人気ブログランキング |
<< 今週末は薪拾い!すでに泥棒にや... ポリニャーノの洞窟レストラン「... >>

ONAFチーズ勉強会に今月も行きました!

所属するONAF(伊チーズテイスティング協会)バーリ支部の
ブラッシュアップ講座に今月も行ってきました。

b0305039_21333433.jpg
今回のテーマはカチョリコッタ。

b0305039_21334999.jpg
このチーズをご存知ですか?

プーリアをはじめカンパーニア州、バジリカータ州で食べられるチーズで、
主に削りおろしてパスタにかけて食べます。

プーリアではパルミジャーノチーズの代わりにこのチーズをかけることが多いです。

作り方が特殊でチーズとリコッタ(厳密にはチーズではない)の製造方法を組み合わせてます。

味の特徴はとても塩気が強いこと。
なぜかというと、その製造方法を理解すれば納得です。

今回は牛、水牛、羊、山羊、ポドリコ(ブランド放牧牛)の5種類に加え、
チーズ製造業に関わる受講生のチーズを含め合計8種類と盛りだくさん!

講座終了後は、トマトソースのオレッキエッテにこの日バツグンに美味しかった
水牛のカチョリコッタをかけた一品とワインのアビナメント。

b0305039_21341128.jpg
〆のイチゴのミルフィーユで終了。
b0305039_21342393.jpg
塩気の強いチーズの試食だったので甘いデザートがとてもうれしかった(笑)

今回の講座も恩師であるバーリ大学のファッチャ教授のおかげで有意義な時間になりました。
好きなものを学べる環境に感謝です。

b0305039_22193609.jpg
プーリアから日本にお土産として「カチョリコッタ」を持ち帰る場合、
涼しい季節にお持ちかえりください。
熟成日数が短いチーズのため暑い環境だとカビが生えます。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド


by minamiitalia | 2019-04-07 21:36 | イタリアチーズ
<< 今週末は薪拾い!すでに泥棒にや... ポリニャーノの洞窟レストラン「... >>