人気ブログランキング |
<< 世界遺産「アルベロベッロ」の1... お客様の感想が届きました! >>

郷土料理の代表!プーリア流パエリア

今日8月15日は「 聖母被昇天の日」という祝日。
毎年、家族そろってのランチが定番です。


今年はプーリア流パエリアの「リソ・パタテ・コッツェ」を作りました。

b0305039_01413612.jpg
この料理は地域により名前が変わり、ティエッリャと呼ぶ地域もありますが、
バーリ県ではリソ・パタテ・コッツェです。

昔、スペイン人がこの土地を支配していた頃、
プーリアで採れる材料で故郷のパエリアを作ったのがこの料理のルーツ。

今でもしっかりプーリアでこの料理は生き続けています。

材料はじゃがいも、ムール貝、トマト、パセリ、たまねぎ、お米などなど、、、

仕込みに多少時間がかかりますが、大事なお祝いの日にはこの料理の登場率高し!です。
プーリアに来たら、郷土料理レストランでぜひ味わってくださいね!

料理好きな人には、当チーズ教室の「プーリア家庭料理レッスン」で学んでいただけます♪
各プランにオプションとして追加することも可能です。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド


by minamiitalia | 2019-08-15 23:55 | 南イタリアの日常2019
<< 世界遺産「アルベロベッロ」の1... お客様の感想が届きました! >>