人気ブログランキング |
<< この時期のおもたせ ボローニャの旅その1 >>

ボローニャの旅その2

ボローニャに到着して、ホテルに荷物を置いたら、
すぐに街の中心地まで用事を済ませに、、、

用事が終わって、ようやく夕方からボローニャの街を散策スタート!
ここからは、正真正銘の観光客をしてきました(笑)

今回は事前の調べモノは一切せずに、夫とインターネットに頼りっきり。


曇り空+小雨+寒いという観光には望ましくない天候で、
私たちふたりが決めたのは、名物を食べること!!

まずは、中心部にあるEatalyでアペリテーヴォを。

とにかく生ハムとランブルスコ(この地方名産の発泡赤ワイン)が美味しくて上機嫌になりました♪

b0305039_00095547.jpg

写真のハムとチーズの盛合せ(小)は、2人前12.5ユーロ。
奥からモルタデッラ、生ハム、コッパ、サラミ(正式名称は不明)。

チーズは、塊がパルミジャーノ、赤いアルミカップに入った液体状のがスクワックエローネ。

やはりこの地域はお肉をよく食べるんですね!
お肉が主役の街。といってもいいかもしれません。

どこも生ハムやモルタデッラを売るサラミ屋さんばかり。

b0305039_00103394.jpg
b0305039_00110240.jpg
b0305039_00112815.jpg

そして、この地域でよく食べるパスタ「トルテッリーニ」もズラーリ!!
b0305039_00120685.jpg
お値段もビックリ価格です、、、(;゜∀゜)

チーズはもちろん!パルミジャーノ・レッジャーノです。
この地域の特産品ですものね。

熟成期間やウシの種類ごとにいろいろと揃ってました。
お値段はそれほどお得感は感じられませんでした。

b0305039_00125547.jpg

さて、ボローニャの台所を覗いたら、これからお待ちかねの夕食です。(´∀`)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド


by minamiitalia | 2019-03-16 09:26 | ボローニャの旅2019
<< この時期のおもたせ ボローニャの旅その1 >>