人気ブログランキング |

カテゴリ:イタリア人夫( 25 )

やさしい背中

無事に新しい年を迎え、年末の疲れがでたのか、、、

やっぱり体調不良になっちゃいました。( д lll)

昨年から疲れがたまると、耳内に炎症がおこり、そこから顎まで影響し、
痛みから「噛む」ことがほとんどできないという状況に陥るのです。

一昨日はその痛みがピークに、薬の影響でなんか体もだるい、、、という状況の時。

夫がすーっと立ち上がり、無言で夕食後の皿洗いをしてくれました
b0305039_19173432.jpg

新年早々、迷惑をかけました、、、

でも、やっぱり優しい人です(*^_^*)

次の日は外が寒いので、夫から外出禁止令が出され、家でおとなしくしてたら、
ご褒美にホットチョコレートを買ってきてくれました!やったぁ~!!

子供のようにはしゃいでしまいました(苦笑)



by minamiitalia | 2018-01-04 19:17 | イタリア人夫

本日はオノマスティコ。

b0305039_19275266.jpg

本日は、夫アントニオのオノマスコ(聖人の日)。

イタリア人は自分と同じ名前の守護聖人の日をお祝いします。
第2の誕生日的な存在のオノマスティコ。

実は、”聖アントニオ”という名前の聖人は何人もいるんです。
よって、同じアントニオさんでも、どの聖アントニオが守護聖人かによってお祝いする日にちが違うのです。

ちなみに本日は、”パドヴァの聖アントニオ”の日。
この聖アントニオは、イタリア人ではなく、ポルトガル人。

夕方、お祝いのためやってくる親戚用に、朝からケーキづくり。
おもてなし準備もOKです♪♪

ちなみに、冒頭の写真は浅草の眺め。
今回はじめて浅草を展望しました。
by minamiitalia | 2017-06-13 19:29 | イタリア人夫

アントニオ画伯

先日、おばあちゃんの家で見つけたアントニオ画伯の絵(笑)

夫が2歳のときに手がけた作品です♪
b0305039_22365536.jpg

額に入れて、いつまでも大切にしてくれているおばあちゃんの気持ちがとてもうれしい♡

と、同時に夫の幼少期を垣間見たできごとでした。

遠く離れた場所でお互いに生まれ育ち、今、一緒に暮らしていることがとっても不思議に感じます。

人生のご縁に感謝です。
by minamiitalia | 2016-09-22 22:37 | イタリア人夫

トンカツの唄

朝、目が覚めると軽快なリズムの鼻歌が聞こえてきました♪♪♪

歌っていたのは、夫アントニオ(笑)

歌詞を日本語訳にすると。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
トンカツ♪トンカツ♪♪

トンカツをトンカツソースで食べたいなぁ~♪

食べる前にゴマをスリスリして、ソースに混ぜましょう♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そう!とんかつの唄でした(笑)
b0305039_3362297.jpg

日本で食べた美味しいとんかつが夢に出てきたそうです。(^◇^;)

だからって、即興で鼻歌を歌うとは、、、

さすがに、こういう一面は陽気なイタリア人なんです。

次回、夫が日本へ行けるのは来年の春?

早く本物の美味しいとんかつを食べさせてあげたい。
by minamiitalia | 2016-08-31 03:39 | イタリア人夫

差し入れつづき。

最近、夫への差し入れ率が急激にUP!

先週は、マダムから”イチジク”の差し入れ。(自宅のお庭で収穫されたもの)
b0305039_2321073.jpg

イチジクの木(イタリアでよく栽培されいてる品種)には、二度、実がなるのをご存知ですか?

1回目(6-7月:夏)は”フィオローニ”と呼ばれる実。
2回目(9-10月:秋)は、この季節に出回る”フィーキ”と呼ばれる実。

どちらも美味しいですが、少しだけフィオローニのほうが実が大きく、甘みが増している気がします。

今回写真に撮ったのは、フィーキ。

こうして、顧客と銀行員の距離が近いのも南イタリアならでは。ですかね?

※ちなみに写真はもらったイチジクの半分だけ撮影(苦笑)
 撮影できなかった半分は写真を撮る前に夫の胃に消えました、、、

そして、今週の差し入れは、”フレッシュチーズ”。
b0305039_2332633.jpg

チーズ工房を営むお客様からです。

リコッタチーズ(写真)のほかに、モッツァレッラチーズ、そして、ストラッチャテッラ、スカモルツァ・フレスカと豪華な4点!

同僚さんにもお裾分けして、わが家にはリコッタとモッツァレッラチーズがやってきました。

久しぶりにリコッタチーズでケーキを!と思いましたが、その美味しさにあっという間に完食(笑)

フレッシュチーズは熟成チーズに比べて、工房ごとの味の特徴がすぐに分かります。
南伊を訪れた際は、お気に入りのチーズ屋をみつけるのも楽しいかもしれませんよ♪

こうして差し入れが続くのもうれしいですが、なんだかもらってばかりで申し訳ない。という日本人の心情が。(´﹏`)

まぁ、夫とお客様との関係がもらたらしたプレゼント。と思って、
ありがたくいただきます!^皿^
by minamiitalia | 2016-08-24 23:07 | イタリア人夫

シャリが黒い、、、

昨日は夫のオノマスティコということで、
夫が夕食にお寿司をご馳走してくれました。(*⁰▿⁰*)

最近は日本食レストランに行かなくても、大型スーパーでお寿司が買えるようになったので便利♪と思っていましたが、、、

昨日、夫が買ってきたお寿司がこちら。
b0305039_2545872.jpg

なんと、シャリに「黒米」が使われていて、
見た目からして、、、食欲がそそられない。(´﹏`)

にぎり寿司のシャリにも黒米。
ひょえ~(゜ロ゜ノ)ノ
b0305039_25664.jpg

イタリアに来てはじめて見た”黒米寿司”。
強烈な見た目とは裏腹に、味は普通にお寿司!

一部、海苔の代わりにレタスのような干瓢のような不思議な緑色のものが巻かれていましたが、これも違和感がありつつも食べ。
b0305039_2565389.jpg

なんだか不思議な気分のまま二人で無事に完食できました。(。-_-。)

お寿司を買ってきてくれた夫の優しさには感謝ですが、
黒米寿司は1度食べればもういいかな?と(笑)

やっぱり正統派の白いシャリのお寿司が食べたい!!!と思う私でした。

私が知らないだけで、もしかしたら?イタリアでは黒米でつくるお寿司が流行っているのかもしれません。
by minamiitalia | 2016-06-15 02:58 | イタリア人夫

シーフードでお祝い

ウチの夫アントニオが今月38回目の誕生日を迎えました♪

誕生日当日は平日だったので、簡単なお祝いにとどまり。
週末に家族でシーフードレストランへ行ってきました。

お店の選択は主役の夫ではなく、食いしん坊の義父が担当、、、(¬_¬)
港町にあるカジュアルなお店へ。

メニューは、前菜10種類とセコンド(選択制)、フルーツがセットのコースのみ。

まずは前菜から。

次々に運ばれてくる前菜の数に驚き!
b0305039_19584190.jpg

プーリア州の名物チーズ”ブッラータ”も!
b0305039_1959496.jpg

前菜の目玉はムール貝!
b0305039_19591650.jpg

甘いトマトと苦味のきいたルッコラのブルスケッタ!
b0305039_19592874.jpg

私が選んだセコンドは、このお店の名物”シーフードフライ!”。
当日水揚げされたお魚なので鮮度はバツグン♡
そして、量はこれでもかというくらい、たっぷり。。。(+_+)
b0305039_2005058.jpg

↑これで一人前ですよ。

ちなみに、義父が選んだのはカジキマグロの炭火焼ステーキ。
ドドーン!!!と、こちらも迫力の大きさ(゜ロ゜ノ)ノ
b0305039_2014235.jpg

そして、〆のフルーツとレモンシャーベット♡
b0305039_2022685.jpg

コスパが高いお店なので、食器は全部プラスチック(笑)
すごい割切り感!

正直、義父のセレクトしたお店だったのであまり期待はしていませんでしたが(笑)、
食べ終わった後の率直な感想は、
飾りっけは一切ないのですが、味で勝負のおやじ食堂といった感じ。

結果、お腹もお財布も大満足でした♪(^ー^)
by minamiitalia | 2016-03-15 20:10 | イタリア人夫

誕生日でした。

昨日3月8日は、「国際女性デー」ということで世間はミモザのお花の話題で盛り上がっていましたが。
(この日、イタリアでは男性が女性にミモザの花をプレゼントする習慣があります)

わが家では、夫アントニオの誕生日!

ということで、朝からバースデーケーキの準備に追われた一日でした。

義母と相談して、今年作ったケーキは夫が大好きなチョコレートをふんだんに使ったケーキ。
(生地部分にチョコレートがたくさん入ってます)
b0305039_0363038.jpg

はじめてのレシピだったので、予定よりケーキが膨らまず、、、残念(∩´﹏`∩)

仕上げの生クリームで修正をかけました(笑)

昨夜は、夫婦でおうちご飯。
夫の大好物ビステッカを用意して帰りを待ってました。^皿^

その後、家族でおばあちゃん宅へ移動し、ケーキとスプマンテで乾杯♪♪
102歳になる夫の祖母も「美味しいケーキだね♡」と言ってくれました。
見た目は惨敗でしたが、、、 (@_@) 味は良かったのでセーフです(笑)

Auguri(誕生日おめでとう)~♪♪アントニオ♡
b0305039_0382533.jpg

週末にはバースデーパーティーを開催する予定です。(^_-)
by minamiitalia | 2016-03-10 00:46 | イタリア人夫

第二の誕生日?!

先週土曜日は、夫アントニオのオノマスティコ。
オノマスティコは、自分の名前と同じ聖人の日を祝う日。
簡単に言ってしまえば、イタリア人にとって第二の誕生日のようなもの。

イタリアのカレンダーには、「大安」や「仏滅」などの表示はなく、毎日1日ごとに「聖人の名前」が書かれています。
聖人の日は、毎年同じ日。
夫の場合、6月13日がS.Antonio da Padovaで名前の由来になった聖人の日です。
※アントニオと名前がつく聖人は他にもいます。その人がどのアントニオに由来するのか確認してくださいね。

そして、この日に何が起こるかというと。
親戚や友人から「Auguriiiii!!!!!!(おめでとう!!!!!)」と祝福のメールや電話がバンバン届きますσ(^_^;
さらに、親しい友人や親戚の人は家まで祝福しに来てくれたりするんです( ̄。 ̄ノ)ノ
しかも、前触れなく当然のようにやってきます(笑)

いつ来ていただいても大丈夫なように、妻である私はおもてなしのケーキを今年も焼きました♪
今年は日本のレシピでベイクド・チーズケーキ(*^_^*)♡
b0305039_21351173.jpg

驚くかもしれませんが、プーリアという南伊の片田舎ではチーズケーキはまだまだ珍しい存在なんです(笑)
売っているお店もごくわずか。←どれだけ田舎なの?と突っ込みたくなりますよね、、、
イタリア人とって「チーズケーキ(レアもベークドも)=アメリカのケーキ」という感覚なんです(ー ー;)
今回のベイクド・チーズケーキは、お年頃の従兄弟に喜んでもらえるように選びました。

そして、ここで「誕生日」と「オノマスティコ」の違いをご説明!
誕生日はプレゼントをもらいます。
オノマスティコはご馳走をふるまいます。←自分が祝ってくれる皆さんへ何かプレゼントするという意思の表れ

よって、ケーキを用意して待っているのがわが家の習慣なんです。
ですが、父方で孫が一人という競争社会を生き抜くことを知らない夫は、優しい叔母たちやおばあちゃんからご祝儀をもらってました(¬_¬)
何歳になっても甘やかされてますね~(( ̄_|

さて、日本人にはあまりピンッ!とこないこの習慣。
イタリア人の友人がいたら、オノマスティコの日を調べて「Auguri!!!!」とお祝いしてあげると、すごく喜んでくれますよ。
もちろん何かご馳走してもらってくださいね(笑)
by minamiitalia | 2015-06-16 21:44 | イタリア人夫

わが家の炭火焼き職人

共和国建国記念日だった昨日、イタリアは祝日。
週末のように時間がゆっくりと流れた一日。
b0305039_5385871.jpg

この日の家族ランチは、タコ!
アドリア海で水揚げされた新鮮なタコを炭火焼(@家の暖炉にて)にしましたよ♪
b0305039_537113.jpg


まずタコを炭火焼にする前に、炭を作る作業から(笑)
季節はずれですが、暖炉に薪をたいて炭にしていきます。
この作業だけで2時間。←タコを食べるためにここまでする本気度!さすが食いしん坊のイタリア人(笑)

待っている間にタコに味付けをしまーす。
オリーブオイル、コショウ、パセリ、ニンニクのみじん切りを入れてタコをよくモミモミ♪
b0305039_5422961.jpg

いよいよ炭の準備ができました。
さっそく焼き網にタコを乗せていきます。
b0305039_5432521.jpg

b0305039_5434661.jpg

b0305039_5553213.jpg

表と裏の両面を焼くこと5分。
皿にとり、アツアツのうちにみんなで頬張りました♪( ´艸`)
シンプルな調理法ながら、やはり鮮度バツグンのタコは身がプリップリ!!
一人2タコをみんなで美味しくいただきました。

ちなみに、この作業はすべてわが家の”炭火焼き職人”こと夫アントニオがやってくれました。
炭には、ちとこだわりのある夫。
この日も思ったとおりの出来に満足してました(^◇^;)

この日のパスタは、義母作ムール貝のパスタ。
デザートは、先日家族で収穫したサクランボ。
ということで、何も食事の支度をしなかった私です、、、(=^_^=)ヾ

家に暖炉があると、暖房としての機能以外にもこうやって炭火焼きを楽しむこともできます。
そして、なによりも大変な作業を自らすすんでやってくれる夫に感謝です。
ありがとう、アントニオ。
by minamiitalia | 2015-06-04 05:50 | イタリア人夫