<   2018年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

家族旅行でご滞在

先週土曜日から、ご家族でチーズ教室にご滞在いただいたお客様との
素敵な時間の記録をここに。

「チーズのことが知りたくて。」と、今回参加されたお客様が希望されたプランは、

「チーズ好きのための3泊4日」

■チーズテイスティング
■チーズづくり体験
■チーズ工房見学
■チーズ菓子レッスン 等が付いたプランです。

さらに、観光地では世界遺産の街「マテーラの夜景」観賞、
お好きな観光地(3つから1つ選択)が選べます。

今回は世界遺産の街「アルベロベッロ」をご選択♪

一番の思い出になったとコメントをいただいた「チーズ工房見学」は、次回詳細を。

ここでは、マテーラの夜景から。
b0305039_17244907.jpg
通常は宿泊しないと夜景は見れませんが、
チーズ教室から45分~1時間(渋滞により)でマテーラに行ける立地を活かして
ロマンチックな夜景を気軽に楽しんでもらいたい!という気持ちでつくった項目。

それぞれ眺めが異なる展望台3つを周り、夜の活気あるメインストリートを散策しました。

そして、

別の日には、わが町の旧市街を散策したあと
b0305039_17302831.jpg
キッチン雑貨のお店とイタリア食材店でのショッピング♪(希望制)。
b0305039_17285675.jpg
買い物もさることながら、ここでは地元の人とのふれあいがお楽しみ!

「ようこそ、プーリアへ。プーリアは気に入った?」
「楽しい旅を続けてね!またいつか戻って来てね」

こういう地元の人の言葉が旅先ではうれしいですよね。

食材店では店主のアドバイスで美味しいチーズをお選びいただけます。

最終日はチーズ漬けに。。。

フレッシュチーズのテイスティング。
もちろん!プーリア名産のブッラータもひとり1個ずつご用意。

次は、チーズ菓子レッスンで「リコッタチーズケーキ」を。
b0305039_17381195.jpg
小麦粉、バターを使用しないケーキ。
リコッタチーズと卵で作ります。
b0305039_17400315.jpg
ちなみにレシピはプロ用。
実は親戚がパスティッチェリア(お菓子屋さん)だったので、
代々この味が受け継がれています。

私はお嫁入りしてから義母に教わりました。
b0305039_18102578.jpg
ケーキづくりの後は、「フレッシュチーズづくり」。

搾乳したての無殺菌乳が材料。
毎回、「日本では絶対にできない貴重な経験」と好評です。
b0305039_17404503.jpg
できたチーズはお豆腐のよう。
b0305039_17432075.jpg
前菜やプリモもご用意したので作ったチーズすべての完食は無理、、、ですよね。

このほかにも、オリーブ畑でテーブルとイスを広げてのピクニック。
今回は自家製ブドウとサボテンの実(夏のフルーツ)をご試食いただき、
ガンベロロッソが推薦するアグリツーリズモでのディナーも召し上がっていただきました。

夏の時期は天気がよければ、食事はテラスで実施してます。
b0305039_18092056.jpg
最後はわが町の駅までお見送り。
あっという間の3泊4日。

今回も素敵なご縁をいただけたことに感謝しています。

写真はお土産にいただいた「日本食材」と現在お住まいの街の特産品「チョコレート」。

シャンパン入りだそうです。オシャレ~!
b0305039_17512066.jpg
どら焼きは3つあったのですが、夫がすぐに2つ食べてしまい、、、(笑)
最近では、私より日本の食べ物に目がありません。

こうしていろんな方と南伊の片田舎で出会えることに感謝が尽きません。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「トラベルジェイピーガイド

[PR]
by minamiitalia | 2018-08-29 18:01 | チーズ教室

お客様との時間を過ごしてます。

土曜日からチーズ教室にご家族でお客様がいらしてます。

今回は「「チーズ好きのための3泊4日プラン」です!

初日は空港のお迎えから。
b0305039_22545345.jpg
残念ながら、飛行機が遅延しましたが気を取り直して。

ご希望の訪問地その1:ポリニャーノへ!
b0305039_22572555.jpg
驚くほどの人・人・人。

これが夏のポリニャーノの顔。
冬とは大違いです。

この日は夜にマテーラへも。
ロマンチックな夜景を見て、にぎやかな夜の街を散策。

さて、今日は最終日。

これからチーズ菓子レッスンとチーズづくり。
お客様に楽しんでもらえますように。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「トラベルジェイピーガイド

[PR]
by minamiitalia | 2018-08-27 22:58 | チーズ教室

掃除week

今週はバケツとゴム手袋が友達の掃除ウィーク(笑

掃除が終わったら、食事の仕込みです


夏野菜の代表パプリカをじっくり煮込んで、
とろとろ~のペペロナータの出来上がり。

b0305039_04512223.jpg
今回で夏野菜をお客様に楽しんでいただくのも最後。
来月からは秋野菜です!

プーリア料理の後は和食の仕込みが待ってます。

今回も真心を込めて。
喜んでもらえますように。

明日は朝から空港です。
早めに寝なきゃ。。。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「トラベルジェイピーガイド


[PR]
by minamiitalia | 2018-08-25 04:53 | チーズ教室

同僚ランチに参加

昨日はひょんなことから、夫と彼らの同僚とランチ。

連れていってもらったお店はとても可愛い雰囲気で、
ここが労働者のオアシスとは、とても思えないほど(笑)

さっそく頼んだのは、

■プリモ

トマトとカチョリコッタ(チーズ)のパスタ
b0305039_17463078.jpg
■セコンド

ドライトマトのスフレと付け合せのナスのグリル焼き
b0305039_17465866.jpg
スフレの中には、ドライトマトとアーモンドが入ってました。
b0305039_17471788.jpg
■デザート

プーリアらしからぬ、「チョコレートブラウニー」を注文。
b0305039_17482094.jpg
これにパンと水、食後のコーヒーがついてきます。

シンプルな料理こそ、素材が勝負❢
改めて実感しました。

今週のプーリアは一部の地域(バーリ県・ターラント県)で午後にゲリラ豪雨が発生しています。
昨日はアルタムーラ、マッサフラ、アックアヴィーヴァなどで被害が。。。
(わが町は大丈夫ですが)

今の時期プーリアに滞在している方はお気をつけください。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「トラベルジェイピーガイド


[PR]
by minamiitalia | 2018-08-23 23:30 | 南イタリアの日常2018

観光局主催のナイトツアー

今週はなにかとバタバタしていますが、
ロコロトンドで「旧市街散策とワインテイスティング」のツアーに参加してきました!


前から興味を持っていたワイナリーのワインが知りたくて、味わいたくて。
この機会を逃すまいと夫に参加をせがみました(笑)

集合は19時。

まずは、ブドウ畑の説明から。

一緒にロコロトンドから眺めるイトリア谷の風景も満喫。

b0305039_19413694.jpg
テイスティング会場はブドウ畑すぐ横のワインバーで。

人気のお店なんでしょう、若者たちですぐに満席になってました。
b0305039_19423980.jpg
ワインを待っている間に、なんと予想外(うれしい!)に
次から次へとおつまみが運ばれてきます。

■タラッリとオリーブ
b0305039_19432854.jpg
パンとネギの揚げ物
b0305039_19435341.jpg
■フォカッチャ
b0305039_19443829.jpg
トマトが添えられたフリゼッリーナ(固焼きパン)
b0305039_19450490.jpg
■ライスサラダ
b0305039_19451622.jpg
ここで、いよいよ!お待ちかねのワインが登場です。

ヴェルデーカ、ビアンコ・ダレッサーノ、ミヌートロ種のミックス。
(以前、記事で紹介したワイナリーとは別です)

もう少しワイナリーの歴史等も伺いたかったところですが、
ワインの説明はワイナリーの人ではなく、店員さんでした、、、(苦笑)

期待していただけに、ちょっと残念。
b0305039_19455059.jpg

ツアーの参加者は地元プーリア州の人がほとんどですが、なかにはニュージーランドの家族連れも。

気温が涼しくなる夕方に白ワインでキリっと!
美味しいおつまみとご当地ワインで参加者同士の会話も弾みます♪


続いては、旧市街を地元ガイドさんと一緒に散策。

夜の大聖堂

b0305039_19482635.jpg
周辺のお店も昼間とは違い、活気がありました。
b0305039_19492963.jpg
次は、聖ニラコ教会
b0305039_19500321.jpg
b0305039_19501443.jpg
夜空に浮かぶ、ロコロトンドの伝統家屋「クンメルサ」の姿は美しい!
b0305039_19505446.jpg
最後はスタート地点のツーリストインフォメーションで解散。
およそ1時間30分のツアーでした。
b0305039_19512949.jpg
この時期は観光客がたくさんいるので、夜遅くまで旧市街はにぎやか。
b0305039_19520781.jpg
ブドウ畑を横目にワインを味わい、
地元の人から町についての最新情報を教えてもらえるのはとてもありがたいことです。


また一つ勉強になりました。

最近はワイナリーに興味をもつお客様が増えています。
私ももっと現地に運び、勉強しないと!

個人旅行でワイナリーを訪れたい方は、少人数(5名以下)で見学を受付けている
ワイナリーは実は少ないので、事前によく調べてから計画を立ててくださいね。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「トラベルジェイピーガイド


[PR]
by minamiitalia | 2018-08-23 17:33 | 南イタリアの日常2018

【2018】プーリア州のミシュラン星つきレストラン

今年のミシュラン星つきレストランの情報です。

今頃ですみません!
b0305039_19523939.jpg
2018年、プーリア州のレストランでミシュランの★を獲得したのは何軒でしょうか?

答えは8軒。

昨年と同じ数です。

それでは!さっそく興味深々の星つきレストランの発表に♪♪

~2018年星つきレストラン in Puglia~

■店名 (所在する街の名)
 サイトアドレス(クリックするとページが開きます)を記載しました。

↓↓↓↓↓

■Bacco (Barletta)
https://www.ristorantebacco.it/

■Umami (Andria)
http://www.umamiristorante.com/

■Quintessenza (Trani)
http://www.quintessenzaristorante.it/it/

■Cielo (Ostuni)
http://www.lasommita.it/en/cielo-restaurant.html

■Già Sotto l'Arco (Carovigno)
http://www.giasottolarco.it/

■Pashà (Conversano)
https://www.ristorantepasha.com/it/

■Al Fornello-da Ricci (Ceglie messa pica)
http://alfornellodaricci.com/ristorante/

■Angelo Sabatelli (Putignano)
http://www.angelosabatelliristorante.com/it/

星の数は、すべて1つ。

上から5軒は昨年から星つきに昇格。
下から3軒はミシュランの常連です。

なんと2017年のリストと変わりません。
昨年と同じお店が今年も星を獲得してます。

星つきだから美味しいとか、星がついてないから不味い。というのは間違えです。
自分の味覚に合うレストランが、あなたにとって”美味しいお店”です。

私もリストに記載された星つきレストランに行ったことがありますが、
「これがミシュランの星がつくレベル???」と思ったこともあります(苦笑)。

自分が美味しいと思えば、どこのレストランでもいいと個人的には思いますが、
美味しいレストランの”ヒント”として、この情報を見てくださればうれしいです。

どのお店もお値段は高めなので、お財布に余裕をもたせて訪れてくださいね♪

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「トラベルジェイピーガイド

[PR]
by minamiitalia | 2018-08-20 21:44 | プーリア州の観光情報

今年のオリーブ(8月現在)

来週の下見にオリーブ畑に行ってきました!
来週末はここでお客様とピクニックを一緒にします

そろそろ、今年のオリーブの傾向が見えてくる時期。

いかがかな?
b0305039_22081741.jpg
はい!
このとおり、”今のところ”健康に実ってます。
b0305039_22030009.jpg
b0305039_22061686.jpg
ありがたやぁ~!

今年のプーリアは不作だという人もいますが、わが家のオリーブは今のところ例年並みです。

でも、気は抜けません。

収穫間際まで何が起こるか予測不能。
これが農業の世界ですよね?

わが家はオリーブやブドウで生計を立てているわけではないので、
不運な年でも影響はないですが。

やっぱり自家製オリーブオイルは一度その美味しさを口にすると
諦めるのは大変です。

ある種の麻薬みたいなものかな・・・

今年も無事に収穫までたどり着けますように!(願)

10月~12月にチーズ教室にご滞在いただくお客様には、
オプションで「オリーブの収穫体験」も実施可能です。
(※収穫体験のみでオイルにはしません)

興味のある方は、お気軽にお問合せください。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「トラベルジェイピーガイド

[PR]
by minamiitalia | 2018-08-20 08:30 | わが家のオリーブ畑

ブドウ準備OK!

わが家にはオリーブ畑とブドウ畑があります。
※わが家の本職は別にあります。
b0305039_21511223.jpg
実は、わが町の特産品は食用ブドウ!
バーリ県では「ブドウの町」と呼ばれています。

隣町はサクランボの町、その隣は桃の町など、町ごとに特産品の果物があるんです。


7月にお客様と一緒に訪れたときはレモンのようにまだ酸っぱかったブドウですが、
8月に入り、ブドウ4種(赤・白各2種)が甘くなりました!

b0305039_21494559.jpg

秋にチーズ教室にご滞在いただくお客様には
オリーブ畑と一緒にブドウ畑にも立ち寄り、
ブドウの味見(数粒をつまみ食い)もしてもらっています(笑)

先週の女性4人組のお客様も味見をして、大変喜んでくれました。

本格的にブドウ狩りを楽しみたいお客様は、
オプションで赤白それぞれ2種類を時間内に好きなだけお召し上がりいただけます。

この時期のブドウ棚は圧巻ですよ~♪
ブドウのトンネルを歩くこの満足感、いつか味わいにいらしてくださいね!

b0305039_21505449.jpg
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「トラベルジェイピーガイド


[PR]
by minamiitalia | 2018-08-19 21:54 | 田舎のできごと

イタリア滞在がより快適になるヒント

プーリア州での滞在に限らず、イタリア滞在がより快適になる(と私が思う)
”日本でできる”事前の準備をここにご紹介します!

1.「イタリアは日本ではない」という認識をきちんともつ!

イタリアに初めて来る人はよくこのことを覚えておいてください。

日本はすべてが機能する国。
機能しなくなった途端、利用者(顧客)がクレームを言う国ですよね、笑)

電車も時刻表どおりに来るのは当たり前。
お店で店員さんが態度よく接客してくれるのも当たり前。
カフェのトイレにトイレットペーパーがあるのも当たり前。

ですが、イタリア(他の外国でも)はこの通りではありません。

自分が決めたイタリア旅行。
お金と時間をかけて来るのなら、少しでも快適に過ごしたいですよね?

この認識があるとないとでは大差です。
日本との違いを楽しめるくらいだと頼もしいですよ!

2.スケジュールは時間に余裕を持たせよう!

電車やバスは時刻表どおりに来ません。
南伊に限ってはそれが顕著(普通)です。

移動日にはギリギリのスケジュールを立てるのではなく、
時間に余裕をもたせて、次の目的地までの移動ルートと時間割を設定してください。

3.食事の時間について知っておこう!

北伊は、昼食12時、夕食19時、南伊は、昼食13時、夕食20時が一般的です。

南伊に限っては夏になると陽が長くなるため、20時オープンと書いてあっても
それ以降に開けるお店も少なくありません。

よって、お腹が空いて20時まで待てない!という人は、
バール(喫茶店)でサンドウィッチ等の軽食を食べるか、スーパーの惣菜を買って食べるかなど
アレンジして空腹を凌いでください。

4.トイレについて知っておこう!

イタリアには公衆トイレが少ないです。
しかも、清掃が行き届いてるとはいえません。

さらに夜遅く一人で利用することは、安全上避けたほうが無難です。
(周囲にたくさん人がいれば、ひとりで行っても大丈夫だと思います)

旅先でトイレに行きたくなったら、
デパートやレストランを利用したついでに行くのが一番賢いです。

その他、緊急事態の場合は”BAR”と書かれた喫茶店へ入り、
コーヒー1杯を注文してトイレを使わせてもらいましょう。

コーヒーは飲んでも飲まなくてもOKです。
トイレ使用料の代わりに頼む。という認識でいてください。
※注文するのはコーヒーでなくてももちろんOKです。

さらに、「便座がない!」「トイレットペーパーがない!」と驚かれる人がいます。

便座がない時は、空気イスで用を足すなど工夫してください。
壊れたまま新しい便座を付け直してないだけです。

トイレットペーパーがない場合は、自分でもっているティッシュを使ってください。
日本人なら嗜みとして、ハンカチとティッシュはいつも常備してますよね?

5.持参するユーロは小額をたくさん

たまに、100ユーロ札や200ユーロ札をもっている人を見かけますが、
買い物するときに苦労しますよ。

というのも、イタリアのお店では常にお釣り不足。

お釣りがないことで、クレジットカードでの支払いを要求されたり、
カードが使えないお店では買い物ができなかったり。
こちらに住むと知ってて当然ですが、200ユーロ札なんて持って来た日にはお店の人は大変です(苦笑)

もちろん高級ブランド品を現金(ユーロ)で購入する場合なんかは特例です。

5ユーロ、10ユーロ、20ユーロをたくさん持ってくると不便はないでしょう。

6.「クレジットカードが使えない場合もある」ことを知っておこう!

プーリアでよく見かける光景ですが、クレジットカードが使えない場合があります。
厳密には使える日と使えない日があります。

これはクレジットカードで決済する機械の電波状況により、使えない場合が発生します。
建物の壁が分厚い地域(プーリアも)では、電波が通りにくい。ということが要因のひとつです。

よって、現金もある程度持ってきたほうが無難です。

7.「お客様は神様ではない」ことを知っておこう!

よく日本では”お客様は神様です。”という言葉がありますが、イタリアは反対です(笑)

「店員様は神様です」

日本のように丁寧に接客してくれるイタリア人の店員さんに当たったらラッキーだと思ってください。

まず会計に並んでも、店員が他の店員と世間話をしているのが普通です(苦笑)
この世間話が終わってからようやく接客体制に入ります。

ここまで待ちましょう。滞在回数が増えれば、こんなことにも慣れます。

お釣りを手渡ししてくれる。なんて、思ったらダメですよ。
普通に机(レジ台)の上にポロン!と置かれます。
(日本のように手と手が触れることを好みません)

8.「レストランでは待つ」ことを知っておこう!

日本流だと、レストランで注文しようと思ったとき、店員さんを呼ぶために手を挙げますよね?
これ、イタリアではマナーのよいことではないそうです。
(私もこちらに来てすぐ夫から言われました)

店員さんがテーブルに来るまで待ちましょう。
これがスマートな身のこなし。

ただし、あまりにも待たされる場合は別です。
この”あまりにも”が難しいですが、最低10分から20分は待ちましょう。

よって、時間に余裕がない場合は王道の”レストラン”には入らず、
サービスが早い”バール”(喫茶店)でサンドウィッチ等の軽食で済ませるほうが無難かもしれません。

9.「チップは必ず渡すものではない」ことを知っておこう!

チップについては、よくチーズ教室のお客様からも聞かれる質問ですが。

自分が気持ちのよいサービスをしてもらったら、お店の規模に関わらずチップを払いましょう。

この一言に尽きます!

ただし、これ↓もこちらに来て知ったマナーですが。

「店主(オーナー)にチップを渡すことは失礼」に当たるそうです。

よって、従業員にだけ渡してください。

その他チップに関して書けるアドバイスは、、、

・ドレスコードがある高級レストランに行く場合は、お会計の10%のチップを残すこと。というのを聞きます。
 (私は今でかつてそれほどの高級店に行ったことがないのですが、、、)

 ですが、先に述べたように自分が満足するサービスを受けたらお店のレベルに関わらずチップをあげてOKです。

・枕元チップは、よほどの高級ホテル(5星以上)でないとそれなりのサービスは受けないですからね。
 B&Bやツアーで滞在する3つ星程度なら必要ないと思います。

・タクシーの運転手さんへのチップは、親切なドライバーさんだったらお会計の端数を切り上げて
 それをチップとしてあげたら大喜びします。誰でもかれでもチップをあげなくていいです。

現時点でアドバイスとしてお伝えできるのは、これくらいです。

イタリアに何度も来たことがある人には、経験してすでに知っていることですね。
でも、初めてこれからイタリアに行く人には役立つ情報かもしれません。

どうでもよい細かいアドバイス(ヒント)かもしれませんが、
あなたのイタリア滞在の準備に役立ったら、うれしいです。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「トラベルジェイピーガイド

[PR]
by minamiitalia | 2018-08-18 04:34 | プーリア州の観光情報

12月はお休みです。

いつもこのブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今年から再開したチーズ教室。
うれしいことに予想以上にたくさんのお客様にお越しいただいております。

秋もありがたいことにご予約をいただいております。
これからも、自分の精一杯を出せるようにがんばります!

そして、お知らせです。

12月のチーズ教室は、お休みとさせていただきます。

夫の仕事が忙しくなる予定なので、全面的にバックアップしていきたいと思います。

もし12月にチーズ教室滞在を考えてくれている方がいましたら、
大変申し訳ありません。
またの機会によろしくお願いいたします。m(_ _)m

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「トラベルジェイピーガイド

[PR]
by minamiitalia | 2018-08-17 10:00 | チーズ教室