人気ブログランキング |

カテゴリ:チーズ教室( 177 )

のびーる、のびーる

出張の合間をぬってイギリスからチーズ教室に来てくださったお客様と、4時間かけてみっちりチーズ工房を見学してきました。

到着すると、すでにカード(乳の固形分)を砕く作業が行なわれていました。
のびーる、のびーる_b0305039_015122.jpg

そして、固形分と液体を分けます。
のびーる、のびーる_b0305039_033555.jpg

そして、チーズ作りに必要なカード(固形分)が完成です。
のびーる、のびーる_b0305039_035384.jpg

ここからカードを砕いていき、塩を加え、お湯を加えてこねていきます。
のびーる、のびーる_b0305039_053679.jpg

のびーる、のびーる_b0305039_06243.jpg


そして、ここからベテラン職人の腕がなります!(´∀`人)
のびーる、のびーる_b0305039_07378.jpg

「よっ!お見事!!」とつい声をかけたくなるほど、よーくのびるチーズ生地♡
今日も美味しいモッツァレッラチーズができていきます。
のびーる、のびーる_b0305039_095224.jpg


職人さんはとってもホスピタリーが旺盛。
「こんな形のチーズも見せてあげるよ♪」と言って、ハサミで馬の形を作ってくれました。
のびーる、のびーる_b0305039_0113195.jpg

さらに、魚や定番の子豚ちゃんの形までも。

今回のお客様は、「将来、自分でチーズ工房を開きたい!!」という強い意志をお持ちの方。
見学中も質問&メモ書きをたくさん。
将来、日本にまた1軒新しいチーズ工房が増える日もそう遠くないかもしれませんね。(^ー^)

チーズ工房の見学は日帰りも可能です。お気軽にお問合せください♪
by minamiitalia | 2015-06-23 00:15 | チーズ教室

手作りチーズの快感♪

とある日曜日にフレッシュチーズを手作り♪
おうちで食べるランチの一品ですU^ェ^U
手作りチーズの快感♪_b0305039_22205926.jpg


家庭で作るチーズは、とってもシンプルなもの。
「ジュンカータ(塩なし)」と「プリモ・サーレ(塩入り)」の2種類です。
無殺菌の牛乳を使うので味わいは濃厚、そしてミルクのコクが感じられます。

さて、製造工程でわたしが大好きなポイント。
それは、これ!↓
手作りチーズの快感♪_b0305039_22304112.jpg

固まったカード(乳の固形分)の表面を触る瞬間。
※あくまで生地が固まったかの確認作業ですσ(^_^;
触り心地は、ぷるぷるの杏仁豆腐にそっくり!
本当にカ・イ・カ・ンです(笑)

この後は、熱しながら固まった乳の固形分を砕いて、手ですくってチーズ型に入れるだけ。
手作りチーズの快感♪_b0305039_22332275.jpg

そして1時間ほど置き、液体ができったところでお皿に盛り付けて完成です。

どうですか?
意外と簡単にチーズは手作りできるんです。

このプルプルの表面を触るカ・イ・カ・ン(快感)を味わいたい方は、ぜひチーズ教室へいらしてくださいね♪( ^-^)ノ

※現在、夜のみ実施の「手作りチーズ体験プラン」がもうすぐ午前の部もご参加いただけるようになります。
by minamiitalia | 2015-06-22 22:37 | チーズ教室

ワイナリーでの試飲♪

ワイナリーでの試飲♪_b0305039_21573632.jpg

ワイナリー見学を希望されるお客様をいつもお連れする「トルマレスカ」さん。
今日は、このトルマレスカでの試飲についてちょっとご紹介します。

まずは、トルマレスカの概要から。
「トルマレスカ」は、トスカーナの名門ワイナリー「アンティノーリ」がプーリアで手がけるワイナリーです。
アンティノーリはご存知の方も多いと思いますが、はるか14世紀よりワイン史に足跡を残すフィレンツェの偉大な名門メーカーです。

1996年アンティノーリの社長ご夫妻がヴァカンス休暇で訪れたプーリアの地に一目惚れ。
2年後の1998年にアンティノーリがワイン造りの可能性に満ちたプーリア州の土地を購入したことから、トルマレスカの歴史が始まります。
ワイナリーでの試飲♪_b0305039_2235246.jpg

トルマレスカはプーリア州内に2つのブドウ畑を有します。
1つ目がいつもお客さまと訪れるアンドリアの丘の上にある「ボッカ・ディ・ルーポ」。
ここではすべて無農薬栽培でブドウが作られます。
近くに火山があることからここの土壌は石灰質、よってミネラル分を多く含みます。
もうひとつは、レッチェ近郊にある「マッセリア・マイメ」。
アドリア海沿いに位置する粘土質の土壌が特徴です。

当教室のワイナリー見学では、①ワイナリー担当者からのワイン製造工程の説明、②試飲、③併設ショップでのお買い物を楽しんでいただけます。

ワインの試飲は通常3種類。
いつも訪れるボッカ・ディ・ルーポでは、目の前に広がる140ヘクタールのブドウ畑でできたブドウから造られる次の3つのワインがいただけます♪꒰*´∀`*꒱
ワイナリーでの試飲♪_b0305039_2214532.jpg

写真左から。
■PIETRABIANCA(ピエトラビアンカ)【Castel del Monte D.O.C】
 2015年サクラアワード・ゴールド賞受賞(日本)
白ワイン(シャルドネ&フィアーノ・プリエーゼ)
ピエトラビアンカを直訳すると「白い石」。
プーリア州の建築資材としてよく使われる白い石になんだ名前のワインです。
ちなみにこのワイナリー建物もすべて白い石材が用いられています。
ワイナリーでの試飲♪_b0305039_22232035.jpg

■TRENTANGELI(トレンタンジェリ)【Castel del Monte D.O.C】
赤ワイン(アリアニコ&シラー&カヴェルネ・ソーヴィニョン)
ブドウ畑の敷地内にある、現在は廃線となった線路の信号機にちなんだラベルの絵。
ワイン名は、昔からのこの地に伝わるこの線路の守り神である30人の天使にちなんでいます。

■KALORO(カローロ)
デザートワイン【Moscato di Trani D.O.C】
ブドウ収穫後20日間太陽にさらして乾燥させ、糖度が上がったところで製造開始。
実は私たち夫婦も大好きな1本!(^o^)v
家にストックを常備しておくほどです(笑)

ちなみに、白ワインPIETRABIANCA(ピエトラビアンカ)と赤ワインTRENTANGELI(トレンタンジェリ)は日本のエノテカさんで購入することが可能です。
※トレンタアンジェリは今年から日本へ輸出されています。
デザートワインであるKALORO(カローロ)は、生産本数が少ないことからイタリア国内の消費で終わってしまいます(一部アメリカにわずかに輸出)。
よって、残念ながら現地だけでお楽しみいただける貴重なワインです。

試飲の際には、ワイン以外にも相性の良いペコリーノ(羊)チーズとプーリアの郷土スナックである「タラッリ」が提供されます。
試飲の都度、ワイン1本を開けるのでボトルが空になるまでお代わりもできますよ(笑)
ちなみに前出の3本ボトルが並んでいる写真では、デザートワインのKALOROが好評で1本飲みきってました (^◇^;)

そして、残念ながらボッカ・ディ・ルーポでは試飲対象ワインではありませんが。
ワイナリーでの試飲♪_b0305039_22482993.jpg

3年連続でヴィーニディタリア(ガンベロロッソ主催)で最高評価である3グラスを受賞したTORCICODA(トルチコーダ)もお手ごろ価格で併設ショップで購入することができます(^|0|^)

ワインに興味がある方!
人気&実力ともに向上中のプーリアワインを代表するトルマレスカ訪問に一緒に行きませんか?
チーズ教室のホームページにはありませんが、日帰りでワイナリー訪問だけの参加も受け付けております。
お気軽にお問合せください。
by minamiitalia | 2015-05-14 22:51 | チーズ教室

新婚旅行のお客様♡

今朝、プーリアに4泊5日でご滞在いただいた新婚のお客様がご出発されました。
仲の良いステキなご夫妻です。
プーリア滞在後は、ロマンチックなローマとパリに滞在される予定です♡

今回は、先週起きたローマ空港の火災の影響でお客様の荷物が遅延するというアクシデントがあり、3日間連続でバーリ空港へ通う事態に、、、( ̄。 ̄ノ)ノ
本当にアリタリアの対応にはいつも文句を言いたくなりますが、ここはグッと我慢です。
せっかくの新婚旅行なのに着替えの下着や洋服、運動靴を慌てて調達するという、なんともバタバタした始まりとなりました。
(※当教室ではアクシデントに遭った場合でも全力でサポートするのでご安心ください!)

お客様が帰られた後、いつも思うのですが。
本当に楽しい時間はあっという間ですね(≧ε≦ヾ)
今回はポリニャーノ・ア・マーレ、マテーラ、アルベロベッロ、ワイナリー、カステル・デル・モンテを一緒に巡りました。
途中にはオリーブ畑でのピクニックやチーズ作り体験も♪
この時期のプーリアは毎日快晴!
写真を撮っても雲ひとつないきれいな青空が美しい季節です。
ここで、ブログを読んでいただいている方にもプーリアへ行った気分になっていただければ(笑)

お客様と一緒に巡った場所の写真を一部UPします♪U^ェ^U
■ポリニャーノ・ア・マーレ
新婚旅行のお客様♡_b0305039_2230796.jpg

■海辺レストラン
新婚旅行のお客様♡_b0305039_22302971.jpg

■アルベロベッロ(屋上テラスから屋根を眺めて♪)
新婚旅行のお客様♡_b0305039_22311933.jpg

■ワイナリー(ブドウ畑)
新婚旅行のお客様♡_b0305039_2232228.jpg

■ワイナリー(貯蔵倉)
新婚旅行のお客様♡_b0305039_22322710.jpg

■菜園レストランでのランチ(一部)
新婚旅行のお客様♡_b0305039_223258100.jpg

新婚旅行のお客様♡_b0305039_22332112.jpg

新婚旅行のお客様♡_b0305039_22333875.jpg

■滞在先のアグリツーリズモ
新婚旅行のお客様♡_b0305039_22352612.jpg


最終日に質問したところ、奥様が一番印象に残った場所は、マテーラ!
新婚旅行のお客様♡_b0305039_22371512.jpg

夜のロマンチックなライトアップを見ていただきたくて洞窟ホテルに1泊宿泊していただきました。( ´▽`)
オススメした街が気に入ってもらえると本当にうれしいですね。

日本ではまだまだ知名度の低いプーリア州。
これからも一期一会を大切にプーリアの良さを知っていただけるよう日々がんばります。

今回もステキなお客様との充実した日々に感謝です。꒰*´∀`*꒱
Dさま&Rさまご夫妻、末永くお幸せに♡
by minamiitalia | 2015-05-13 22:44 | チーズ教室

9月のアドリア海で泳ぐ!イタリア半島かかと周遊3泊4日

南イタリアチーズ教室では、実施日限定、4名様限定の新プランを企画しました!

9月のアドリア海で泳ぐ!イタリア半島かかと周遊3泊4日です。

実施日は9月13日(日)~16日(水)の3泊4日。
限定4名様だけの特別なプランです。( ´▽`)
9月のアドリア海で泳ぐ!イタリア半島かかと周遊3泊4日_b0305039_2219789.jpg

このプランで訪れる街は、レッチェ~ガッリポリ(イオニア海)~オートラント(アドリア海)。
その他にも、イタリア半島ブーツのかかとの先端”レウカ岬”やプーリア青の洞窟にも立ち寄ります!

レッチェではドゥオモなど主な見どころをみんなで周り、たっぷりのフリータイム!
その後、レッチェからガッリポリに向う途中、すぐそばのガラティーナの町にて教会を見学します。
この教会、プーリアの人には有名ですが観光客にはほぼ無名の教会。
知る人ぞ知る興味深い教会なんです。(・o・)
見どころは内部のフレスコ画。
9月のアドリア海で泳ぐ!イタリア半島かかと周遊3泊4日_b0305039_22254398.jpg


そして、イオニア海最大の観光地”ガッリポリ”では。
9月のアドリア海で泳ぐ!イタリア半島かかと周遊3泊4日_b0305039_22274239.jpg

地元で評判のパン屋さんが経営するカフェでアペリティーヴォのランチ。
旧市街にあるガッリポリ城や搾油所博物館、ドゥオモなどを見学。
夕食は街で一番人気のレストランでシーフード三昧です(´∀`人)
9月のアドリア海で泳ぐ!イタリア半島かかと周遊3泊4日_b0305039_2228503.jpg


3日目はガッリポリを後にし、かかとの先端レウカ岬へGO!
イオニア海とアドリア海の2つの海が交わる絶景をご覧いただきます。
9月のアドリア海で泳ぐ!イタリア半島かかと周遊3泊4日_b0305039_22292915.jpg

オートラントへ行く途中には、プーリアの青の洞窟も見学。
ガイド付きの鍾乳洞見学の後、小船に乗り換えていざ洞窟の中へ!!
9月のアドリア海で泳ぐ!イタリア半島かかと周遊3泊4日_b0305039_22315012.jpg

カプリ島の青の洞窟に比べて、洞窟の入口が広いのでかなり高い確率(ほぼ90%)で中に入ることができます。

そして、オートラントでの宿泊はなんと!5つ星ホテル♡
9月のアドリア海で泳ぐ!イタリア半島かかと周遊3泊4日_b0305039_22212487.jpg

ホテルからビーチまで徒歩2分、思い立ったらすぐに海で泳げます(笑)。
女子待望のアメテニティは、これまたビックリ!のエトロ。
9月のアドリア海で泳ぐ!イタリア半島かかと周遊3泊4日_b0305039_22214388.jpg

とーっても高級感のある実力派アメニティです。

このプランの目玉のひとつでもある、アドリア海での海水浴は2日間に分けてお楽しみいただけます。
3日目の午後、4日目の午前。
どちらも日差しが強すぎず、ちょうど良い時間帯での海水浴です。
(南イタリアの海水浴は時間帯が重要です!日中は日差しが恐ろしいほど強いので30分も砂浜にいると大変なことになっちゃいます)
そして、うれしい特典としてご参加1組様につき1本パラソルを無料レンタル☆

いろいろと書きましたが、遅めのバカンスを南イタリアでのんびり過ごしたい方にピッタリのプランです♪( ´艸`)
プーリア到着&出発時の送迎も料金に含まれているので、追加費用の心配もありません!(笑)
ご興味のある方メール(373italia.cheese@gmail.com)にてお気軽にお問合せください。

尚、このプランは日伊交流協会COCOROとのコラボレーション企画です。
このプランの最小催行人数は2名となります。
by minamiitalia | 2015-05-07 22:46 | チーズ教室

新婚旅行のお手伝い

今回は新婚旅行でイタリアを訪れる新婦さんからチーズ教室の予約をいただきました。
本当に光栄です。
初めての新婚旅行のお手伝い。
気合が入ります!( ^-^)ノ

いつもは女性のお客様の探究心を刺激する旅のお手伝いをさせていただいていますが、今回は新婚カップル。
自分なりに旅のテーマを考えました。
”共同作業”と”ロマンチックな時間”です。
まず頭にピンッときたのが、このレストラン♡
新婚旅行のお手伝い_b0305039_23345971.png

海沿いの街の外れに位置するシーフードレストラン。
なんといっても絶壁にテラス席を設けているのが特徴で、お天気の良い日にはエメラルドグリーンの海を目の前に美味しい海鮮料理が堪能できます。
実はここ、地元のイタリア人もプロポーズするときに使うんです。
よって、ロマンチック度は保証済みですね~(笑)

ただいま、旅行プランを考え中♪
ワイナリー訪問やチーズ作りなどお客様からのご要望も反映した、生涯心に残る旅のプランができますように!(´∀`人)

一期一会を大切に、これからもプーリアの魅力を日本の皆様にお伝えできるようがんばります!
by minamiitalia | 2015-04-01 23:39 | チーズ教室

滞在先が選べるようになりました。

プーリアの自宅でのんびりと開催しているチーズ教室。
この度、滞在先が選べるようになりました!!(^ー^)
今までは教室兼自宅の「ゲストルーム」にご滞在いただくシステムでしたが、追加料金で近くの”アグリツーリズモ”が選べるようになりました。
滞在先が選べるようになりました。_b0305039_2031503.jpg

気になるアグリツーリズモは自宅から車で3分。
とーってもプーリアらしい館。その昔、裕福な家族の別荘だったところです。
現在は敷地内に菜園があり、レストランでいただくお料理には採りたて新鮮なこちらの野菜が提供されます。
お部屋タイプは、シングルまたはダブル。
※写真のお部屋は一例です。アグリ公式HPからお借りしました。
滞在先が選べるようになりました。_b0305039_20363746.jpg

1日1往復、レッスンのために「アグリツーリズモ」⇔「チーズ教室」の無料送迎を専用車にて行ないます。
レッスンとレッスンの合間にはゲストルームを休憩室としてご利用いただけます。
空いた時間を利用して、旧市街の散歩や陶器工房の見学などもオススメです。(*´∀`*)ノ

さて、アグリツーリズモに滞在するための「追加料金」は、、、というと。
2泊3日コースの場合:1名+90ユーロ、2名以上+65ユーロ/ 名
3泊4日コースの場合:1名+120ユーロ、2名以上+90ユーロ/ 名
6泊7日コースの場合:1名+220ユーロ、2名以上+165ユーロ/ 名
予算を少しプラスするだけで、チーズレッスンとともにアグリ滞在の夢も叶います。
チーズ教室のHPにも上記の内容を反映しました。
お時間のあるときにご覧いただければ幸いです。→ 南イタリアチーズ教室のHP

他人の家に滞在するのは気が引ける、、、
親と一緒に参加したいので、自由度があるホテル滞在を希望、、、
という方には、ぜひご利用いただきたい「アグリツーリズモ」滞在!!
1日1本のお水(500mlのペットボトル)サービスなどはゲストルームと同様についてきます♪

もうすぐ若草が茂る早春。
春から夏にかけては、牛さんや羊さんがムシャムシャと若草を食べるので栄養価の高いミルクがとれます。
なので、フレッシュチーズが一年で一番美味しい季節なんです。U^ェ^U
イタリアでのんびりとしたバカンスをお考えの方は、プーリア&チーズ教室を候補のひとつに入れてみてくださいね。
by minamiitalia | 2015-02-23 20:36 | チーズ教室

バターの製造

チーズ工房で初めてバター製造を見学してきました!
バターの製造_b0305039_0463751.jpg

今回初めてお邪魔するこちらの工房。
バターの製造_b0305039_049527.jpg

工房では4人の従業員(全員男性)が働き、併設の売店では2名の販売員さんがいる小規模なところです。

今回の目的は、プーリア名産チーズ”ブッラータ”の製造現場を見ること。
もちろん見学させてもらいましたが、予想どおりの作り方でした(笑)
バターの製造_b0305039_0551542.jpg

モッツァレッラの生地を餃子の皮のように広げて、手で器用にストラッチャテッラ(生クリームにモッツァレッラの切れ端を入れたチーズ)を詰めて、口を閉じる。この繰り返しです。
以前、大規模工場で機械による製造風景は見たことがあるのですが、職人さんが手作業で作るとどうなるのかな?とひそかに期待していたのですが(笑)

と、ちょっと期待しすぎたかな???と思っていたところ、目に入ったのがバター作り。
よく家で実験的にバターを作る子供がいましたが、そんな子供だましの風景ではありません。
きちんと職人さんが魂を込めて、ひとつひとつの作業を行なっています( ̄+ー ̄)

まずは、バターの素となる”クリーム層”から。
クリーム層は牛乳の脂肪分(脂肪球)が上部に溜まったもの。
こちらの工房では機械を使って、クリーム層のみを集めていました。
バターの製造_b0305039_172942.jpg

集めた後、固形分にするため一晩寝かせます。
バターの製造_b0305039_175414.jpg

そして、この塊を職人さんが手でこねていきます!
バターの製造_b0305039_195163.jpg

「なぜこねるの?」と聞いたところ、「酸を出すためだよ」と。
一晩寝かせたことで乳酸菌が増えたんでしょう。
職人さんがこねる度にクリーム層の固形分(バターの原型)から少しずつ酸が含まれた液体が排出されていきます。
そして、こねること30分が経過。
次は寸胴に固形分を移し、水+氷で洗っていきます。
バターの製造_b0305039_113373.jpg

この作業も「酸を洗い流すため」と言っていました。
何回も寸胴内の水と氷を取り替えて、ようやく終了です。
この頃にはバターらしくなり、最後に成形すれば、、、
バターの製造_b0305039_1143631.jpg

はい!この通り店頭でよく見かけるバター。

製造現場を見るとワクワクして興奮してしまいますが、今回は思いがけずに見れた「お宝映像」のようでいつもより感動しちゃいました《*≧∀≦》

こちらの工房では毎日2トンの牛乳から数十種類のチーズを作っています。
この2トンの牛乳からできるバターの量はわずかです。
牛さんの恵みと職人さんの巧みな技で私たちの食卓が美味しくなる。
本当にありがとう!(^|0|^)と心から叫びたい気持ちです。

次回のブログはこの工房のアイデアオーナーが発明した面白チーズをUPします♪
by minamiitalia | 2014-11-19 01:19 | チーズ教室

ちょっと早いクリスマスプレゼント

今日、日本から届いた小包♪
開けてみると、中には温かい言葉で綴られたお手紙と日本茶&羊羹の詰め合わせが。
ちょっと早いクリスマスプレゼント_b0305039_717961.jpg

さらに、秋を感じさせてくれるオーナメントも。
さっそくダイニングのTVボードに飾らせていただきました!
ちょっと早いクリスマスプレゼント_b0305039_1944440.jpg

実はこれらの素晴らしいプレゼントは、先月チーズ教室にいらしてくださったご夫妻からの贈り物。
こんなにたくさん”日本のモノ”が我が家に届いて興奮状態です(笑)
ちょっと早いクリスマスプレゼントをいただいた気分^皿^

羊羹は実に何年ぶりに食べるか分からないくらいのお久しぶりです。
1本1本、大切に味わっていただきます。

本来ならば、わたしの方がお客様に感謝すべきところ。
こんなにも親切なお心遣いをいただいたお客様に感謝の気持ちで頭が下がる思いです。

人と人の出会いはほぼ奇跡。
だからこそ、大切にしたいとわたしは思います。
チーズ教室を始めてからいろいろな方と知り合う機会を得て、繋がらせていただくことのヨロコビをジワジワと感じている今日この頃。
これからも一人でも多くの方にプーリアの良さ、チーズの美味しさを知っていただけるようがんばります!(^0^)/

さぁっ、羊羹でエネルギーチャージをして今日も一日がんばります♪
by minamiitalia | 2014-11-12 07:25 | チーズ教室

アンナさんのプーリア料理レッスン

お客様が「プーリア郷土料理レッスン」&「チーズ作り体験」に来てくれました♪

今回はお客様のご希望により、かなりハードな内容です (・・;)

~郷土料理2品~
1.リソ・パタテ・コッツェ
  スペイン統治の時代に考案されたムール貝入りの炊き込みごはん
アンナさんのプーリア料理レッスン_b0305039_20382231.jpg

2.パンツェロッティ
  バーリ近郊名物の揚げピザ
アンナさんのプーリア料理レッスン_b0305039_20384190.jpg


チャッチャッと手際よく料理をしながら説明してくれるアンナさんのおかげで、この2品を1時間30分で完成させることができました。
アンナさんのプーリア料理レッスン_b0305039_203804.jpg

※通常であれば1品をこの時間で作りますが、今回はプロのシェフの方が参加されたのでご希望に従い2品を通常時間で仕上げました。

できあがりは上記の写真のとおり。
料理の後の試食ではリソ・パタテ・コッツェは完食となり、たくさんあったパンツェロッティも3つ余っただけ。
余った分は翌日の朝食としてお持ち帰りいただきました。

さてさて、これからはチーズ作り。
今回も不思議な実験をしているかのようにお客様の目はミルクが入った大なべに釘付け(♡o♡)
アンナさんのプーリア料理レッスン_b0305039_2042437.jpg

こちらも無事に完成し、一部をみなさんで試食していただき、残りは朝食用にお持ち帰りいただきました。

今回はお店のメニューに加える一品を求めてプーリアにいらしてくださったお客様。
アンナさんから習得した2品がお店の看板メニューになることを願ってます\(^ω^)/

当チーズ教室では今回のようにお客様のご希望により、時間や内容をアレンジすることができます。
教室HPはあくまでコースの目安として掲載させていただいています。
ご要望や希望がありましたら、お気軽にお問合せください。
by minamiitalia | 2014-10-30 20:44 | チーズ教室