人気ブログランキング |

<   2018年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

復活祭前の宗教行進

いよいよ!明日4月1日は復活祭。

復活祭に先立ち、昨夜21時、わが町では真っ暗な中
復活祭前の行進が行われました。

b0305039_19184909.jpg
この様子を動画でご覧ください!
(ご覧になりたい方は、「動画」をクリックしてください)

町中を真っ暗にするのは、木曜日にイエスが亡くなり、
世界が光を失ったことを意味します。

光っているのは、お店の看板か行進の像だけです。
b0305039_19204195.jpg
そのため、各家庭のバルコニーにはイエスの魂を導く赤いロウソクの灯火が
置かれます。

わが家も然り。
b0305039_19195203.jpg

行進では、イエスが十字架に架けられて亡くなるまでを12の像で表し、
それぞれの像を信者が担いで町中をねり歩きます。

b0305039_19170184.jpg

キリスト教の国イタリアでは、
復活祭の時期にはさまざまな宗教イベントが実施されます。

明日は、復活祭本番。

そして、明後日はパスクエッタと呼ばれる祝日です。
南伊では、このパスクエッタには友人と遠出して一日中ピクニックを楽しむ習慣があります。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。


by minamiitalia | 2018-03-31 19:24 | 南イタリアの日常2018

荷物無料預かりサービス

当教室をご利用いただくお客様には、無料でお荷物を預かっています。


日帰りプランと宿泊滞在プランで、お預かりできる日数が異なりますが、
事前にご相談いただければ柔軟に対応させていただきます。


さて、今月訪れたロンドン。
州都バーリからはLCC直行便で2時間30分。

驚くほど近くて、お得なお値段で利用できました。

日本から遠く離れたイタリアに一歩足を踏み入れたなら、
イタリア各地またはヨーロッパへ周遊旅行をするのも手です!

重いスーツケースは教室に置いて、好きなだけ旅行を楽しんでください。

本日付でUPされたコラムで、利用したロンドンの空港ホテルをご紹介してます。

ヒルトン系列ですが、質良くお安く泊まることができたのでどなたかの参考になれば、うれしいです。

ロンドンLCC利用に空港から2分「ハンプトン バイ ヒルトン ロンドン スタンステッド エアポート」


以前の記事をご覧になりたい方は、こちらからどうぞ!

ページを開くと、過去の記事が表示されます。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。


by minamiitalia | 2018-03-30 19:33 | チーズ教室

マニアックな乳牛に関するイベントのお知らせ

今日はとーってもマニアックなイベントのお知らせです(笑)

4月13日(金)~15日(日)に、プーリア州のNociにて
「Mostra Bovina Interregionale del Centro Sud」というイベントが開催されます。
b0305039_21434792.jpg
※Nociは、世界遺産アルベロベッロの隣町。
 州内でもチーズ産業が最も盛んな街です。

乳牛のBruna種とFrisona種の品評会がメイン。
毎年地元のTV取材もやってくる人気イベントです。

開催期間は、地元特産品の販売コーナーや酪農に関する専門書籍もあります。

チーズや酪農に興味がある方はぜひ!

私はチーズテイスターとして、他のテイスターの方々と一緒に参加してきます!
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。


by minamiitalia | 2018-03-29 21:46 | イタリアチーズ

【日帰りプラン】プーリアでチーズづくり体験!

フレッシュチーズが美味しい時期になりました!
南伊プーリア州でチーズづくりを体験しませんか?

教室では日帰りでチーズづくりが体験できるプランをご用意してます。


プランは内容満載の5つのプログラムで構成。

1)プーリアの自然を見学

 チーズをつくる前に、美味しいミルクを育むプーリアの大地を訪れます。
 オリーブ畑やブドウ畑を散歩しながら、タイミングがよければ乳牛の群れにも出会えます!

b0305039_19203216.jpg

2)チーズ作りに挑戦!

 農場より直送された生乳を原料に「手作りチーズ」に挑戦します。
 ソリーノ家秘伝のレシピをもとに「ジュンカータ」「プリモ・サーレ」の2種類を一緒に作っていきます。

まずは乳を加熱する作業から。

b0305039_19205632.jpg
製造工程でわたしが大好きなポイント。
固まったカード(乳の固形分)の表面を触る瞬間。
※あくまで生地が固まったかの確認作業です
触り心地は、ぷるぷるの杏仁豆腐にそっくり!

b0305039_19212202.jpg

すくったカードをチーズ型へ入れていきます。
b0305039_19220982.jpg

3)南伊の小さい町を散策

  チーズから水分が抜ける間(30分程度)に、チーズ教室があるルティリアーノの旧市街を散策します。


4)できたてチーズの試食

 いよいよ!できたてふっわふわのフレッシュチーズのお味見です。
 まずは、シンプルにそのままで、次は自家製オリーブオリルをかけて♪ 驚くほどの乳のコクを感じていただけます。

b0305039_19195818.jpg

5)ブッラータチーズを含むチーズ盛合せとプーリア流季節のごはん (前菜&パスタ&ワインつき)

  プーリアに来たら食べずには帰れない!有名な「ブッラータチーズ」も食卓にご用意。
  一緒に、地元産チーズの盛合せと時季のプーリア食材を使った前菜やパスタもご用意します。

b0305039_19231263.jpg

チーズづくり体験プランは、毎週土日&祝日限定。

2名様から受付。
料金はおひとり50ユーロ。
(バーリ市内または空港、アルベロベッロ&マテーラ等各都市へも別途送迎手配可能)

若草が生える春から初夏にかけては、ミルクが美味しくなる時期です。
日本では体験できない”無殺菌乳”でのチーズづくり。
できたてチーズの味わいがとても濃厚ですよ。

チーズプロフェッショナル&ONAFチーズテイスターの私がお待ちしてます。

プラン詳細はこちら。ページ後半をご覧ください。
https://www.373italiacheese.com/higaeri
お問合せはこちら。
https://www.373italiacheese.com/omoushikomi

※6月11日から7月5日まで日本滞在のため教室をお休みします。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。


by minamiitalia | 2018-03-28 19:25 | チーズ教室

【お知らせ】6月のお休み

今日は4つ目の原稿を書き終え、ほっとしています。

次回は春旅で訪れたロンドンの情報をお届けします。
イタリア好きな方、イタリア情報はちょっと待っててくださいね。

さて、最近6月のお問合せをちらほらといただき始めています。

そこで、HPのトップページではお知らせしていましたが、
6月はお休み期間があります。

■チーズ教室をお休みする期間■

6月11日(月)~7月5日(木)まで。

ボランティアで携わる「第3回イタリア人日本ツアー」の実施&里帰りのため。

ただし、ご希望であれば、私はご一緒できませんが送迎の手配、日本人ガイドの手配は行えます。
心強い日本人妻ネットワークもありますので(笑)、お気軽にお声がけください。

南イタリアチーズ教室HPはこちら!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。




by minamiitalia | 2018-03-28 01:14 | チーズ教室

今日のお魚ランチ

行きつけの魚屋さんで新鮮なスズキを見つけたので、
本日は、お魚ランチ。

きれいに切り身に裁いてもらい、
(イタリアもお願いすると無料で裁いてくれます)
b0305039_22340799.jpg
プーリアらしく、
トマト、ケッパー、パセリーをのせて、
最後にオリーブオイルをさらっと回しかけます。

そして、オーブンへGO!

出来上がったのは、ヘルシーなセコンド。
b0305039_22354456.jpg
プーリアで魚は、野菜や肉に比べてお値段が高い食材です。

日本では野菜が驚くほど高いですが、
野菜王国プーリアでは、野菜<お肉<お魚の順に値段が上がります。


野菜不足になりがちな旅行中には、美味しいプーリア野菜を
たくさん補給してくださいね!

ちなみに魚とチーズの相性はよくありません。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。


by minamiitalia | 2018-03-27 22:36 | 南イタリアの日常2018

バーリ風フォカッチャを試作!

本日は、3回目のブログ記事UPです。
たくさんお伝えしたいことがあり、ハイペースですみません。汗)

午前中にバーリ風フォカッチャを試作しました♪

このバーリ風フォカッチャは、バーリ旧市街で食べられる下町の味。
カリっとした歯ごたえと、ちょっとモチっとした生地が特徴。
生地の厚さは、厚からず薄からず、でも、やや薄いくらいですかね。

バーリに行くときは必ず夫がおねだりする”美味しさ”でもあります(笑)

まずは材料をすべて入れて、コネコネ。
b0305039_23241299.jpg
ここでの隠し味は、ゆでたじゃがいもをペースト状にして入れること。

そこから、1時間30分から2時間ほど発酵のため生地をねかせます。

そして、たーっぷりのオリーブオイルとトマト、オレガノ、オリーブの実をのせて
オーブンへ!
※今回はオリーブが在庫切れだっため、省きました。
b0305039_23243713.jpg
オリーブオイルの量は驚くほどたくさん!
習ったとおりに作ってみて、正直ビックリ。
自家製なのでお値段は気にせず、ドボドボと使いました(笑)

そして、別バージョンのアレンジ。

それは、マテーラ風。

マテーラに行くと、よく見かけるじゃがいもをのせたフォカッチャ。
これが美味しいんですよ!

夫いわく、本来のマテーラ風はじゃがいも、モッツァレッラチーズ、オレガノの組合せ。

今回、私はオリナルの組合せで、じゃがいもとタマネギをのせて。
b0305039_23271862.jpg
できあがったフォカッチャがこちら。
b0305039_23300785.jpg
生地はお手本どおり、カリッ&モチッになりました!
そして、お味はそれぞれの具の素朴な美味しさがにじみ出ています。

できたてアツアツは、魅惑の味(笑)。
立て続けに2切れも食べちゃいました。
おデブ街道まっしぐらです。。。。

実は、現在、チーズ教室で日帰りの料理レッスンを企画中です。
1ヶ月以内にはスタートさせたいと思っています。
が、なかなか準備の時間が作れずにいるのが現実・・・

お知らせできる状況になりましたら、改めてこちらで報告させていただきます!
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

by minamiitalia | 2018-03-26 23:45 | 習った料理とお菓子etc

有名司会者が天国へ

本日のイタリアは国営放送Raiで活躍する
有名司会者が突然天国へ旅立った話題で持ちきりです。


彼の名は、Fabrizio Frizzi。
イタリア滞在中にTV画面で見かけた人も多いはず。
イタリアで5本の指に入る名司会者。

b0305039_23022048.jpg

そして、義父ティーノの知り合いでもありました。
そのせいか、今日の義父はかなり悲しい表情。

Fabrizioと義父の出会いは7年前。
州都バーリに彼が来たときにジャーナリストとして
義父が取材をしたことがきっかけ。

それ以来、季節のグリーティングメールを交わしたり、
実現はできませんでしたが、プーリアでのイベントを企画したり。

昨夜までTVでは彼の担当するレギュラー番組が放送されていました。
療養期間から復帰した元気な姿の彼。
だからこそ、突然の旅立ちに驚愕のイタリア国民。

享年60歳という若さ。
そして、5歳になる娘さんと奥様を残して天国へ。
心よりご冥福をお祈りします。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。


by minamiitalia | 2018-03-26 23:07 | 南イタリアの日常2018

枝の主日

昨日は、イタリアと日本との時差が8→7時間になった日。
おかげで睡眠時間が1時間カットされ、なんだか終日寝不足気味でした。

そして、

ドメニカ デッレ パルメ(枝の主日)と呼ばれる
パスクワ(復活祭)直前の重要な日曜日でした。


この日、教会では祝福(日本式にいうと祈祷?)されたオリーブの枝がもらえます。
そして、家族や親戚、友達と「おめでとう!」の挨拶を交わす一日。

これは、イエスキリストが復活直前の日曜日(今のドメニカ デッレ パルメにあたる日)に
エルサレムに入城した時、民衆がシュロの葉やオリーブの枝を振って歓迎したのに由来します。

わが家もオリーブの枝をきちんといただきました。

b0305039_22571613.jpg

そして、ランチにはマンマ特製のポルペッタ(肉だんご)のせオレッキエッテ。

風邪が長引いている義父を気遣い、今回はいつもより柔らかめの肉だんご。

b0305039_22573629.jpg
おかげで、義父はおかわりするほどたくさん食べてました(笑)

そして、このパスクワの時期は慈善団体の寄付啓蒙活動が活発になる時期ですが(苦笑)、
断れない性格のマンマ。

今年もハトの形をしたケーキ”コロンバ”とたまごの形をしたパスクワ名物のチョコレート、
どちらも知人の団体から購入、、、

さっそく昨日のランチには、ボルサーリ社製のコロンバをいただきました。

b0305039_22575411.jpg
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。


by minamiitalia | 2018-03-26 22:59 | 南イタリアの日常2018

ロンドンの極狭ホテル

春旅でお世話になったロンドン中心部のホテルについて、

ここに記録を残しておきます。

ポイント A ホテル ロンドン ショアディッチ

↑いつもBooking.comで予約しますが、リンクは公式サイトにしています。

b0305039_20220516.jpg

結論からいって、立地とホスピタリティは合格ライン。


スタンステッド空港からリバプールストリート駅の空港バス停まで、

バスで1時間10分という近さ。

バス停からホテルまでは徒歩で7分ほどでした。


街の東側に到着することにより、渋滞で混雑する市内をバスで通過する必要がないため、

時間の節約になると考えていた私たち。

空港からホテルまで、バスや地下鉄の乗り換えが少ない方が楽。と、思っていた私たち(笑)

よって、このリバプールストリート駅周辺でホテルを見つけることにしました。

これが大正解♪♪


お値段は、物価の高いロンドンではコストパフォーマンス良し!

部屋のランクはスタンダードクラスをチョイス。


さらに、お安いランクもありましたが、「窓なし」と書いてあったのでNG

泊まった方のコメントを読んでみると、地下のお部屋ということが判明。。。
ひょえー( ̄。 ̄ノ)


部屋は狭いですが、清掃が行き届き、清潔感があります。

b0305039_20231407.jpg

ただ、2点ほど注記があります。

その1)部屋の広さは11㎡。
寝るだけ!と、割り切れる方には問題ありません。
大きなスーツケースで旅行される方には不向きなお部屋です。
スーツケースどころか、ハンドキャリーを開くのも一苦労でした(苦笑

その2)シャワーのみ。
これは短期滞在なら我慢できるのでOKです。
が、シャワーヘッドが固定タイプ。
朝、髪だけ洗いたいときには体まで全部濡れてしまうので不便。

b0305039_20240908.jpg

その他に、冷蔵庫はなく、
よくある無料の紅茶のティーパックなどのおもてなしも部屋にはありませんでした。


部屋にはダブルベッドがどどーんと1台、そしてバスルーム。

洋服ダンスなるものもなく、ハンガーが壁に6本ほどあったくらい。


インテリアは若者向きを意識しているのか、ポップな感じ。


部屋の壁一面にはPCスクリーンのようなモニターが設置され、

TVを観るのもハイテクさを感じました(笑)

b0305039_20261980.jpg

窓からの眺めは中庭。

防音の観点から、ラッキーな配置に当たりました!

b0305039_20272694.jpg

そして、前回も特筆したように。


ホテルスタッフがとても親切でした。

通常のチェックイン時間が15時にも関わらず、

私たちがホテルに到着したら、部屋の清掃状態を確認してすぐに入室させてくれました。

もちろん、追加料金なし。


さらに、スタッフのお姉さんは自ら
「観光情報で聞きたいことはありますか?なんでも言ってくださいね」と笑顔。

ロンドンの人は親切だなぁ。と、この時点で実感。


素泊まりプランで予約したのですが、
朝食をホテルで食べたい方は後からでも追加できます。
料金はひとり7ポンド。


私は2日目だけ、朝食をいただきました。

場所は、ホテル1Fのフロント脇に広がるカフェスペース。


小さいブッフェ形式で、ヨーグルト、果物、クロワッサンやドーナッツなどのパン類がありました。

飲み物はフロントのお姉さんが注文を聞いてくれて、その場で淹れてくれます。

私はカップチーノをオーダー。

b0305039_20284464.jpg

このカフェは、終日ホテル滞在者以外も利用可能。

近隣はオフィス街なので、会社員が休憩時間に利用することも多々。


よって、防犯上、外から帰ってきたときは宿泊客が

フロント前の壁に設置されたセンサーに部屋のカードキーをかざして、

宿泊階へとつながるエレベータースペースへと入ることになります。


今回の春旅では、空港ホテルとこの市内中心部のホテルの2軒にお世話になりました。

またいつかロンドンに行くことがあれば、このホテルたちにお世話になると思います。


“特上”ではないけど、“標準”。

私たちにとって、ホテル選びで大切なのは「立地」と「クチコミ」。
そして、提供内容に見合ったお値段。

今回もハズレなく、内容とお値段のバランスがよい滞在でした。

ポイント A ホテル ロンドン ショアディッチ
住所:8-10 Paul Street, Shoreditch, Islington, Londres, EC2A 4JH, Reino Unido
電話:020 7655 1720
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。


by minamiitalia | 2018-03-24 20:35 | 食い倒れロンドンの旅2018