人気ブログランキング |
<< 日本で買えるmade in I... コスパ抜群の宿!「Host&H... >>

イタリア語学習を振り返って@九段アカデミー

今日は、自分のイタリア語学習経験を紹介します。
この投稿がこれからイタリア語を勉強するどなたかの参考になりますように。。。

私がイタリアに住んでからもうすぐ8年目。

日本で暮らしているときから”趣味で”イタリア語を習っていたので
こちらに住んでからとても困ることはありませんでした。

それも、基礎学習の段階で文法をきちんと理解できていたから。

旅行会話だけなら決まったフレーズを覚えればある程度乗り切ることはできますが、
込み入った会話をするなら、やはり文法理解は必須です。

私がイタリア語を学びはじめた時に通った語学学校が「九段アカデミー」でした。
現在は飯田橋に校舎がありますが、その当時は九段下にありました。


校長の中原先生は、元商社マン。
イタリアに長いこと駐在されていた方。穏やかな人柄で面倒見のよい方です!

学校の規模は小さいので、ひとりひとりをとても大切にしてくれます。

ここは私の持論になりますが、イタリア語が理解できない初心者に文法を教えるのは日本人が最適です。
なぜなら、いきなりイタリア人と触れ合っても言葉が分からないと前に進めません。

そして、ここが重要ですが

文法を教えるには、イタリア語と日本語の両方を理解している人であることが必須です。
(でないと、イタリア語文法の分からない箇所を日本語できちんと理解できません)

この点で日本語を完璧に理解して使いこなせるイタリア人は日本にはまだわずか。

それに比べて、

九段アカデミーの中原先生のようにイタリア在住経験の長い方から日本語でイタリア語の文法を習う方が確実です。

実際に習い始めてから、すぐに文法の仕組みが理解でき簡単な文章はすぐに読めるようになりました。
少しずつ自分の実力がUPすると、勉強を続けることも楽しくなります。

そうこうしているうちに、イタリア語を習い始めて6ヶ月後にイタリア語検定3級に挑戦!
結果は、2点足りず不合格。

でも、たった6ヶ月の勉強でこのレベルになったことに自信が持てました。
(3級はその後再度受験して合格しました)

基礎の文法が分かれば、あとは単語や動詞を暗記するのみ!!
ひたすら繰り返して脳に覚えさせました。

ある程度の知識と自信があれば、
実際に自分のイタリア語がどのくらい通用するか、試したくなりますよね?

イタリア語検定3級を受検してから、すぐに初めてのホームステイをフィレンツェで体験。
ヨーロッパ一人旅はとても緊張しましたが、今の自分があるのもこの1歩を踏んだからこそだと思えます。

お世話になったのは、フィレンツェ大学の教授宅。
プランには、奥様(元教師)による毎日2時間のイタリア語プライベートレッスンも付いていたので
会話とヒアリングに注力して受講しました。

それはそれは、驚きの連続!(笑)

小さいことになりますが、例えば「ここ」というイタリア語はレッスンでは「qui(クイ)」とだけ覚えてました。
しかし、フィレンツェのこの教授宅ではquiよりも「qua(クア)」をよく使っていました。
はじめてqua qua!と連呼する声を聞いたときは鳥の鳴き声?と思ったりもして(笑)。

はっきり言って、このホームステイでは自分のイタリア語の未熟さを思い知らされただけでした。
でも、この経験がさらなる向上心を刺激してくれたので結果オーライです!

その後も有休をとってはフィレンツェでホームステイを繰り返し、
日本では自分でサイトを利用してイタリア人観光客を案内するボランティア活動を実施。

不思議なことにイタリア語を学ぶことに飽きることはなく、
もっとイタリア文化に触れたい!という思いだけが強くなっていきました。

その後、「CILS」というイタリアの検定試験(シエナ外国人大学の試験)を知り、
B2のレベルを受験するためにイタリア文化会館のテスト講座へ6ヶ月間通学。

担当の先生は性格がちょっと曲がった女性(ヴェネチア出身)で相性はよくありませんでしたが、
ここに通うメリットはテストでどのような問題が出るのか?を事前に分かるようにしてくれること。
※ただし、「ココが出ますよ!」とはっきりは言いません(笑)

おかげさまで1回目の受験で2項目以外合格。
2回目の受験は不合格だった2項目だけに挑み、無事に合格できました。

その後は吉祥寺にあるイタリア語学校にも少し通いましたが、
習っていた先生は九段アカデミーから派遣されていた先生でした(苦笑)。

どうりで教え方が上手だと思いました(笑)。

そして、ボランティアがきっかけでプーリアにホームステイすることになり、
ひょんなご縁で夫と出会い、その後は国際結婚→渡伊という流れ。

移住当初は、やはりイタリア語を24時間話すことに慣れていなかったので不自由しましたが、
時間とともにそれも解決。

現在はありがたいことに日常生活も問題なくイタリア語ですべて過ごしています。

イタリア語をここまで勉強してきた一人として、最初の文法理解は大切ですよ!
しっかりと理解することで応用が利き、その先の新しい文法も着々と吸収できます。

そして、学校選びも大切です。

その人の目的にもよりますが、
一緒に勉強する友達を得たいならグループレッスンに注力している学校を選べばいいと思います。
友達がいると自然に勉強も楽しくなりますから。

私のように自分のペースで確実に学びたい人はプライベートレッスンです。
もちろんグループレッスンより料金はかかりますが、自己投資!
”時は金なり”で、実力UPの近道だと私は考えます。

最後に、

この場を借りて、私にイタリア語を学ぶ楽しさを教えてくださった
九段アカデミーの中原先生に感謝したいと思います。

これからイタリア語を学ぼう!と思っている方、楽しく勉強をがんばってください。
きっと新しい世界が開けますよ。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド

by minamiitalia | 2019-12-27 21:36 | 南イタリアの日常2019
<< 日本で買えるmade in I... コスパ抜群の宿!「Host&H... >>