幸せな人生を歩んでもらいたい。

おめでとう!
ロッセッラ&ジャンフランコ!!
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「トラベルジェイピーガイド

by minamiitalia | 2018-07-28 08:00 | プーリアWedding
<< 第3回日本ツアーの報告6 結婚式に参列2018(1) >>