人気ブログランキング |

カテゴリ:トリノの旅2015( 2 )

トリノに行ってきました!その2

3日目のトリノの朝。
この日は待ちに待ったLa sindoneの見学です。
ですが、前日から大寒波がトリノを直撃!(+_+)
この日も寒い寒~い一日になりました。
b0305039_02095.jpg


予約時間の9:30に合わせて、見学者コースの入口へ。
ここから撮影禁止。よって残念ながら写真はありません。
荷物検査を済ませて、団体の見学者に混ざって歩くこと30分程。
ようやくドゥオモの入口へ。
見学者コースの入口からドゥオモへ続く長ーい道のり。
通路には雨風対策のためのテント幕が張られていますが、それでも冷たい風が入り込み、強烈に寒い待ち時間でした(T ^ T)

ドゥオモに入ってすぐのスペースにはLa sindoneをより理解するためのビデオ視聴コーナーが。
見学者は強制的にこのビデオを見ます。
ようやく本物のLa sindoneとご対面。
額に入った布が壁にかけられ、ドゥオモの照明はただLa sindoneだけに当たっています。
左右には警備のためのカラビニエリ(軍隊)が。
1回に30名程度が観賞スペースに入れます。観賞時間は2分!(前回公開時はたったの30秒だったそうです)
夫は長年憧れていた光景に感無量でした。

さて、次はイタリア統一美術館へ。
これも夫の趣味です(笑)
b0305039_0133379.jpg

b0305039_0135810.jpg

↑ちなみにこれはイタリア統一後はじめての国会議席。
トリノがイタリアではじめての首都であったという事実を目の当たりに感じました。

そして、移動してさらに王宮見学へ。
小腹がすいたのでまずは「王宮カフェ」へ♪
このカフェは王宮の建物の一角にあります。
インテリアはこんなにステキ(*´∀`*)ノ
昔のコーヒーメーカーや銀食器が飾られています。
b0305039_0172587.jpg

ここで私たちが選んだのが「王様のおやつ」という名のメニュー。
b0305039_0181422.jpg

ホットチョコレートにはたっぷりの生クリームが。
そして、濃厚なチョコレートケーキがお上品に一切れ。
b0305039_0192757.jpg

さらに、焼き菓子(手前)とトリノ名物の美味しいチョコレート(奥)が加わります!
予想していなかったあまりの量に二人ともびっくり(笑)
さすがに全部は食べれないのでチョコレートはお持ちかえりにしてもらいました。(=^_^=)ヾ

さて、ここから王宮見学です。
王宮本体、王立図書館、王宮考古学博物館、王宮絵画館、王宮武器庫が見られます。
まずは王宮本体から見ることに。
全部で30部屋あります。
b0305039_0221977.jpg

b0305039_0224268.jpg

b0305039_023046.jpg

贅を尽くした豪華な宮殿にうっとりです。
最後には豪華すぎるインテリアに目が痛くなってきました(笑)
ここでかなり体力を消耗してしまった私たち。
その後、見学できたのは絵画館のみ。しかも、さくっとです。。。(^◇^;)

一度ホテルに戻り、エネルギーをチャージしたところで。
これまた有名な老舗カフェのビチェリンへ。
b0305039_0264329.jpg

お約束ともいえるこのお店発祥の飲み物”ビチェリン”をオーダー。
中にはコーヒー、ヘーゼルナッツ(リキュール?)、生クリームが入っています。

夕方はトリノ在住の日本の友人とお茶の約束。
連れていってもらったのは、Barattoli&Milanoです。
その後はポー川沿いをお散歩。
ここで友人とはお別れし、夕食は軽くアペリティーヴォ。

翌日は、プーリアへお昼頃出発だったので朝遅くまでホテルでのんびりとしていました。

今回の旅はLa sindoneを見ること。
その他にも友人との再会、美術館や老舗カフェ巡りを楽しんだ充実トリノ旅♪
この街はとってもエレガントな街並みからも分かるように、住んでいる人も落ち着いて品がありますね。
プーリアとは全然違います(笑)
ただ山に近いので気候が寒くて変わりやすいので、暮らしてから慣れるまで大変そうだなぁと思いました。
また機会を見つけて訪れたいと思います(ノ^д゜)
by minamiitalia | 2015-05-26 00:33 | トリノの旅2015

トリノに行ってきました!その1

先週金曜日にトリノプチ旅行3泊4日から帰ってきました!
今回の旅行の目的、それはLa sindone。
日本語では聖骸布。
キリストが十字架刑でこの世を去った後すぐに遺体を包んだ布です。
b0305039_21243336.jpg

普段、トリノのドゥオモではレプリカが公開されていますが、数十年に1回本物が公開されます。
そう、それが今年なんです。ちなみに公開期間は4月19日から6月24日まで。
(見学にはオンラインでの事前予約が必要です)

実はこのLa sindoneは、夫が少年のころから見たかったもの。
じゃあ!この機会に行こう!!ということで3ヶ月前にトリノ巡礼の旅を即決(笑)。
この時点で事前予約は満員御礼の日が多数、、、( ꒪д꒪ lll)
でも、なんとか平日午前9:30の回をゲットできました。
日本で例えると、長野の善光寺の御開帳(7年に1回)を見に行く感覚です。いや、もっと宗教的に深い感情かもしれません。

初日は夜発の飛行機でバーリからトリノまでの移動で終了。(。-_-。)
ちなみに飛行時間は1時間30分です。直行便はRyanairが運行。

翌日はまず軽く街を知るために散歩。
そして、これまた事前に予約したエジプト美術館を見学。
b0305039_21391596.jpg

今年大々的にリニューアルされ、イタリア国内で話題になっている美術館。
b0305039_21294929.jpg

私たちの期待も高まります!
いざ、見学してみると。
中にはたくさんのミイラがっ!!!(゜ロ゜ノ)ノ
小心者の私は心臓がドキドキ&バクバク。さすがに写真撮影は控えました。
その他の展示はというと。
b0305039_21412459.jpg

b0305039_21414339.jpg

b0305039_2142329.jpg

2時間かけてじーっくり見学。
思ったよりも混雑はなく、スルスルーっと終始スムーズに。これには感謝です!

さて、美術館のあとは腹ごしらえ。
事前にインターネットで調べたホットチョコレートの名店FIORIOへ♪
b0305039_2144461.jpg

注文したのは、ホットチョコレートとヴェネツィアーノという菓子パン。
店内は「エレガント」という言葉がピッタリな老舗カフェの風格です。
b0305039_21451832.jpg

インテリアの異なるサロンがいくつも。広い店内でした。
b0305039_21461389.jpg

b0305039_21464487.jpg


そろそろ夕方。
夜はプーリア同郷の友人でトリノに嫁いだ友人家族とディナー♪
予約してくれたお店は、Porto di Savonaです。
ここは直球勝負でピエモンテ郷土料理を味わうお店。
友人の夫は根っからのトリノっ子。このお店も彼が選んでくれましたU^ェ^U
まずは前菜から。
定番の生肉ですね。白いソースはチーズソースです♡ハチミツとクルミの組み合わせもGOOD!
b0305039_215140100.jpg

欲ばりな夫は、ピエモンテの前菜フルコースを注文(( ̄_|
b0305039_2153697.jpg

生肉と同じくらいピエモンテの定番前菜であるVitello tonnato(子牛肉のツナソースがけ)も写真左手前に見えます。
プリモはニョッキのゴルゴンソースがけ(私)。
b0305039_2154353.jpg

郷土パスタ”タヤリン”のカステルマーニョチーズソースがけ(夫)。
b0305039_21552033.jpg

このカステルマーニョチーズ。日本では滅多にお目にかかれない貴重なチーズ。
夫の料理をちょっと味見してみましたが濃厚なチーズが美味!!!
しかし、私には量が多いのでちょっとの味見で十分でした。^皿^

さて、シメのデザートはこれまたピエモンテ名物として勧められたアマーロ(苦い食後酒)入りのチョコレートプリン。
b0305039_21574610.jpg

奥深いチョコレートの味わいなのに、ビックリするほどサッパリとした後味。もう大満足です♪♪♪

ピエモンテ料理は品数は少ないですが、一品一品が濃厚な仕上がり!
チーズ好きな方ならさらに虜になるような「調味料としてチーズを使う文化」が根付いています。
トリノの街角ではさまざまな種類の熟成チーズがショーウィンドウに並び、本当にチーズ天国♡
今回は訪問できませんでしたが、いつかトリノ近郊のブラで開催されるチーズ祭りに行くのが夢です。

さて、旅行記はその2に続きます☆乞うご期待☆
by minamiitalia | 2015-05-25 22:01 | トリノの旅2015