人気ブログランキング |

<   2016年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

いわしのパン粉焼き

本日のランチに「いわしのパン粉焼き」。
b0305039_22515096.jpg

お嫁にきてからはじめて食べた一品です♪

今年から自宅の向かいに魚屋さんがオープン。
以来、わが家の食卓の魚登場率が急激にUP!(笑)

本日は1キロ7ユーロのいわしを買って、
トマト、パセリ、ニンニク、パン粉、塩、ケッパーをかけてオーブンへ。

30分もしないうちに美味し~い香りが♡

プーリア料理は素材の味を尊重するシンプルな調理法だけに、手間隙かけずにとても簡単です。( ´艸`)

料理に時間をかけたくない夏は簡単な一品がとてもありがたい♪

お嫁にきた場所がプーリアで本当に助かりました(笑)
by minamiitalia | 2016-06-30 22:53 | 習った料理とお菓子etc

現代アート美術館@ポリニャーノ

宇多田ヒカルさんが挙式したことで日本でも有名になったポリニャーノ・ア・マーレ。

この町の売りは、海の絶景だけだと思っていませんか?
b0305039_22405078.jpg
実は現代アートの美術館があるんです!

「PINO PASCALI美術館」
b0305039_2241209.jpg

この町出身の両親をもつ、1960年代に活躍した現代アーティストPINO PASCALIに由来する美術館です。
(本人は小さい頃、州都バーリで育ちました)

”蜘蛛”を題材にした作品で一躍注目され、
b0305039_2241593.jpg

ヴェネツィアのヴィエンナーレにも彼の作品が展示されました。

その他、有名な作品の一例です↓
b0305039_2243177.jpg
現代アートは本当に奥が深いっ!
b0305039_2243186.jpg
1968年ローマにてバイク事故を起こし、突然この世を去った彼のお墓はこの町にあります。

この美術館は2010年オープン。

ポリニャーノの美しい海が見渡せる場所にあります。
b0305039_22422084.jpg
ちょっとアートな気分を味わいたい方は、この町の絶景と合わせて訪れてみてください。

【FONDAZIONE PINO PASCALI MUSEO DI ARTE CONTEMPORANEA】
住所:VIA PARCO DEL LAURO 119,POLIGNANO A MARE
H P:http://www.museopinopascali.it/


by minamiitalia | 2016-06-30 22:46 | プーリア州の観光情報

ラ・ノッテ・ デッラ・タランタ

少し気が早いですが、今年のプーリア夏イベントのご案内です。
b0305039_521978.jpg

※写真はイベント公式HPより拝借

サレント地方の夏の風物詩ともいえる大コンサート「ラ・ノッテ・ デッラ・タランタ」が、8月27日に開催されます。

今年で19回目となるこのコンサート、場所は毎年変わらずサレントの小さな町Melpignano(メルピニャーノ)。

ラ・ノッテ・ デッラ・タランタは、「ピッツィカ」と呼ばれるサレント地方伝統の激しい音楽とダンスに酔いしれるお祭り(コンサート)。

当日はイタリア国営放送でも生中継されます。(それほど有名で人気なんです♪)
b0305039_5222114.jpg

b0305039_5223481.jpg

この時期にサレント半島を訪れる方はお見逃しなく!

詳細は、イベント公式HPをご覧ください。
by minamiitalia | 2016-06-30 05:25 | プーリア州の観光情報

オリーブの小さい実

ちょっと写真がボケてしまいましたが、
わが家のオリーブの樹に今ちょうど小さい実がつき始めました。
(写真は日曜日に撮影したものです)
b0305039_23332566.jpg

これからスクスク育って、今年も美味しいオイルになりますように☆

ちなみに、今年の出来を夫に予想してもらったところ、
「今年は豊作になりそうだっ!」と言ってました。(^ー^)

そうなることを願って、、、
by minamiitalia | 2016-06-28 23:36 | わが家のオリーブ畑

家庭料理のおもてなし

今週もお客様との楽しい時間を過ごさせていただきました。
こんなプーリアの田舎町に来てくださる方に毎回感謝の気持ちでいっぱいです。

さて、チーズ教室では南伊の美味しいフレッシュチーズはもとより、こんなプーリアの家庭料理もお召し上がりいただけます。
b0305039_2318754.jpg

プーリアの家庭料理は美味しい野菜が中心!
この日は、お酢が効いた「ズッキーニの炒め物」、
b0305039_23183781.jpg

今が旬の「甘~いトマトとバジルのサラダ」、
b0305039_23191269.jpg

そして「パンで作ったミートボール」の前菜。
b0305039_23193666.jpg

パスタは、プリップリの身がたまらない”ムール貝のパスタ”。(わが家の日曜日ランチの鉄板メニューです、笑)
b0305039_23225827.jpg

もちろん、ご当地スナックである”タラッリ”はもれなく食卓に登場します。
今は小麦の収穫時期なので、美味しいパンやタラッリがいつもより美味しい時期です♪

さらに、別の日の食卓はこんな感じでした。
b0305039_23214755.jpg


通常の個人旅行では、美味しいレストランには行けても、家庭料理の味を堪能するのはハードルが高いですよね?

わが家の家庭料理はすべて私の手作りです。(*^_^*)
義母直伝のレシピに基づいたものばかり!

「南伊の田舎町に行ってみたいわ♡」という方、プーリアの家庭の味と一緒にお待ちしてます。(^ー^)
by minamiitalia | 2016-06-28 23:28 | チーズ教室

ケッパーの花

先日、オストゥーニへ仕事で行ったところ、いつものように街の風景をカメラで撮っていました。
すると夫が、「ここにケッパーの花があるよ」と教えてくれました。

皆さんは、ケッパーの花を見たことがありますか?

恥ずかしながら、私は今回はじめてみました。
b0305039_2385376.jpg

b0305039_238262.jpg

はじめてみるケッパーの花は、とっても可愛らしい♡
白と紫の組合せだなんて、意外ですっ。

日常でケッパーを食べることはよくあっても、お花を目にしたのは初めて。

ちなみに食べるのは”つぼみ”の部分です。
b0305039_2310821.jpg

酢漬けにして食べます。
b0305039_21363518.jpg

このお花が咲いていたのは、歩道の柵の外。
こんなにぎっしーりと人の手が及びづらい場所に。(゜ロ゜ノ)ノ
b0305039_23104648.jpg

私たちの隣では、観光そっちのけでケッパー(つぼみ)摘みをするご夫妻が( ´艸`)
やっぱり、イタリア人も「花より団子」なんですね。

奥様の指揮の下、旦那様はテキパキと収穫してました。
さすがイタリア人女は強い!(笑)
by minamiitalia | 2016-06-28 23:14 | 季節の野菜・果物

癒しカフェ@レッチェ

レッチェに来ると、つい立ち寄ってしまう私の癒しカフェ。

サンタクローチェ教会のすぐそばにあります。(徒歩1分♪)
b0305039_21481542.jpg

先週は午後のカフェタイムにお邪魔しました。

今の時期は、パラソルが並ぶオープンカフェに。
ゆったりと流れる街の時間、爽やかな風が心地よい!∩^ω^∩
b0305039_21502627.jpg

私はカクテル(ノンアルコール)、夫はエスプレッソを注文。

隣の席にはダンディーな紳士が。
イタリア語が堪能な方で、夫と話している最中に話しかけられ会話の和が広がることに。
アルゼンチンから来た方でプーリアでのバカンスを楽しんでいました。

またその隣の席には地元のレッチェマダムが。
たばこが良く似合うふくよかな彼女は、レッチェがどれだけステキな街かと、私&アルゼンチン紳士を相手に熱弁!(笑)

こうして知らない人とも気軽に話すことができる環境、とっても自由で好きです。(^ー^)

ちなみに、夜はワインバーにもなります。
b0305039_21505046.jpg

旧市街の中心にあるので、散策で疲れたときの休憩場所としても活躍してくれます!

【SOUTHEAST CAFE】
Via Umberto I,37 Lecce

※記載した住所は記事を書いた時点のものです。訪れる際はご自身で最新の情報を確認してください。


by minamiitalia | 2016-06-23 22:01 | プーリア州の観光情報

サレントの夏バス

夏限定でプーリア州のサレント半島を走るバス。
(正式名称は、サレントインブス)

今年は6月15日から9月15日の間、運行します。
イタリア半島のブーツの”かかと”を攻めたい方は、ぜひご利用ください。

全部で9路線。
b0305039_23475941.gif

Linea 101:Lecce – Torre Dell'Orso – Otranto
Linea 102:Gallipoli – Maglie
Linea 103:Maglie - S. Cesarea T. - Castro - Marina di Andrano
Linea 104:Lecce - Porto Cesareo - Gallipoli
Linea 105:Otranto - Santa Cesarea - Castro - S.M. di Leuca
Linea 106:Lecce - Maglie - Otranto
Linea 107:Lecce - Maglie - Tricase - S.M. di Leuca
Linea 108:Lecce - Gallipoli - S.M. di Leuca
Linea 110:Porto Cesareo - Riva degli Angeli

イタリア半島最東端オートラントをはじめ、かかとの岬レウカにも行きます。

上記の9路線とは別に、レッチェからブリンディジ空港またはバーリ空港へのバスも運行しています。

路線の詳細、時刻表はこちらをご覧ください。


by minamiitalia | 2016-06-20 23:48 | プーリア州の観光情報

モンテサンタンジェロの巡礼菓子

世界遺産の天使の洞窟教会がある「モンテサンタンジェロ」の町にやってきました!
b0305039_23341580.jpg

この町の名物菓子といえば、オスティエ リピエネ。(Ostie ripiene)
b0305039_23343363.jpg

教会のミサで使われるモナカの皮のようなパンに、ハチミツがかかったアーモンドを挟んだもの。
味はみたままのとおり、とってもシンプルな美味しさ!

お店では「大」と「小」の2サイズが扱われていますが、ご本家は「大」だそうです。
(ご当地パン屋のお姉さんからの情報です)
※写真は「小」サイズ。

巡礼地のお菓子として、この地を訪れる観光客に人気です。


by minamiitalia | 2016-06-20 23:37 | プーリア州の観光情報

レッチェのアクセサリー

”南伊のフィレンツェ”とよばれるレッチェを散歩中に立ち寄ったカルタペスタ(紙張子)※のお店。
※カルタペスタは、レッチェの伝統工芸です。

店内には紙で作ったとは思えない素晴らしい作品がずらーり!
b0305039_23222947.jpg

クリスマス時期に飾るプレゼーペも。
b0305039_23231359.jpg

店内をぐるーっと見渡し、見つけたのは、レッチェ特産の石でつくるアクセサリー。
b0305039_23243341.jpg

レッチェの石は、そのやわらかさが特徴で細工しやすいといわれています。
だから、これほどバロック建築が街にあふれているのですが。

最近は、このレッチェ石を使ったアクセサリーがブームみたいです。

私も気に入ったものがあったので、さっそく買っちゃいました♪
白い部分がレッチェ石。アテーィストさん手作りの1点ものです。
b0305039_2326969.jpg

レッチェの旧市街には、このお店以外にもレッチェ石でつくるアクセサリーのお店がたくさんありました。

旅の思い出に、自分へのお土産にいかがですか?


by minamiitalia | 2016-06-20 23:29 | プーリア州の観光情報