人気ブログランキング |

カテゴリ:習った料理とお菓子etc( 24 )

季節の手仕事(春編)

ようやく出回りはじめた大量のちびカルチョーフィ。

カルチョーフィは、日本ではアーティチョークと呼ばれてますね!
b0305039_04530958.jpg

本日は、季節の手仕事の日。
春の保存食づくり。

カルチョーフィのオイル漬けを仕込ます
その数100個。

地元の人は300~500個単位で仕込みます。


ちびカルチョーフィと一言で言っても、大きさはまちまち
さすが大雑把なイタリア(笑)

b0305039_04573698.jpg
きれいに外皮を取り除き、頭とお尻を切りそろえたら、
お酢と白ワインで煮ます。
b0305039_04583359.jpg
さらに、瓶に詰め込む作業。
お尻が上を向くように並べますよ。

b0305039_04592101.jpg
第一弾が、ひとまず完成。

↓写真の保存瓶ともうひと回り大きいの、計2つが出来上がりました。
b0305039_04544481.jpg
もちろん!仕上げには自家製オリーブオイルを瓶の口ぎりぎりまで注ぎ込みます。

葉っぱは、ミントの葉@テラスで栽培中

そうそう、”ひとまず”と書いたのは、明日さらに買い足して同じ作業を繰り返す予定なもので。

疲れきっている義母の代わりに2世帯分を仕込みます!
嫁仕事は、どこでも同じですね(笑)
若い人がより働くのは当たり前♪♪

明日もがんばるぞー!
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。


by minamiitalia | 2018-04-18 05:03 | 習った料理とお菓子etc

バーリ風フォカッチャを試作!

本日は、3回目のブログ記事UPです。
たくさんお伝えしたいことがあり、ハイペースですみません。汗)

午前中にバーリ風フォカッチャを試作しました♪

このバーリ風フォカッチャは、バーリ旧市街で食べられる下町の味。
カリっとした歯ごたえと、ちょっとモチっとした生地が特徴。
生地の厚さは、厚からず薄からず、でも、やや薄いくらいですかね。

バーリに行くときは必ず夫がおねだりする”美味しさ”でもあります(笑)

まずは材料をすべて入れて、コネコネ。
b0305039_23241299.jpg
ここでの隠し味は、ゆでたじゃがいもをペースト状にして入れること。

そこから、1時間30分から2時間ほど発酵のため生地をねかせます。

そして、たーっぷりのオリーブオイルとトマト、オレガノ、オリーブの実をのせて
オーブンへ!
※今回はオリーブが在庫切れだっため、省きました。
b0305039_23243713.jpg
オリーブオイルの量は驚くほどたくさん!
習ったとおりに作ってみて、正直ビックリ。
自家製なのでお値段は気にせず、ドボドボと使いました(笑)

そして、別バージョンのアレンジ。

それは、マテーラ風。

マテーラに行くと、よく見かけるじゃがいもをのせたフォカッチャ。
これが美味しいんですよ!

夫いわく、本来のマテーラ風はじゃがいも、モッツァレッラチーズ、オレガノの組合せ。

今回、私はオリナルの組合せで、じゃがいもとタマネギをのせて。
b0305039_23271862.jpg
できあがったフォカッチャがこちら。
b0305039_23300785.jpg
生地はお手本どおり、カリッ&モチッになりました!
そして、お味はそれぞれの具の素朴な美味しさがにじみ出ています。

できたてアツアツは、魅惑の味(笑)。
立て続けに2切れも食べちゃいました。
おデブ街道まっしぐらです。。。。

実は、現在、チーズ教室で日帰りの料理レッスンを企画中です。
1ヶ月以内にはスタートさせたいと思っています。
が、なかなか準備の時間が作れずにいるのが現実・・・

お知らせできる状況になりましたら、改めてこちらで報告させていただきます!
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

by minamiitalia | 2018-03-26 23:45 | 習った料理とお菓子etc

トッローネ

クリスマス菓子のひとつとして、よく見かける「トッローネ」。

先日、叔母にレシピと作り方を聞いてきたので、さっそく実践!(ノ´∀`)

<材料>

・アーモンド50g
・砂糖 55g
・レモンの皮のすりおろし 少々
・オレンジの皮のすりおろし 少々
・シナモン 少々

<作り方>

1、アーモンドはお湯で軽くゆで、ザルにあけ、親指と人指し指で実を押し出すようにして、外皮をとりのぞきます。

2、オーブンを130℃に温めて、10~15分間アーモンドを炒ります。
  炒ったアーモンドを粗く切ります。
b0305039_01050557.jpg
3、フライパンに砂糖をいれ、ごく弱火で熱し、カラメル状にします。

4、そこへ、アーモンド、レモンとオレンジの皮のすりおろし、シナモンを入れて、よく混ぜ、
  クッキングペーパーを敷いたバットに流します。
b0305039_01070341.jpg
5、冷めたら、食べやすい大きさに切って完成!
b0305039_01130867.jpg
はじめて挑戦しましたが、叔母に言われていたようにとても簡単でした(笑)

トッローネはとても好きなお菓子なので、
これからイベントがあるときには、どんどん作ってしまいそうです!

こりゃ、太るわ・・・(=^_^=)

簡単なので、皆さんもぜひお家で作ってみてくださいね♪


by minamiitalia | 2018-01-18 01:14 | 習った料理とお菓子etc

お菓子の練習してます♪

前々から叔母宅にお邪魔すると、
よくお茶請け菓子としてご馳走してくれるお菓子”メリンゲ”。


ずーっと前にレシピを聞いて、作り方を教えてもらい、そのまま放置してました(笑)が、
今日こそは!と実践へ。

前にも書いたかもしれませんが、
実は義父の家系はパスティッチェリア(お菓子屋)。
従兄弟がお店を継がなくなり、義父の叔父の代でお店はなくなりました。

叔母は、当時のお店のレシピを小さい頃から見て覚えているんです。
だから、パスクワやクリスマスなど伝統行事があるときは地元のお菓子をつくるのが日課。

私も叔母のご利益にあやかりたい!と思いますが、なかなかの種類と作業量なんです。

さてさて、本題に戻り。

はじめて作るメリンゲ。

市販のものより、デリケートでとーってもやわらかいのが特徴。
口に入れると、泡雪のように溶けるんです!

b0305039_23221218.jpg
明らかに形は素人ですが(苦笑)、
肝心の焼き加減は一発OK!

義母チェックも無事に通過ー!!꒰*´∀`*꒱


これから自分の味になるよう、改良を楽しみたいと思います!


今年は地元菓子を学ぶ一年に、、、なるかな・・・?(笑)


by minamiitalia | 2018-01-09 23:30 | 習った料理とお菓子etc

スカモルツァ入りカボチャのリゾット

秋から現在まで、我が家の食卓では「カボチャ」が大いに活躍してくれてます。

料理のレパートリーもいろいろとありますが。

最近は義母がとあるレストランで食べてきた、このレシピがお気に入り。

”カボチャのリゾット”。
b0305039_19445567.jpg
単なるリゾットではなく、

スペック(燻製の生ハムの一種)と
b0305039_19374079.jpg
スカモルツァ・アフミカータチーズを入れます。
b0305039_19375822.jpg
スペックは、最初からカボチャと一緒に炒めて、
スカモルツァは、火を止める直前に入れます。

お皿に盛って、スプーンでリゾットをすくうときには、チーズがのびーる、のびーる!!!(笑

よくある組み合わせの材料ですが、やっぱり定番の味には美味しい理由がありますね。(^_-)

毎回作る度に写真を撮ろうと挑戦しますが、なかなか投稿できるほどの画が取れていません。。。汗)
チーズがのびる瞬間を激写できるといいのですが・・・

ちなみに、”燻製ハム×燻製チーズ”なので、合わせる飲み物はワインもいいですが、ビールにも合いますよ!

日本でカボチャのリゾットを作るときは、ハロウィンでおなじみの西洋カボチャを使ってくださいね♪
日本のカボチャだと、水分量が少ないので出来上がりが異なります。


by minamiitalia | 2018-01-04 20:30 | 習った料理とお菓子etc

美味しいムール貝があるからこの料理!

ムール貝の美味しい今の時期、
必ず作りたくなるのが、郷土料理の「リソ・パタテ・コッツェ」。

スペイン統治時代に発明されたプーリア版パエリア♪♪
b0305039_2472625.jpg

別名「ティエッリャ」(鍋という意味)の名前でこの料理をご存知の方もいると思います。
わが町の方言では、”ティエッドゥ”と発音します。

ジャガイモ、トマト、ニンニク、パセリをひたすら何層にも重ね、間にムール貝やお米を入れるお料理。
b0305039_2475024.jpg

b0305039_248721.jpg

暑い夏にオーブンを使うのは、ちょっと大変ですが、
「美味しい!」と言ってくれる人の笑顔を思い浮かべると、 なんでもがんばれますっ!(笑)
by minamiitalia | 2017-07-21 02:49 | 習った料理とお菓子etc

茄子のインボルティーニ@ソリーノ家

夏野菜である茄子。

こちらも処理に困る日々でしたが、今年はインボルティーニ(巻き料理)にして大活躍!
b0305039_18112082.jpg

ナスはあらかじめ、塩とオリーブオイルをふりかけてオーブンで焼き、
冷めたら、プロシュットコット(ハム)とスカモルツァ・アフミカータ(燻製チーズ)を上にのせて、くるくると巻くだけ。

耐熱容器に並べて、最後に別に作ったトマトソースと粉チーズを上からかけて、オーブンへ!

手が込んでいるようですが、意外と簡単です。

できたてアツアツを食べるよりも、冷めて味がなじんた頃が美味しいですよ。

インボルティーニの断面はこのようになります。
b0305039_1812319.jpg

ちなみに、わが家の耐熱容器は伝統のタラコッタ鍋です♪♪
b0305039_18134147.jpg

チーズはイタリア料理に欠かせない調味料♪

粉チーズは塩代わりに何にでも入れますが、燻製チーズもかなり重宝します。
今は、日本のスーパーでも手ごろに買える時代でうれしいですよね。
by minamiitalia | 2017-07-13 18:14 | 習った料理とお菓子etc

鉄分補給♪

鉄分補給したい日は、お豆料理!

ということで、

本日はレンズ豆(Lenticchie)を夕食に準備。
b0305039_2148824.jpg

にんにくとローリエの葉と一緒に茹でて、
パスタを加えるだけの楽チン料理。

小麦に続き、豆もたくさん食べるプーリアの食卓です。
by minamiitalia | 2017-07-06 21:48 | 習った料理とお菓子etc

夏の暑さには手抜き料理で。

毎日暑くて、料理するのも一苦労。

ということで、昨日はちょっと手抜き料理に(笑)

15分あればできる「ムール貝のパスタ」。
b0305039_18564998.jpg

プリップリのムール貝の身と酸味が少しあるトマト、
歯ごたえのあるリングイネ(パスタ)で、
のどごし爽やかにいただきました。

お財布にもとっても優しい一品です♪
by minamiitalia | 2017-06-25 18:57 | 習った料理とお菓子etc

おうちごはんの定番

オーブンからチンッ!の音。

はい、できあがりました~♪♪
b0305039_22253019.jpg

午前中からトマトソースを仕込み、
完成したおうちご飯の定番”パスタ・アル・フォルノ”(パスタのオーブン焼き)。

すぐに食べずに一晩寝かせるのがミソ。
さらに味がなじんで美味しくなりますっ(*´∀`*)ノ

食べきれない分は冷凍保存も可能。
ばっちり!主婦の味方ごはん(パスタ)です。
by minamiitalia | 2017-04-24 22:26 | 習った料理とお菓子etc