カテゴリ:南イタリアの日常2016( 39 )

寒い!アルベロベッロ

b0305039_22574713.jpg

今までに30回以上訪れた世界遺産の町「アルベロベッロ」。

1週間アテンドの最終訪問地として先週末訪れました♪

わが町よりも標高が高い場所にあるアルベロベッロ。
当然、寒さもより厳しく、凍りつくような冷たい風が肌に突き刺さりましたが、観光客はほとんどいない今の時期。
のんびり&ゆっくりとした散策ができました。
b0305039_22581464.jpg

b0305039_22582911.jpg

そして、町のメインストリートに新しいジェラート屋さんもできていました!
もう少し温かい季節になったら、お味の感想を報告したいと思います。

”南イタリア”と聞くと、「寒くない。」「雪が降らない。」などと想像しがちですが、
いえいえ、普通に冬は寒く、年に数回は雪が降ります。

ちなみに、大雪が降ったときの様子はこちら。
驚かないでくださいね(笑)
b0305039_0235471.jpg

これからプーリアを訪れる方は、防寒対策をしっかりしてください!
ダウンコート&ブーツは必須ですよ。
[PR]
by minamiitalia | 2016-11-14 23:01 | 南イタリアの日常2016

ヴェネツィア航空券が安い!

b0305039_20264960.jpg

【イタリア好きな方へ】

お得な航空券情報なので共有します。

先日、とある方のSNSの投稿を拝見したところ。

その方はアリタリア航空で「東京ーヴェネツィアの往復チケット」を4万円以下で購入。

びっくりするほど安かったので、アリタリア航空の公式HPをみてみると、
先月のスペインキャンペーンに続き、ヴェネツィア往復も最低39120円~というキャンペーンを現在実施しています。

1月以降から5月末までのイタリア滞在が対象みたいです。

詳細はアリタリ公式HPをご覧ください。

しかし、これほど安くしてアリタリアは採算が取れるのでしょうか?( ? _ ? )

今回のキャンペーンも不思議なことに。
ローマ直行便の航空券のお値段の方が、ローマを経由してヴェネツィアに到着する航空券よりもお高い。(。-_-。)
なぜだろう。。。
[PR]
by minamiitalia | 2016-11-04 20:26 | 南イタリアの日常2016

午後のひととき

昨日の午後は、ロンドン在住の友人とティータイム。

イギリス生活が長いだけにイタリア人なのに、コーヒーよりも紅茶派な彼女。

イギリスのような本格紅茶はありませんが、ハーブティーで冷えたカラダを温め、会話は弾み♪弾み♪
b0305039_19291747.jpg

大学を卒業してから、ブラジル→イギリスで研究職に就いた彼女。
チャンスがあれば、海外的機関の日本支部でも研究職を経験してみたいと、、、

そこで、

日本語のレッスンをお願いされましたが、さすがに私の頭のレベルではイチから教えるのは無理です。

普段、会話で話していることを文法的にきちんと説明するのは難しいですよね?
申し訳ないと思いながらも「挨拶程度の会話ならいつでも!」ということで、お返事としました。

午後2件目のアポは、町内でも人柄が良くて有名なおじさんの娘さん。

結婚がきまり、日本へ新婚旅行に行きたいとのこと。

「ドイツの大学を出ているので独語、英語はできるが、日本人は英語が話せる人が少ないと聞いた」と個人旅行で行くことを不安がっていました。

おっしゃるとおり。。。
日本はまだまだ国際的な観光国でありません。

どこまでお手伝いできるか分かりませんが、日本に興味をもってくれるイタリア人の力になれるよう、がんばりたいと思います!

まずは参考プランの作成からスタートです。
[PR]
by minamiitalia | 2016-11-03 19:30 | 南イタリアの日常2016

お給料日

今月のお給料日がやってきた先月27日。

夫の大好きなお肉のディナー♪で1ヶ月の勤労に対する感謝の気持ちを表現。

いつも行く有名なソーセージの街「サン・ミケーレ」へ。

この街のレストランはほとんどがお肉を食べる場所(笑)。
しかも、お肉屋さんが経営するレストランばかり。

注文方法がちょっとわかりづらいですが。

入店したら、まずお肉のカウンターで好きなお肉と量を注文。
お肉の分だけお会計を済ませます。
b0305039_03407.jpg

b0305039_035998.jpg

そして、店内の焼き場へお肉の入った袋を持って行き、焼き加減を注文。
b0305039_043193.jpg

奥に見えるカウンターが焼き場。
もちろん炭火焼です!

オープン時間に行ったので、まだ混んでいませんでした。セーフ!U^ェ^U

ようやく席へと案内され、前菜や付け合せ、飲み物などを注文。
b0305039_05124.jpg

美味しくいただき、最後にテーブル席で頼んだ料理のお会計を済ませます。

この日は、ルッコラとグラーナチーズ、トマトで飾られた”タリアータ”、
b0305039_054810.jpg

パン粉がまぶされた”ストラッチェッティ”、
b0305039_06483.jpg

名物ソーセージの”ザンピーナ”

中にはトマトやパセリなどいろいろなものが混ざっています。
お店によって材料の配合が異なり、そのお店ならではの”味”がでます。
b0305039_062331.jpg

そのほか前菜(前出のチーズとオリーブ)や付け合せのポテトのオーブン焼きなどを注文。

↓このポテトがたまらなく美味しいんです!( ´艸`)
b0305039_07563.jpg

二人でお腹がはちきれそうになりながらも、無事に完食。(^_-)

サン・ミケーレ以外にも「お肉の街」として有名なのがチステルニーノです。
この近辺に立ち寄る際は、ぜひ美味しいお肉を召し上がれ♪
[PR]
by minamiitalia | 2016-11-03 00:11 | 南イタリアの日常2016

遅めのランチはみんなで。

先週木曜日は、午前中にチーズ教室にご滞在いただいたお客様を空港まで見送り、
遅めのランチを海辺のレストランで♪

今回は、ぜーんぶ海の幸♡
(いくつかお野菜のお皿もありましたが、、、)

実は、日本ツアー参加者からのご招待ランチに夫とお呼ばれしてきました。

プーリアらしく盛りだくさんの前菜、パスタ2種、ドルチェ4種、食後酒、カフェと2時間ちょっとのランチタイム。

どんな料理を食べたのか?と気になる方のために、一部を写真でご紹介。(*⁰▿⁰*)
b0305039_18574884.jpg

b0305039_1921367.jpg

b0305039_185838100.jpg

b0305039_18584944.jpg

b0305039_1859109.jpg

b0305039_18592478.jpg

b0305039_18595180.jpg

b0305039_1901616.jpg

b0305039_1903166.jpg

b0305039_1904484.jpg

b0305039_1905772.jpg

b0305039_191109.jpg

そして、食事の最後にはプーリアを代表するトゥルッロ、マッサイア、水差しのチャームがついたブレスレットをツアー参加者の皆さまからプレゼントにいただきました。
b0305039_1931150.jpg

ツアー中はいろいろと心配ごとばかりして気を使い、胃も痛くなりましたが(笑)
結果、これほど満足していただけたと思うと本望です。

食後は、レストランすぐそばのフランコ宅(別荘)にて旅の記録VTR鑑賞会。
ドキュメンタリー風に仕上げてあり、臨場感たっぷり。( ´艸`)
b0305039_1934886.jpg

帰り際には、なんとフランコから日本ツアーの記録映像が入ったUSBを一人ずつもらいました。太っ腹!

このように素晴らしい参加者と出会えたこと、心からうれしく思います。
[PR]
by minamiitalia | 2016-10-24 19:07 | 南イタリアの日常2016

【報告】パオロのお店50周年アニバーサリー

b0305039_19454614.jpg

食材屋パオロの50周年祭り。
昨夜、夫と参加してきました!

お店の前には、たくさんの人・人・人。
(パオロのお友達が多いため年齢層は高めでした。笑)
b0305039_1945207.jpg

バンド演奏あり、
b0305039_1946651.jpg

町長の祝辞&乾杯あり。
b0305039_19463042.jpg

極めつけは、ケーキ入刀ならぬ、”モラタデッラ入刀”(笑)
サルメリーア(ハムなどを売る食料品店)冥利につきますね♪

彼の人柄に魅かれてたくさんの常連さんや友人がお祝いに訪れ、パーティーに華を添えていました。

主役なのに、忙しく動き回るパオロ。
働き者の血が騒ぐんでしょうね。
b0305039_19473160.jpg

そして、お店のガラス窓に貼られた面白いイラストを発見♪

右手にフォカッチャ、左手にプロボローネ(チーズ)、そして、首にはモルタデッラを下げています。
司教さん風に仕上げられたパオロのイラストが笑えます。
b0305039_19482639.jpg

いつもパオロを陰で支え続ける妻アンナももちろんいましたよ。
仲良し夫婦のツーショットをいただきました!
b0305039_1946594.jpg

「日本の皆さんにもぜひ見せてね」と言われたので、即UPです。

いつか、これからご縁がある皆様にも温かい人柄の彼のお店をご紹介できたらいいな。と思います。
[PR]
by minamiitalia | 2016-10-14 19:53 | 南イタリアの日常2016

パオロのお店50周年アニバーサリー

b0305039_1929247.jpg

チーズ教室でお世話になっている食材屋パオロのお店が今日で50周年を迎えます!
(彼のお店の商品は品質が高いので、自信をもってご希望のお客様にお土産の一品としてご案内しています)

アニバーサリーに合わせて、イルミネーションでお店もおめかし♪
b0305039_19345294.jpg

一言で50年と言ってしまえば、簡単なようですが、それはそれは大変な苦労があった50年間。
どの仕事においても50年続けることは、簡単ではありません。
これからも、がんばれ!パオロ!!!

さてさて記念すべき今夜は、彼のお店の前でもある町のメイン広場にて、
モルタデッラ、ワイン、アルタムーラのパンをテーブルに並べて、飲み放題&食べ放題のパーティーが開催されます。(もちろん無料です)

私もご招待いただきました(笑

今夜のパーティーを前に、昨日付けの町のオンラインニュースにパオロの記事が掲載されました。
この記事を書いたのは、義理の父ティーノ。
お時間のある方、イタリア語の勉強を兼ねて読んでみてください。

<パオロの記事>こちらをクリックしてください。

※おまけ写真※
若かりし頃のパオロです。あまり変わってませんね(笑
b0305039_19322723.jpg

[PR]
by minamiitalia | 2016-10-13 19:36 | 南イタリアの日常2016

今回はボローニャ土産

日曜日の早朝、ボローニャ旅から帰ってきた義父。

今回のお土産は、トルテッリーニ2種(パスタ)とモルタデッラIGP。

さっそく日曜日のランチに家族でいただきました♪(^_-)

トルテッリーニは手作りでボローニャ近郊のフェッラーラ製。
b0305039_533372.jpg

なんと2パックで25ユーロと高価な品です。(;゜∀゜)

お味は旬のカボチャ味(左)と定番のリコッタ&ほうれん草(右)。
b0305039_532453.jpg

塩を入れたお湯でゆでて、溶かしバターに絡めてお皿に盛付ければ完成です。
とっても簡単!

パスタの断面はこんな感じ。
b0305039_5335577.jpg

そして、モルタデッラは今や全国区で定番化しているので、
そこまで珍しくもありませんが、やっぱり美味しい!!!( ´艸`)
b0305039_53411100.jpg

週末はブドウの収穫祭があったこともあり、友人たちとの食事会のオンパレード。

そして、いよいよ日本行きに向けてのカウントダウンが始まりました。
[PR]
by minamiitalia | 2016-09-27 05:37 | 南イタリアの日常2016

日本とプーリアをつなぐもの

今週末は、ブドウの収穫祭♪

わが町の別名は「ブドウの町」ということで、
町の広場では有名歌手を呼んでのコンサートも予定されるほど、毎年盛大です。

さて、プーリアのお祭りに欠かせないルミナリエ。

先週の秋祭りから設置されたイルミネーション。
今週もばっちり準備OKです!
b0305039_18584510.jpg

毎年、わが町のイルミネーションは「De Cagna」という会社が担当してくれますが、
この会社は世界レベルで仕事をします。
b0305039_18591294.jpg

東京や
b0305039_18593583.jpg

神戸のルミナリエも彼らの作品です。
b0305039_18594987.jpg

その他にも数々の都市で彼らの作品が輝いています。

日本とプーリアがこのルミナリエでつながっていると思うと、なんだか貴重なものに思えます。


この時期にプーリアを訪れる方は、ルミナリエもぜひ楽しんでくださいね♪
[PR]
by minamiitalia | 2016-09-21 19:02 | 南イタリアの日常2016

今回のお土産

週末に町内会の旅行に参加した義父母。

今回のお土産は、ナポリ近郊の陶器の街”ヴィエトリ・スル・マーレ”の陶器プレゼーペ☆

※プレゼーペはクリスマスに家に飾るもの。
b0305039_243317.jpg

プレゼーペを見ると、今年もクリスマスが近づいていることをヒシヒシと感じます。(+_+)

時が経つのは本当に早いものですね、、、

今回の町内会の旅行は1泊2日で、ソレント、アマルフィ、ポジターノ、ヴィエトリ・スル・マーレを巡る旅。

娯楽が少ないイタリアの田舎町。
こうして旅行三昧して楽しむのが義父母の日課です。
[PR]
by minamiitalia | 2016-09-20 02:45 | 南イタリアの日常2016