人気ブログランキング |

<   2016年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

プチバカンス2016秋スフォリアテッラ

b0305039_2328883.jpg

ナポリの郷土菓子といえば、一番有名なのが”スフォリアテッラ”。

毎回ナポリに行くと家族のお土産として購入します。

スフォリアテッラを簡単に説明すると。
三角形をしたパイ生地にリコッタチーズで作られたクリームが入ったお菓子。

いつもはガレリアにある有名店Merryに行きますが、今回は時間の都合上、ナポリ中央駅前のガリバルディ広場で調達。

B&Bのオーナーに教えてもらった「Cuore di Sfogliatella」へ♪
b0305039_23272854.jpg

店内には定番の甘いスフォリアテッラから、ハムやバッカラなどをつめたおかず系スフォリアテッラまで、
どどーんと充実な品揃え。
(通常のスフォリアテッラの概念が変わります)
b0305039_23275015.jpg

さらに店内にはオーブンがあり、お客さまの目の前でスフォリアテッラが常に焼かれています。
b0305039_23285811.jpg

さらにさらに、カフェ(立ち飲み)併設なのでその場でコーヒーと一緒にスフォリアテッラを頬張ることができるんです。( ´艸`)

言うまでもなく人気店♪
b0305039_23291837.jpg

定番の甘いスフォリアテッラのお値段は1つ1.5ユーロ。
一般的な価格です。

ナポリに行くときは、ピザの食べ比べだけでなく、スフォリアテッラの食べ比べをするのも面白いと思います。
by minamiitalia | 2016-10-27 23:31 | ポジターノ&ソレント&ナポリの旅2016

プチバカンス2016秋ナポリ

前回、前々回とポジターノ&ソレントの記事をUPしました。

順序は逆になりますが、今回はナポリに到着した初日のことも記しておきます。

ナポリに到着した初日。
あいにく公共交通機関のストライキに遭遇、、、
やっぱり、ここはイタリアだぁ~(+_+)

まずは、予約したB&Bにチェックイン。

今回お世話になったのは、大きなテラスが自慢の「B&B La Terrazza」(Corso Umberto Iにあります)。
b0305039_238484.jpg

電車移動がメインの旅ということで、ナポリ中央駅に近いエリアを選択。

英語、フランス語、スペイン語が話せるオーナーのヴァレンティーナが温かく迎えてくれました。
チェックイン前後の荷物預かりもOKと良心的。
朝食もたっぷりいただける宿です。^皿^
b0305039_23101151.jpg

毎朝の朝食は寒い季節以外は自慢のテラスで。

内容は、ブリオッシュまたはコルネット(甘いパン)、ヨーグルト、マチェドニア(ミックスフルーツ)、オレンジジュース、コーヒーまたはカプチーノ。
それでも、まだお腹が空いている人のためにコーンフレークや小袋に入ったパンやジャムもありました。

お部屋の写真も参考までに。
b0305039_2393126.jpg

バスルームは、残念ながらシャワーのみ。
b0305039_2395526.jpg

そして、ランチは宿から徒歩30秒の有名ピッツェリアDa Micheleへ。
b0305039_23145844.jpg

店内にはお店の歴史を語る写真が飾られています。
b0305039_23155458.jpg

東京に支店があるので、日本人にも有名なこのピッツェリアDa Michele。
メニューは、マルゲリータとマリナーラの2種類のみ!

注文してから、待つこと30分。
テーブルに運ばれてきたピザの大きさに驚愕!!!(゜ロ゜ノ)ノ
これで1人前です。

お皿からはみ出すとにかく大きなピザに目を疑いました(笑)
b0305039_23151484.jpg

食べ始めは全部食べれる!と強気でしたが、やはり断念。
夫に手伝ってもらいました。(=^_^=)ヾ

マルゲリータ2枚、ビールとオレンジジュースでお会計13ユーロと格安ランチとなりました。(^_-)

食後は散歩がてら旧市街エリアまで歩き、食後のカフェとして老舗カフェ「ガンブリヌス」へ。
b0305039_23204241.jpg

b0305039_2321762.jpg

b0305039_23212664.jpg

ゲリラ豪雨だったり、太陽がのぞいたりと不安定な天気に少しがっかりしながらも。

夕方はB&Bのテラスにてご当地ワインをいただきながら、ゆっくりとしたヴァカンス時間を堪能しました♡
by minamiitalia | 2016-10-27 23:25 | ポジターノ&ソレント&ナポリの旅2016

プチバカンス2016秋ソレント

前回のポジターノから、レモンの街として名高い”Sorrento(ソレント)”へ!
b0305039_18463835.jpg

ポジターノ散策のあと、バスに揺られること45分で到着。
車窓からは、こんな素晴らしい海辺の景色も堪能できました。(*⁰▿⁰*)
b0305039_1843613.jpg

まずは広場にある観光ミニバスで30分の市内観光を♪
一人6ユーロです。
b0305039_18434930.jpg

切符がこちら↓
b0305039_18443095.jpg

街のメイン広場を出発して、
b0305039_18454683.jpg

港、旧市街、展望台、住宅街と小さい町を縦横無尽に走り、ひととおり各エリアを把握。
展望台からの風景はこんな感じです♪
b0305039_18451014.jpg

そして、人通りが多い旧市街のお土産横丁へ。
b0305039_18461790.jpg

レモングッズをはじめ、陶器、野菜、洋服などなんでもあり!
b0305039_18473157.jpg

b0305039_1847456.jpg

女性なら何時間いても飽きない場所です(笑)

途中の路地からは、赴きのある佇まいの鐘楼を眺めて。
b0305039_18483243.jpg

歩き疲れた後は、近くにあったバールでひと休み。
エネルギーチャージしてさらにお土産探しへ!

たった2時間の滞在でしたが、ソレントは小さい町なので十分な観光内容。

ポジターノとソレント、どちらも行きたかった町。
宿泊するなら平地のソレント、日帰り観光なら断崖絶壁を下るポジターノ。という印象です。

ちなみに以前アマルフィにも行きましたが、映画でみた印象よりもとってもとっても小さな町でした。
はじめてこのエリアを訪れる方は、アマルフィよりもポジターノへ!
by minamiitalia | 2016-10-26 18:51 | ポジターノ&ソレント&ナポリの旅2016

プチバカンス2016秋ポジターノ

2泊3日でプチバカンスへ!

今回はナポリを拠点に、前から訪れてみたかったポジターノ&ソレントへ♪
車を使わずにすべて公共交通機関で移動した旅。
意外に快適でした。(^ー^)

まずは憧れていたポジターノの景色から報告します♪
b0305039_2322317.jpg

ナポリからソレントまで電車で1時間。
ソレントからバスで45分でようやくポジターノに到着。

バスから降ろされた場所は、崖の上停留所(^◇^;)
停留所から下をみると、この景色、、、これだけ下らないといけないということです。(T ^ T)
b0305039_23194485.jpg

よく見る景色「ポジターノの海辺」まで、どこまでも続く階段を下がり、
(階段は結構、急です)
b0305039_2320327.jpg

階段の途中からは、この景色。
すでに旅気分がMAX(笑)
b0305039_23213129.jpg

ようやくTVで見たことのあるあの海岸にご対面!(ページ1枚目の写真)

途中、レモンの庭カフェ(頭上にはレモンの実がなっています)で、
b0305039_23223638.jpg

ご当地菓子「デェリツィア・アル・リモーネ」(奥の白いケーキ)を堪能し、リフレッシュ。
※レモンのティラミス(手前の黄色いケーキ)も絶品でした♪
b0305039_23225487.jpg

海岸へ下りていくまでの道には、ぎっしりとお土産屋さんが並び。
b0305039_23244433.jpg

10月下旬というのに、まだ海水浴ができる気温のこの日。
b0305039_2325546.jpg

海辺にある大聖堂(ドゥオモ)を見学して、
b0305039_23253454.jpg

b0305039_23254883.jpg

2時間ほどの滞在を満喫して、次の目的地ソレントへと向かいました。

ポジターノは断崖絶壁の下にある美しい町。
足腰の丈夫なうちに訪れることをおすすめします。(*^_^*)
by minamiitalia | 2016-10-25 23:33 | ポジターノ&ソレント&ナポリの旅2016

遅めのランチはみんなで。

先週木曜日は、午前中にチーズ教室にご滞在いただいたお客様を空港まで見送り、
遅めのランチを海辺のレストランで♪

今回は、ぜーんぶ海の幸♡
(いくつかお野菜のお皿もありましたが、、、)

実は、日本ツアー参加者からのご招待ランチに夫とお呼ばれしてきました。

プーリアらしく盛りだくさんの前菜、パスタ2種、ドルチェ4種、食後酒、カフェと2時間ちょっとのランチタイム。

どんな料理を食べたのか?と気になる方のために、一部を写真でご紹介。(*⁰▿⁰*)
b0305039_18574884.jpg

b0305039_1921367.jpg

b0305039_185838100.jpg

b0305039_18584944.jpg

b0305039_1859109.jpg

b0305039_18592478.jpg

b0305039_18595180.jpg

b0305039_1901616.jpg

b0305039_1903166.jpg

b0305039_1904484.jpg

b0305039_1905772.jpg

b0305039_191109.jpg

そして、食事の最後にはプーリアを代表するトゥルッロ、マッサイア、水差しのチャームがついたブレスレットをツアー参加者の皆さまからプレゼントにいただきました。
b0305039_1931150.jpg

ツアー中はいろいろと心配ごとばかりして気を使い、胃も痛くなりましたが(笑)
結果、これほど満足していただけたと思うと本望です。

食後は、レストランすぐそばのフランコ宅(別荘)にて旅の記録VTR鑑賞会。
ドキュメンタリー風に仕上げてあり、臨場感たっぷり。( ´艸`)
b0305039_1934886.jpg

帰り際には、なんとフランコから日本ツアーの記録映像が入ったUSBを一人ずつもらいました。太っ腹!

このように素晴らしい参加者と出会えたこと、心からうれしく思います。
by minamiitalia | 2016-10-24 19:07 | 南イタリアの日常2016

新作レシピ

今週チーズ教室にご滞在いただいたお客様のために、新レシピ「ムール貝のスフレ」をご用意しました♪
(11月末までは事前にご予約いただいたお客様に滞在いただいています。新規のご予約は受けておりません)

義母から教わったばかりのホッカホカレシピです。
b0305039_371129.jpg

ムール貝とたまごの他に、ニンニク、パセリ、たっぷりのパルミジャーノ・レッジャーノチーズが入った一品。

まずはオーブンで20分間焼き♪
b0305039_382458.jpg

後は、より乾燥させるためにガスコンロにかけます。

できたて熱々をいただくシアワセ♡

イタリアで一番メジャーな貝であるムール貝、これからもっとレパートリーを広げていきたいと思います。(`_´)ゞ
by minamiitalia | 2016-10-21 03:09 | チーズ教室

第2弾日本ツアーその6

第2弾日本ツアーの報告も今回が最後です!

関西エリアの観光も無事にスケジュールどおりに終わりました。

ここで、回想の写真をどうぞ!

<奈良>
鹿に大喜びのイタリア人観光客。( ´艸`)
「インドはウシだが、日本は鹿が放し飼いなのか。。。」と変な比較をされました。(汗)
b0305039_1924839.jpg

<大阪>
定番のくだおれ人形と一緒に(笑)
とにかく大阪は人の多さにみんなテンションUP♪
小さい町に住んでいるからなのか、大きな街が新鮮なようです。
b0305039_19265957.jpg

<京都>
定番の世界遺産金閣寺。
b0305039_19285946.jpg


さて、今回の関西滞在のクライマックスは舞妓さん観賞。
(今回も舞妓さんのセッティングに苦労しましたが、無事にできました)

参加者みんなが「舞妓は、日本の芸術作品だぁ!」とコメント。
b0305039_19331257.jpg

参加者のなかには、「舞妓」→「マイケル」と思い込み、「マイケルのダンスは最高だね♪」とも(笑)

まったく、イタリア人はぁ~!!!

最後には参加者ひとりずつ舞妓さんとのツーショットも。
(良心的な舞妓さんに感謝・感謝です)
b0305039_19363368.jpg

恥ずかしながら、日本人でありながら、前回の日本ツアーを開催するまで本物の舞妓さんを間近で見たことがありませんでした。
イタリア人アテンドを通して、私も日本文化を勉強させていただいてます。

東京に戻ってからは、疲れがピークの御一行さま。
美術館観賞を楽しみ、滞在最後のショッピングデーを終え、日本を後にイタリアへ出発しました。

今回もすべてが順調。とは行きませんでしたが、合格点をもらえる滞在となりました。ほっ。
イタリアでも日本でも、すべての経験が自分をより成長させてくれることに感謝です。

こちらに帰ってから、すぐに
「次のツアーはいつ?すぐに申し込みたいわ」とのお声があちらこちらから。(苦笑)

ありがたいことですが。
心身ともに磨り減るこのアテンド。(イタリア人のお世話は想像以上に大変なんです)
ボランティアだからこそ気楽にやっていけるのかもしれません。

またどうしても断れないときに、第3弾の日本ツアーを開催したいと思います(笑)
by minamiitalia | 2016-10-19 19:36 | イタリア人と珍道中日本ツアー

第2弾日本ツアーその5

さてさて、滞在4日目は旅の大目玉!

イタリア人と日本人の交流会を企画しました。

題して「プーリア人とプーリア料理を楽しむ会」。
b0305039_2334362.jpg

ご参加いただいた日本人の方は、チーズ教室にご参加くださり、関東圏にお住まいの方(開催場所が東京でしたので)+日頃SNSでお世話になっている方。

平日昼の開催にもかかわらず、合計18名の日本人の方にご参加いただきました。
ありがとうございます♡

場所は、東京で一番美味しいプーリア料理が食べれるレストラン(私個人の意見です)
アンティーキサポーリ広尾店。
b0305039_23301280.jpg

13時スタート、15時30分お開き。という合計2時間30分みんなで盛り上がりました♪♪

まずは日本人の皆様の自己紹介。
そして、イタリア人皆様の自己紹介。
つたない私の通訳がところどころ入り、美味しい料理に目を奪われながら、あっとうい間のひととき。

今、ブログをご覧いただいている皆様には、この日味わったプーリア料理の数々をご紹介!

まずは前菜から。

じゃがいものスフォルマート(型に入れたオーブン料理)。
中にはリコッタチーズとズッキー二が入ってます。
b0305039_23362947.jpg

カーポコッロとイチジク。
カーポコッロは、豚の首のお肉で作ったプーリアを代表するサラミです。
b0305039_23371786.jpg

こちらはナスのスフォルマート(型に入れて焼いたオーブン料理)。
緑ソースは、ほうれん草な色です。
b0305039_23373894.jpg

プーリア州の名産チーズのひとつ
ストラッチャテッラチーズとトリュフ。贅沢な一品です♪
b0305039_23375375.jpg

手作りのタラッリも♡
b0305039_233888.jpg

アンティーキサポーリ本店でもよく登場するパスタ「トロッコリ」
アーチチョークと白身魚とカラスミのソースがパスタに絡まり、絶品です。
b0305039_23361530.jpg

プーリアの代表的パスタ「オレキエッテ」
サルシッチャ(粗びきソーセージ)のうま味がソースとなり、GOOD!
b0305039_2337292.jpg

そして、シメのドルチェ2品。
b0305039_23382359.jpg

b0305039_23364883.jpg

食後酒は3種類。
アマーロ(養命酒のような味わい)、リモンチェッロ、そしてクリームをプラスしたリモンチェッロ(?)
b0305039_23383653.jpg

食事をサポートするワインは、ピエトロ・ズィートオリジナルのハウスワイン赤と白。
しかも飲み放題です。太っ腹。(´∀`人)
b0305039_23515236.jpg

モンテグロッソの本店に行くと、いつもこのハウスワインの白をいただきます。
さっぱりとした口当たりでとてもフルーティー。
飲みやすいのでグビグビいけちゃいます(笑)

これだけの料理とワインでたった3500円という会費。
アンティーキサポーリ広尾店さん、本当にありがとうございました!!!

会の最後には、みんなで記念撮影。
(このブログにUPできないのが残念ですが、総勢28名の記念写真は迫力ありました♪)

そして、歌い始めるイタリア人あり、踊り始めるイタリア人あり。

イタリア人につられて、日本人の皆様も一緒に踊りはじめたり。( ´艸`)

まるでプーリアで食事会を開催したかのような盛り上がりでした。

このように、故郷日本でたくさんの方と楽しい時間を過ごさせていただき、感謝感謝の言葉に尽きます。

※掲載写真は、会に参加された方から提供されたものです。
by minamiitalia | 2016-10-17 23:59 | イタリア人と珍道中日本ツアー

第2弾日本ツアーその4

東京観光も大詰め。

3日目のこの日は、皇居観光からスタート!
b0305039_2227582.jpg

日本人であれば皇居見学といっても皇居内が見れないことはご承知のとおり。
(天皇家族がお住まいですからね。)

もちろん「旅のしおり」(お手製)には、”庭の見学と外観を遠くから見ます。”と記載したにも関わらず、
いざ皇居にたどりついてみると。。。

「結局、庭だけ見て帰ってください。ってことね。見学ポイントになる銅像や彫刻など何もないじゃない!」と明らかに不満な様子のイタリア人観光客。σ(^_^; 

やっぱり~・・・・・

以前、夫と来たときも同じようなことをもらしていました。

どうもヨーロッパの一般的な王宮見学(立派な調度品が並び、旧王宮のほとんどを見せてくれる)と同じレベルで考えてしまうみたいです。

観光を推し進めている国”日本”が、外国人観光客の対応(どうすれば満足するか?)にまだ慣れていないのかな?と思ってしまう場面でもあります。

とにかくイタリア人の皆さんは、快晴の下、大きな芝生でひと休み♪
「このまま寝た~い」と次々に言ってました。 (^◇^;)
b0305039_223014.jpg

なんだかんだ不満も渦巻いた皇居見学の後は、天ぷらのランチを堪能♪

そして、電車を2本乗り換えて、
b0305039_2235597.jpg

午後は酒造見学へ。

東京の山奥にある酒造さんへお邪魔しました。

周囲を山に囲まれ、酒造のすぐそばには清流が流れていました。
このロケーションにイタリア人もうっとり♡
b0305039_22363114.jpg

今回はじめての試みとなったこの酒造見学。
(食材屋パオロの希望で取り入れたプログラムでした)

ただ、1回の見学は定員40名。
私たちが参加した回はほぼ満席、恐ろしいことに私たち以外みんな日本人の方でした。
ひょえ~・・・

こうなると、説明するのが本当に大変なんです。(汗)

事前に旅のしおりには、お酒づくりのいろは。をイタリア語で書いたのでそちらをサクっと読んでもらい、
酒造内見学で説明担当者が立ち止まって説明するポイントは、耳をこらして聞き(説明にマイクを使わないので遠くの声を聞くのが本当に大変で、、、)、それを、簡単にイタリア語で訳します。

専門用語が多いため、訳すことに神経を集中すると、自分が理解するというよりも頭が翻訳機になってしまいます。

イタリア人観光客も半分分かったような、分からないような。

そりゃそうですよね。
日本酒はイタリアにはないもの。
そして、アルコール度の指標も日本酒ならではのものを使うという複雑さ。
専門家でなければ、はじめて見て聞いて一度で理解できる人は少ないと思います。(。-_-。)

ということで、次回以降は説明&理解してもらうのが大変なため、日本人混載の見学ツアーには参加しない。ことを心に誓いました(笑

そして、夜はお豆腐レストランへ。

ここでサプライズ!

ツアー参加者のなかで、誕生日の人が2名、そして、結婚50周年の記念旅で日本を選んだご夫妻が1組。
ということで、花束のプレゼント♪♪

とーっても喜んでくださいました。
b0305039_22525286.jpg

さて、旅も半ば。
ここからは、疲れがではじめる頃。
高齢な方が多い今回の参加者、彼らの健康面を心配していた私でした。
by minamiitalia | 2016-10-17 22:33 | イタリア人と珍道中日本ツアー

感謝の気持ちをこめて。揚げピザ!

週末は日本滞在中に留守を守ってくれた夫と義母に感謝の気持ちをこめて、
郷土料理の揚げピザ”パンツェロッティ”をご馳走しました。
b0305039_1932294.jpg

中に入れる具は、食に細かい義父を考慮して3種類(笑)

今が旬の野菜ラーペとスカモルツァ・フレスカ(チーズ)、
b0305039_1934152.jpg

ラーペは、塩とオリーブオイルと一緒に先に蒸しておきます。
冷めたら、チーズを混ぜて、ようやく具としてスタンバイOK!

モルタデッラ&スカモルツァ・アフミカータ(チーズ)、
b0305039_1943171.jpg

具のモルタデッラは、先日の食材屋パオロのパーティーでいただいたものを使ってます(笑

トマト&バジリコ&モッツァレッラチーズ。
b0305039_1945137.jpg

ド定番のトマトとモッツァレッラとバジリコの組合せ。
普通のピザに例えると、マルゲリータ!
b0305039_1952232.jpg

1キロの強力粉から40個近くのパンツェロッティが完成♪
多めにできたので、近所のおばあちゃん宅へもおすそわけ。

今回のピザ生地はいつもより、さらにモッチリ!( ̄+ー ̄)
上達するには、やはり何でも繰り返すことが大切ですね。

久しぶりの手仕事で心も落ち着きました。

ちなみに、日本を離れる前に成田空港で買った夫の大好物ラーメン!!!
b0305039_22172576.jpg

帰国の翌日に夫と二人で。
そして、この揚げピザを食べた同じ日のランチに、義父母と4人でいただきました。

「これは美味しい!」とラーメン初体験の義父母。
次回からの定番日本土産に加わりました(笑
by minamiitalia | 2016-10-17 19:06 | 習った料理とお菓子etc