人気ブログランキング |

<   2018年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

祝!製造者向けチーズ講座修了

昨日、無事に8回目の座学が終了して
製造者向けチーズ講座が幕を閉じました。

振り返ってみると、あっという間の1ヶ月。

座学は「化学の内容」がほとんどで大学の講義を聞いていたようなものですが(苦笑)、
聞いておくとなんとなく今後に繋がるかな・・・?という感想です。

牛乳に含まれるたんぱく質の種類ずらーり(教科書を読んでる感じでつらかった、、、笑)、
製造工程でいかに乳やチーズ生地のPH値をコントロールすることが大事か?とか、
牛乳の細胞数で質を見極める方法とか、、、σ(^_^;

講座対象者が「チーズ製造にかかわる者」だけに、
かなーりマニアックでしたが、私のような興味本位に参加した素人でも楽しめました。

しかし、文系にはちょっと無理のある内容もしばしば。
あきらめて割り切りますが!(笑)

最終回の昨日は、「チーズの評価方法とワインとの組合せ」がメイン。

私が所属するONAF(伊チーズテイスティング協会)の実施内容とほぼ同じだったのですが、
評価するチーズは各参加者が持参するという製造者講座ならではのやり方!
b0305039_19211000.jpg
持参したチーズを前にみんなヒヤヒヤ。 (_;)

カチョカヴァッロやペコリーノ、カプリーノ、モッツァレッラチーズなどなど。
教授の誘導のもと、正しく評価をくだして、最後には美味しく楽しいひとときでした(笑)

最後には、コース修了の認定証を頂きました。
b0305039_19270153.jpg
まだオプションで申し込んだ実技レッスン2回が残っていますが、
ひとまず一区切りです。

この講座で学んだ内容を当教室の活動にも今後役立てていければと思います。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド

by minamiitalia | 2018-11-30 19:35 | 製造者向けチーズ講座

画期的な市長のお宅訪問!

今朝のニュースでみた内容。
賛同したのでご紹介!

プーリア州バーリ県北部にあるGiovinazzo(ジョビナッツォ)の市長が、
今日から「毎日1軒ずつ市民宅に伺い、コーヒーを一緒に飲む」という活動を
スタートさせます。

一緒にコーヒーを飲みながら、町の良い点&悪い点を語り合うという趣旨。

決して小さい町ではないのに、こんなに手間隙かけて市民と交流する市長。
頭が下がります。

でも、インターフォンが鳴ってのぞいたら、いきなり市長が!
これは驚くしかないですよね?(笑)
※ニュースでは突撃でお宅に伺う旨報道されてました。

イタリア人なので市民側はきっと要望しか言わないと思いますが(苦笑)、
がんばって続けてもらいたいものです。

写真はジョヴィナッツォの夜景です。
b0305039_21025049.jpg
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド

by minamiitalia | 2018-11-30 05:00 | 南イタリアの日常2018

チーズ製造過程で排出される乳清の行き場・・・

前回の製造者向けチーズ講座では、面白い内容にまたまた遭遇!

それは、

チーズ作りで排出される乳清(ヨーグルトでみかける白濁した液体)の行き場。。。
b0305039_20411229.jpg
これ、あまり今まで考えなかったことでした。

イタリアでは、法律上そのまま下水に流すことはできません。
(規定値以下の乳清混在量ならOKですが)

それではどうするのか?

一般的には専門業者にお金を払って引き取ってもらいます。
しかし、それ以外にも実は活用法があるんです!

活用法その1!「ホエー豚」

よく日本でも「ホエー豚」という言葉を聞きますよね?
ホエーは乳清を英語にした言葉。要は乳清を豚に飲ませてしまいます。
イタリアでは日本よりもはるか昔からこのやり方が一般的です。

ちなみに、豚の他にも羊や山羊も乳清を飲みます。

活用法その2!エネルギー会社に売る

乳清をそのまま放置しておくとガスが発生するそうです。
そのガス目当てでエネルギー会社が引き取ってくれます。

活用法その3!食品・飲料の二次的材料に変化させる

大手チーズ会社の場合です。
専用設備を投資して、乳清のなかに残った糖質や脂肪分を最後の最後まで取り出し、
粉末状にして再利用または他の会社に売る。

食品や飲料の風味付けに利用されるそうです。
その他に基礎化粧品に応用されることもあります。

どうでしたか?

チーズづくりは製造工程に目が行きやすいですが、
残った材料の活用方法がこんなにあるとは!正直驚きました。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド

by minamiitalia | 2018-11-29 20:47 | 製造者向けチーズ講座

ブッラータの中身にご用心!

毎週通っている製造者向けのチーズ講座。
いよいよ、座学はあと2回で終了です。

そこで、

前回ブッラータチーズの回で聞いて驚いた事実をご紹介。
b0305039_16123576.jpg
最近のプーリア州では(特に大手の生産者)、
ブッラータチーズの中にいれる生クリームにあるものを混ぜる業者がいるのだとか。
教授の話ではかなり流行しているようです。

”あるもの”は植物性ファイバー。
いくつかの種類がありますが、例えば「イナゴマメ」をパウダー状にしたもの。

使用する生クリームの量を減らすのが目的で混入されます。
原価を下げるための細工ですね。

心配な方は、生クリーム分33~35%のブッラータであれば混ぜ物なし。
というのが一般的な見極め方だそうです。
ご参考までに。

プーリアに来たら、本物のブッラータチーズを満足するまで食べてくださいね♪

※※※ 追記 ※※※

製造者向けチーズ講座の実技レッスンで、実際にブッラータの中身に
植物性ファイバーを混ぜた「ブッラータLight」を作ってみました。
b0305039_23123269.jpg
水に植物性ファイバー(イナゴマメのパウダー)を溶かすと、
ゼラチンのようなどろっとした状態になります(上の写真では右側の透明容器の液体)。

そこに同量の生クリームを混ぜれば、完成です。

カロリーOFFを全面に打ち出して”Light”と名付けて売られていますが、
製造者側はコストダウンができ、より儲けにつながります。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド

by minamiitalia | 2018-11-27 21:40 | 製造者向けチーズ講座

アントニオのカルボナーラ!

普段の家事は私が担当してますが、
週末は『奥さん孝行の日』と勝手に夫が決め、
夕食にカルボナーラを作ってくれました。

夫の人生で初めて作ったカルボナーラ。
b0305039_15463976.jpg
正直、味わうのが怖かったですが、、、(;゜∀゜)

なんとも美味しいこと❢
びっくりです。

ネットで検索したレシピのおかげですね!

材料は冷蔵庫にあるものを使ったので、
グァンチャーレ(ベーコン)→パンチェッタに、ペコリーノチーズ→パルミジャーノチーズに。
ちょっとオリジナルからはアレンジされてますが、味は文句なし!

夫にイタリア人DNAを感じたできごとでした(笑)

これなら、たまに作ってもらうのも悪くないかな???
まぁ、過度の期待はしないように。 (-_-)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド

by minamiitalia | 2018-11-27 15:57 | イタリア人夫

サプライズな贈り物

のんびりとした週末の昼下がり、
サプライズな贈り物が東京から届きました。

予想外だったので、すごーくビックリ!!!∑(゚Д゚)

送り主は今年5月にチーズ教室に来てくれたお客様。

「東京オリンピックの仕事に関わる知人からピンバッチをもらったので、
 プーリアでも東京オリンピックをアピールしていただければ。」と手紙を添えていただき、
一緒に、懐かしの日本のお菓子も贈ってくださいました。
b0305039_06043641.jpg
優しいお心遣いに感謝です。
ありがとうございます!m(_ _)m

到着した荷物に興味津々の夫(笑)。
さっそく午後のティータイムに同封された「手作り最中」を一緒にいただきました。

夫はこの最中を「とーっても美味しい!!!」と大絶賛。
次々パクパクと食べてました(笑)

こうしてチーズ教室で過ごした時間が、
今でもお客様の記憶に”心地よい時間”として残っていること、とてもうれしく思います。

日々、チーズ&プーリア(イタリア)がもたらしてくれる素敵なご縁に感謝しきれません。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド

by minamiitalia | 2018-11-25 06:17 | チーズ教室

クリスマス時期のポリニャーノは有料です!

b0305039_01530752.jpg
先週17日からスタートとした、
ポリニャーノ・ア・マーレの有料カード制度。

なにか?というと。

11月17日から午後3時から10時の時間帯に旧市街へ入る人は、
ひとり5ユーロの入場料を支払う制度です。

入場料は現金ではなく、課金制のカードで支払います。
↑これはまた観光客にはハードルがひとつ高くなりましたね、、、

終了期間は地元紙には書かれていませんが
(イタリアの新聞はいつもこうなんです、開始日のみ記載するだけ)

クリスマス12月25日。(と、私は予想)

というのも、この企画は旧市街で行なわれるクリスマスのイベントのためのもの。

ルミナリエでつくられた高さ18mのクリスマスツリーがあったり、
さまざまなショーやクリスマス市(クリスマスに関連した商品を販売する出店がずらーり)が
予定されています。

だから、ポリニャーノ市も無料ではなく元手をとるために有料なんですね。

この発表を受けて、観光で収入を得ている他の町も同様の企画を検討中だとか。
その代表がアルベロベッロ。

冬は圧倒的に観光客が少なくなる夏の避暑地プーリア州。
みんな観光売り上げ増大に向けて必死なんですね。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド

by minamiitalia | 2018-11-22 22:49 | プーリア州の観光情報

叔母の差し入れ

b0305039_01261827.jpg
叔母が差し入れしてくれた
西洋やまももの実(伊語でコルベッツォロ)と手作りのお菓子。

西洋やまももは、叔母もいただきモノ。
畑に自生しているその実は、夫が小さい頃によく摘んで食べていたそうです。

日本では馴染みのないフルーツですよね?
私もこちらに来てから、生の実を見るのは2回目です。

味は日本の「びわの実」とほぼ同じ。というのが私の感想。
夫は「そうかな?びわに近い・・・???」と。

※イタリアでもびわの実は食べます。

イタリアの食材店では、この西洋やまももの実でつくったジャムが販売されてます。

そして、

手作りのお菓子は、叔母が得意なパンツェロッティーニ(小さいパンツェロッティの意味)。
形が郷土料理の揚げピザに似ているので、この名前です。

中には、わが町の特産品であるブドウでつくったジャムがたーっぷり!
甘党のイタリア人が喜ぶ、それは甘いお菓子(笑)
朝食に夫が毎日食べる予定です。

どちらも素朴な味わい。
叔母の優しさが心に染みわたります。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド

by minamiitalia | 2018-11-22 09:25 | 季節の野菜・果物

日曜日ランチ

間が空きましたが、先週日曜日の家庭の味をご紹介!

今回は、カボロリッチという青菜とオレッキエッテ。
b0305039_01213508.jpg
仕上げに風味付け程度に”ペペローニクルスキ”の赤い粉を。
(マテーラで買ったカラブリア名物のペペローニクルスキを粉末状にしてます)

他にもフレッシュトマトやアンチョビ、ニンニクが入ってました。

セコンドは、イカのオーブン焼き。
b0305039_01215394.jpg
中にはパン粉や卵、ニンニク、パセリなどが詰められます。

どちらも、ベテランマンマ(義母)の飾らない家庭の味。
文句なしにボォーノです!!!(笑)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド

by minamiitalia | 2018-11-22 01:24 | 南イタリアの日常2018

マテーラがダリづくしに!

この情報は、プーリア州のお隣バジリカータにあるマテーラのものです。

来月2日から世界遺産の街マテーラに
スペイン人アーティスト”ダリ”の作品が展示されます。
b0305039_17450818.jpg
大小あわせて約150点という大規模な展示。
大きな彫刻作品はサッシ街や広場に展示。
b0305039_17455508.jpg
b0305039_17460992.jpg

2019年のヨーロッパ文化首都に選ばれてから
観光化が進み、開発や文化イベントが着々と進行しているマテーラ。

これからも目が離せません!

ここだけの話ですが。

鉄道や高速道路の改修工事はイタリアなら当然のごとくですが(笑)、
遅れています。

毎月、いろんな大臣が来て視察という名目で尻たたきをしてます。
さてさて、2019年がスタートするまでに全部の工事が間に合うか???

残念ながら、きっと無理でしょうね~、、、
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド

by minamiitalia | 2018-11-16 22:43 | プーリア州の観光情報