人気ブログランキング |

カテゴリ:ボローニャの旅2019( 10 )

ボローニャでスローフードが体感できるレストラン

本日UPされました!

スローフード協会公認の美味しいお店@ボローニャを記事でご紹介!


肉やチーズのみらならず、小麦粉や塩まで原料のすべてにこだわった美食レストラン。
それでいて料金はお手頃なのがうれしいポイント。

ボローニャ中央駅から徒歩5~7分と立地も文句なし。

ボローニャに滞在する際はレストラン選びの参考にしていただけると幸いです。

記事はこちら↓をクリックしてご覧ください。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド


by minamiitalia | 2019-04-18 17:30 | ボローニャの旅2019

ボローニャの旅 番外編~カフェ3軒~

さて、今回は番外編としてボローニャで訪れたカフェ3軒をご紹介!

まずは、日本茶も楽しめる幅広い品揃えが魅力の「Caffe' Terzi」。
b0305039_19570341.jpg
↑「Terzi」と書かれた看板が見えますか??

オープンは2002年と最近ですが、
取り扱う飲み物の幅が広いのとその味わいに定評がある一軒です。

b0305039_19573782.jpg
イタリアだけに、エスプレッソコーヒーはもちろん。
玉露や抹茶などの日本茶から、中国茶、台湾茶というカテゴリーがあり、
コーヒーにもトルココーヒーなどのいろんな種類があります。

そして、気付いたのですが。

北部は紅茶もよく飲むのですね。
ここに限らず、どこのカフェにも紅茶メニューがありました。

私はシナモンシロップが入ったシナモン・カプチーノを、
夫はピスタチオクリームが入ったピスタチオ・カプチーノなるものを注文。

b0305039_19585671.jpg

シナモン大好きな私を満足させてくれるとばかりに、
これでもか!というシナモン攻め(笑)

ちなみに、飲み物を頼むとサービスで自家製クッキーがつきます。
観光で歩きつかれたときに行ってみて下さい。

<Caffe' Terzi>
住所:Via Guglielmo Oberdan 10/d, 40126 Bologna, Italy

※有名クチコミサイトでは、ボローニャのカフェランキングで1位になってます。

2軒目は、1930年創業の「Cafe' Zanarini」。
創業から何回もオーナーが交代。現代はオシャレな現代風のインテリア。

b0305039_20005399.jpg
街のみどころの1つである旧ボローニャ大学のそばです。
周辺には高級ブディックが軒を連ねています。

カフェだけでなく、サンドウィッチなどの軽食ランチとしても利用可能。
b0305039_20011398.jpg

<Cafe' Zanarini>
住所:Piazza Galvani 1, 40124 Bologna, Italia

最後は、マッジョーレ広場から徒歩7~8分の場所にある「Cafe' Gamberini」。
こちらの創業は1902年。どの階層の人々からも愛される名店です。

お店のショーウィンドウは手作りの砂糖菓子で可愛く飾られてます。

b0305039_20021248.jpg

店内は古き良き次代のカフェ(バール)という雰囲気。
b0305039_20025199.jpg

コーヒーとドルチェで休憩する人が後を絶えない店内。
b0305039_20035701.jpg

<Cafe' Gamberini>
住所:Via Ugo Bassi 12, 40121 Bologna, Italia

ボローニャを訪れる方の参考情報としてここに残します。

ここからは余談ですが。

Cafe' ZanariniとCafe' Gamberiniでは、散策の合間にシンプルなカプチーノをいただきました。
私も夫も飲んだ瞬間に「ぬるい!」と感じました。

北部ではこのくらいの温度が地元の人に好まれるのかな?と二人で話してましたが、
南部だと「作り直しお願いします!!」というレベル。

イタリアといっても場所により好みが変わるのですね、きっと。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド


by minamiitalia | 2019-04-09 20:10 | ボローニャの旅2019

ボローニャの旅その5

間が開きながら、ちょこちょこと書いてきたボローニャの旅。

今回が最後です。

2日目の午前中は帰りの電車まで、市内観光を楽しんできました。
その最後を飾るのが、「サン・ペトロニオ大聖堂」。
b0305039_18473397.jpg
場所は街の中心であるマッジョーレ広場にあります。

ボローニャで一番重要な教会。
名前のとおり、街の守護聖人である聖ペトロニオに捧げられた教会です。

この教会の大きさがすごいこと!

サンピエトロ教会(バチカン市国)をのぞいたイタリア国内では3番目に大きい教会で、
長さ132メートル、幅60メートル、(内部の)高さは44.27メートル。

正面ファザードの高さにいたっては、なんと51メートルって、、、(驚)
b0305039_18431333.jpg
レンガ造りのゴシック様式の教会としては世界で一番の大きさを誇ります。

1390年に建築が開始され、完成したのが1663年。
(正面ファザードについては、いまだに完成してないそうです。)

当時、世界で一番大きな教会を作ろうと計画していましたが、
時のローマ教皇がサンピエトロ教会よりも大きな教会を作ることを禁止。
そのため、当初の計画から左右の建物を渋々削って現在の姿になったそうです。

左右の建物が付いてたら、上から見たときにちょうど十字架の形になったのですが。。。

1日目の午後に訪れたときは、夕暮れ時だったので内部は暗くてほとんど見えませんでした。
よって、リベンジを兼ねて翌日の午前中に訪れたのですが写真撮影禁止のようです。
(写真を撮っていた観光客はボランティアの監視員に注意されてました)

内部はこんな感じです。
b0305039_19060678.jpg
3廊式で礼拝堂が多く、見応えのある絵画や彫刻が沢山飾られています。

特に、初期イタリアルネサンスの彫刻家ヤコポ・デラ・クエルチア(1374~1438年)の
「聖母とキリスト」の彫刻が有名だそうです。

私たちは床に今も残る17世紀の日時計を興味深く見学しました。
b0305039_19080507.jpg
この教会に来るまで、ペトロニオ(日本語名はペトロニウス)を知りませんでした。
5世紀にボローニャで司教をしていた実在の人物です。
残念ながら、南イタリアではメジャーではありません。

駆け足で楽しんだ観光もこれで終わり。
ランチを食べて、午後一番の電車でバーリへ。

あっという間の1泊2日。
今度行くときは100%バカンスで楽しみたいものです。

追伸:ランチで訪れた美食家向けのレストラン情報は記事で公開したいと思っています。
   しばらくお時間ください!

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド

by minamiitalia | 2019-04-09 19:21 | ボローニャの旅2019

本場のボロネーゼを食べるなら・・・

ようやく記事にして、本日公開されました!
美味しいトラットリア(カジュアルなレストラン)の情報です。

先日訪れたボローニャの街では、たくさんのお肉料理を堪能してきました。


なかでも、1日目の夜に訪れたこちらの郷土料理店は
味もサービスもレベルが高かった・・・♡

さらに、価格も良心的で本場のボロネーゼは9.5ユーロから!

立地は旧市街、観光名所である「アシネッリの塔」からすぐです。

ボローニャでレストラン選びに迷ったら、参考にしていただけると幸いです。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド


by minamiitalia | 2019-04-03 19:57 | ボローニャの旅2019

ボローニャの旅その4

2日目の朝の話が続きます。

アズィネッリの塔に登った後、カフェでひとまず休憩して。

ようやく、この日2つ目の目的地「旧ボローニャ大学」へ!

現在のボローニャ大学ではなく、「旧」とついてるところに注目です。

訪れた建物は16世紀に建てられた「アルキジンナジオ館」。
ヨーロッパ最古の大学であるボローニャ大学(1088年創立)の最初の大学棟だった場所です。
現在は市立図書館になっています。

アルキジンナジオ館は、それまで街の様々な建物に分散されていた法学部(民事法、教会法学)と
学芸学部(哲学、医学、数学、物理学、自然科学)とを一つの建物内に統合することを目的として
建設されたそうです。

さて、ここでの見どころは解剖学教室。
b0305039_00303000.jpg
ここで1637年から人体解剖が実施されていました。

写真前方の教壇の2つの柱には「皮を剥がされた人」というタイトルの彫刻が2体あります。
なんだか、生々しいですね、、、

1944年1月に空襲に遭い、この解剖学教室はもとより建物の大部分が消失。
戦後すぐにオリジナルに基づき、復元されました。

建物の回廊には、たくさんの家紋が描かれています。
当時学生として通ったイタリア全土&外国からの上流階級の子供たち。
b0305039_00335285.jpg
b0305039_00343171.jpg
夫はこの家紋のひとつ、ひとつを熱心に眺めていました。
実は夫アントニオは大の家紋マニアなんです(笑)

続いての見学場所は、同じ階の「図書室併設の講義室」。
b0305039_00353126.jpg
現在は展示されていますが、記者会見の場所としても使用されるみたいです。
この部屋にも数え切れないほどの家紋がびーっしり!

以上がアルキジンナジオ館の見どころです。

見学はひとり3ユーロ。
以前は無料だったそうです、残念ですね。

さて、最短で見たい場所を眺めたら、次は王道の広場へ戻りましょう!

実は1日目の夕方にも訪れていたのですが、
小雨が降ってきたので早々にアペリティーヴォへ行き、よく見学できていませんでした。

これこそが、ボローニャが誇る街の中心「マッジョーレ広場」。
b0305039_00392585.jpg
ネットゥーノの噴水が有名です。
b0305039_00385873.jpg
太陽がまぶしいほどの天気に恵まれて、観光は大詰め。
最後は同じ広場にある有名な教会へ。

この報告は次回へ。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド

by minamiitalia | 2019-03-26 22:50 | ボローニャの旅2019

北伊ボローニャのユニーク宿をご紹介!

先日訪れたボローニャの街。

見本市のシーズンで直前の宿探しは難航しましたが、
学生寮と融合した面白いお宿にご縁がありました。


”暮らすように旅する人”に最適なサービスが揃っています。
キッチン、ランドリー、シネマルーム、プレイルーム、談話室、自習室。

さらに、レンタサイクル、無料の市内ツアーや音楽イベントも。

ツインは1泊1室2名で40ユーロ(日本円で5000円台)から。
ただし、見本市のシーズンはどこの宿もそうですが価格帯が上がります。

自分のスタイルでゆっくりと滞在したい方にオススメです。

<We_Bologna>
住所:Via de' Carracci 69/14, 40129 Bologna

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド


by minamiitalia | 2019-03-23 15:03 | ボローニャの旅2019

ボローニャの旅その3

初日のディナーは、夫が探してくれた人気のレストランへ。

このお店の紹介は記事でしようと思ってますので、
少しお時間くださいませ。

ボリュームたーっぷりのスープパスタがとても美味しい一軒でした。

さて、翌日は朝9:30にインターネットで予約した
街のシンボルのひとつである「アズィネッリの塔」へ。
b0305039_01095069.jpg
この塔は昔、貴族が見張り台として使っていたもの。
(中世は貴族同士の戦いが盛んでした)

現在は、頂上の展望台から街を一望できる観光スポットです。

入場料は一人5ユーロ。
事前にインターネットで予約します。30分ごとの入場制で各回人数制限が設けられてます。

498段ある木製の階段をひたすら登って、
b0305039_01120170.jpg
ようやく頂上へ!

頂上の展望台からは、このとおり♪
街の絶景をみることができました。
b0305039_01354744.jpg
ふぅ~!死ぬかと思うほど疲れました。( д lll)
が、こういう自分との勝負系は結構好きなんです♪

帰りは、登ってきた階段を下ります!
てっきりエレベーターでもあるかと思ってました(笑)

夫は出口から出た瞬間、
「もう、いやだぁ~」と嘆いてました(笑)
b0305039_01151293.jpg
この後は、近くにある教会をのぞいたりして街歩きを楽しみ、
b0305039_01322416.jpg
次の目的地、ヨーロッパ最古の大学であるボローニャ大学へ。

この内容は、次回ご報告しますね!


おまけ写真は、ボローニャの街角を撮ったもの。
b0305039_01304707.jpg
b0305039_01335585.jpg
b0305039_01380261.jpg
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド

by minamiitalia | 2019-03-20 01:41 | ボローニャの旅2019

ボローニャの旅その2

ボローニャに到着して、ホテルに荷物を置いたら、
すぐに街の中心地まで用事を済ませに、、、

用事が終わって、ようやく夕方からボローニャの街を散策スタート!
ここからは、正真正銘の観光客をしてきました(笑)

今回は事前の調べモノは一切せずに、夫とインターネットに頼りっきり。


曇り空+小雨+寒いという観光には望ましくない天候で、
私たちふたりが決めたのは、名物を食べること!!

まずは、中心部にあるEatalyでアペリテーヴォを。

とにかく生ハムとランブルスコ(この地方名産の発泡赤ワイン)が美味しくて上機嫌になりました♪

b0305039_00095547.jpg

写真のハムとチーズの盛合せ(小)は、2人前12.5ユーロ。
奥からモルタデッラ、生ハム、コッパ、サラミ(正式名称は不明)。

チーズは、塊がパルミジャーノ、赤いアルミカップに入った液体状のがスクワックエローネ。

やはりこの地域はお肉をよく食べるんですね!
お肉が主役の街。といってもいいかもしれません。

どこも生ハムやモルタデッラを売るサラミ屋さんばかり。

b0305039_00103394.jpg
b0305039_00110240.jpg
b0305039_00112815.jpg

そして、この地域でよく食べるパスタ「トルテッリーニ」もズラーリ!!
b0305039_00120685.jpg
お値段もビックリ価格です、、、(;゜∀゜)

チーズはもちろん!パルミジャーノ・レッジャーノです。
この地域の特産品ですものね。

熟成期間やウシの種類ごとにいろいろと揃ってました。
お値段はそれほどお得感は感じられませんでした。

b0305039_00125547.jpg

さて、ボローニャの台所を覗いたら、これからお待ちかねの夕食です。(´∀`)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド


by minamiitalia | 2019-03-16 09:26 | ボローニャの旅2019

ボローニャの旅その1

予定外の思わぬ用事で行くことになったボローニャ。
1泊2日の予定を終えて、昨夜プーリアの自宅に帰ってきました。

今回は、往復列車の旅。

まずはボローニャに到着する前に車窓から楽しんだ景色を皆様にも
ちょこっとだけおすそわけ。

バーリ中央駅(プーリア州)を出て、

モリーゼ州(小さい州なのですぐに通過)→

アブルッツォ州→
b0305039_21453448.jpg
写真は、確かペスカーラ駅で撮ったもの。

アブルッツォ州を出てからは、マルケ州を北上して
b0305039_21461450.jpg
小高い丘の風景がとてもキレイでした。
オリーブの樹も意外とありましたよ!

そして、こちらの写真もマルケ州で。
b0305039_21463041.jpg
川が流れ、奥には雪化粧のアペニン山脈を拝むことができました。


列車はエミリア・ロマーニャ州に入り、

海岸線をさらに行き、写真のリミニの海を見ながら
b0305039_21494897.jpg
ようやく目的地のボローニャ(エミリア・ロマーニャ州)にやって来ました。


いやぁ~今回は長旅でした、、、(´o`;

暇潰しに何回コーヒーを飲んだことか!(笑

b0305039_21502441.jpg
※フレッチャ・ビアンカ(特急列車の種類)には簡易レストランの車両があります。

車窓からの眺めは、いかがでしたか?

晴れたアドリア海を拝みながらの旅でしたが、

到着したボローニャは曇り空でした。

b0305039_23212809.jpg
旅行記は次回へと続きます。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド


by minamiitalia | 2019-03-16 07:30 | ボローニャの旅2019

ボッ、ボローニャにいってきます。

唐突な用事ができ、来週半ばボローニャに行くことになりました、、、(汗

なんで、こんなに急に。
トホホ・・・(+_+)

昨日決まったできごとで、
今日、慌てて電車の手配とホテルを押さえましたよ。

もっと事前に準備ができたなら、迷わず飛行機を取ってました、、、(涙)
LCCでも出発から1週間を切ると、かなり料金がお高いんですね。
がっかり。

電車の場合。

バーリからボローニャまでは、特急電車で5時間40分。
乗り換えなしの直行でも、かなーり長い旅路となります。(^^;)

ホテルもちょうど化粧品のコスメ展示会がボローニャであるらしく、
残ってるホテルは高いところばかり。
アワワ、、、

悲惨な状況でしたが、夫がなんとか手が届く料金のホテルを見つけてくれました。

ホッ。

さて、ほとんど旅の準備ができないまま出発することになりますが、
約20年ぶりに訪れるボローニャの街。

できるだけ、楽しんできます!!
b0305039_02211382.jpg
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド

by minamiitalia | 2019-03-10 05:00 | ボローニャの旅2019