人気ブログランキング |

<   2017年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ONAF公式ワイングラス

通っているチーズ講座もいよいよ残りわずか。


先週は「チーズとワインの相性」がお題でした。


そこで、登場したのがONAF(イタリアチーズテイスティング協会)の公式ワイングラス!

チーズの協会なのに、ここまでするのか!と(笑)。

b0305039_19163531.jpg
でも、マニアックですが、このグラスを使えてうれしかった~♡


ちなみに、熟成期間が長いパルミジャーノチーズには、
デザートワインもよく合うそうです。


by minamiitalia | 2017-11-30 19:16 | イタリアチーズ

世界一に輝いたプーリア産チーズ!

b0305039_05164211.jpg
クレモナで開催された「Cheese of the Year」コンテスト(その年のチーズの質を競う大会)で


プーリア産Caciocavallo podolico del Garganoが
セミハード部門で世界一になりました!!!


Caciocavallo podolico del Garganoは、 プーリア北部のガルガーノ半島で
飼育される放し飼いの牛から造られるカチョカヴァッロチーズ。


コンテストで優勝したのは、世界遺産のある街モンテ・サンタンジェロの
La Montagnola牧場のもの。


プーリアの美味しいもの。が、またひとつ認められました~♡


by minamiitalia | 2017-11-29 05:18 | イタリアチーズ

イタリアで一番美味しいパネットーネ!

2017年イタリア国内のパネットーネコンテストで優勝したのは、

なんとプーリアのお菓子屋さん!


しかも、夫が勤めるアクアヴィーヴァの街のpasticceria ‘Sapone’


そんな話題を数日前に夫としていたのですが、
本日、その”イタリアいち美味しいパネットーネ”がわが家にやってきました!

b0305039_05012659.jpg
外箱には、コンテストで優勝したことがきちんと主張されてます(笑)
b0305039_05025685.jpg
通常のお味”クラッシコ”は売り切れ。ということで、
くるみ&洋ナシ&チョコレート味をセレクトしたとのこと。

まさに私好みの組合せ♡


パネットーネはイタリアのクリスマスケーキ。
よって、この美味しさは12月25日までお預けです♪


by minamiitalia | 2017-11-29 05:04 | 南イタリアの日常2017

日曜日のおうちご飯

昨日は珍しく、夫とふたりだけの日曜日ランチ。


せっかくの日曜日を家事に追われるのは、もったいない。
ので、土曜日に「パスタ・アル・フォルノ」を作りおき。

b0305039_23194561.jpg
作りたてより、1日たったほうが水分が飛んでとても美味しい~♡


寒い冬はオーブン料理でほっこり。


by minamiitalia | 2017-11-27 23:20 | 南イタリアの日常2017

今年のパンドーロ1号!

金曜日に、今年はじめてのパンドーロをいただきました♪


イタリアのクリスマスには欠かせないクリスマスケーキ!


はじめていただくPaluani社のパンドーロ。

b0305039_01352161.jpg
フッワフワのスポンジをクチに入れた瞬間、溶けましたっ(笑)

地元ではなかなか見かけないブランドですが、これは食べる価値大です。


by minamiitalia | 2017-11-27 01:36 | 南イタリアの日常2017

プーリア土産の新定番!Maglioのチョコレート

b0305039_21405536.jpg
1875年サレント半島のMaglieで創業した州内では老舗のチョコレート店「Maglio」。


最近ではバーリ空港の土産店で、そのカラフルポップな可愛いチョコレートを見かけることができます。

b0305039_21412288.jpg
「空港で焦って買うより、じっくり選びたいわぁ~!」という方には、
マリエにある本店以外に州都バーリ、またはレッチェにもショップがあります。


寒い時期の南イタリア土産にいかがですか?


チョコレートのほかに”レッチェ風コーヒー”に欠かせないアーモンドミルクも販売しています。


<Maglioのバーリ店>
Via N.Piccinni 87,Bari


<Maglioのレッチェ店>
Via Templari,1,Lecce


by minamiitalia | 2017-11-23 21:41 | プーリア州の観光情報

今年もこれが食卓に!

寒くなると急にコレばかり食べるプーリア人。


「バッカラ」(タラを塩漬けして乾燥させたもの)


3日3晩、水を入れ替えて塩抜き。
そして、プーリアではじゃがいもと一緒にオーブンへ。
(他にもトマトやパセリ、たまねぎもいれます)


郷土料理の「バッカラ・コン・パタテ」。

b0305039_01585552.jpg
プーリアらしくシンプルな調理法です。


さぁ、週1回はこの料理を食べる季節に突入しましたー!


by minamiitalia | 2017-11-19 01:59 | 南イタリアの日常2017

セビーリャの街並み

ちょこちょことUPしている今年最後の旅の地スペイン!

今回はフラメンコの故郷”セビーリャ”の様子をご紹介!


セビーリャといえば、オペラ「カルメン」の舞台として有名な街。
その他にもスペインで一番大きな大聖堂があることでも知られています。(世界では3番目に大きい)


グラナダからバスと電車で移動すること3時間。

途中、車窓から一面のオリーブ畑を眺めながら、ここはプーリア?と思えるほど親しみのある風景になんだか落ち着き(笑)、

b0305039_20302967.jpg

到着後は迷路のようなサンタクルス街(旧市街)にあるホテルをようやく発見。(この地区は迷います!)

b0305039_20314331.jpg
b0305039_20315900.jpg
b0305039_20321681.jpg
休憩する間もなく、フラメンコ博物館へフラメンコショーを見学に。
b0305039_20325170.jpg
ここは、映画「カルメン」で主役をつとめたフラメンコ界の大スタークリスティーナ・オヨスが故郷に設立した博物館。

ここでは、1日に3~4公演フラメンコショーが行なわれます。
私たちは17時からの回へ。
一人20ユーロで観賞できるのでお財布にも優しい♪♪


翌日は午後すぐの便でバーリへ帰るため、午前中だけの観光に。


まずは「インディアス古文書館」。

b0305039_20332175.jpg
16世紀に商品取引所として建てられ、
1784年に新大陸関連文書をまとめる古文書館に。

なかには徳川家康直筆の便りもありました。

b0305039_20333784.jpg
そして、お目当ての大聖堂へ。
b0305039_20335723.jpg
なんとオープンは11時からとかなり遅いスタート。
(さすが、スペインだぁ、、、のんびりはどこでも一緒です)


とにかく大きなこの大聖堂。
奥行き135m、幅100mでスペインでは最大!

b0305039_20342911.jpg
b0305039_20344748.jpg
b0305039_20350310.jpg

ここにはコロンブスのお墓があります。4人の歴代スペイン王が棺を支えてます。
※コロンブスはイタリア人、ジェノヴァの出身。
b0305039_20352524.jpg

音声ガイドを聞きながら、駆け足の見学。
ゆっくり見学すると2~3時間くらいかかる大きさです。


行きたかった大聖堂に隣接するヒラルダの塔にも登ることができずにタイムアウト!
泣く泣く空港へ向かいました、、、(涙


バーリからセビーリャへは直行便があるので、いつかリベンジします!


ちなみにこのほかに有名なセビーリャの観光名所には、スペイン王朝の宮殿「アルカサル」があります。

14世紀イスラム文化に心酔した残虐王ペドロ1世がアルハンブラ宮殿を模してつくった見事な宮殿です。


街にはオレンジの街路樹があちこちに。

b0305039_20361573.jpg
観光客用の馬車がたくさんあふれ、伝統あるセビーリャ大学の学生さんたちで街は活気に溢れてました。

b0305039_20364248.jpg



by minamiitalia | 2017-11-18 20:38 | 第三の故郷スペインの旅

スペインごはんの記憶

グラナダ&セビーリャで食べたもの。


王道のパエリア(魚介とお肉のミックスバージョン)をはじめ、

b0305039_20333890.jpg
グラナダのバルでは無料タパスで魚介、お肉、
b0305039_20341225.jpg
b0305039_20343442.jpg
ハム、スペイン風オムレツ(トルティーリャ)などなど。

朝食はチュロス&ホットチョコレートの鉄板コンビ。

b0305039_20350656.jpg
他にも卵焼き、クロワッサンなども食べてみました。
b0305039_20352953.jpg
が、それほど美味しくなく、、、


大都会セビーリャでは、日本在住の方はごめんなさい!

懐かしのスターバックス、ハーゲンダッツ、ダンキンドーナッツに吸い込まれました(笑)

b0305039_20360068.jpg
b0305039_20361419.jpg


スペインはアメリカブランドが共存しているので日本のように居心地がいい♡
だからこそ、スペインに行きたいと強く思うのかもしれません(笑)。
イタリアでは味わえない、懐かしの味♪♪


その他にグラナダでは、旬だから?なのか、”グラナダ”という街の名前の由来であるザクロがよく料理に登場してました。

こちらはザクロ入りのサラダ(赤いツブツブがザクロ)

b0305039_20380024.jpg
そして、デザートにもザクロの飾りが。
b0305039_20384021.jpg
そして、以前のスペイン滞在でもクチにした「アロス・コン・レチェ」(ライスプディング)。
今回もいただきました!
b0305039_20410638.jpg
実はこれ、プーリアでも食べます!
ラッテ・ディ・マンドルラ。と言って、スペイン統治時代にプーリアに根付いたお菓子。
お米をアーモンドミルクで煮て、プリン状にしたもの。
このお店は生クリームをかけてアレンジしてました。

次回は駆け足で滞在したセビーリャの街並み写真をUPします。


by minamiitalia | 2017-11-17 20:43 | 第三の故郷スペインの旅

ロンドンからのお取り寄せ

日本の実家から送ってもらった荷物が1ヶ月半たってもまだ届かない、、、怒)

なかには、たくさんの日本食材をいれてもらったのに。...


ということで、待つのも限界に。(-_-)


ロンドンの日本食材店から、ひじき、切り干し大根、高野豆腐の乾物をお取りよせ。

b0305039_20291178.jpg
これがないと朝食は食べた気がしません!

1週間で到着しました。


高くついたけど、でも背に腹は変えらぬ。

大都会でない南伊のプーリア。
信用できる日本食材を探すのは大変です。
(中国人の方のお店には行きたくありません。過去に苦い経験あり、笑)


by minamiitalia | 2017-11-17 20:30 | イタリアde日本食