人気ブログランキング |

<   2019年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

映画「L'Ufficiale e la Spia」

最近は髪の毛が逆立つほど忙しいのですが。
(要領が悪い私はいつもアップアップです、、、涙)

昨晩は夫孝行で映画「L'Ufficiale e la Spia」を観てきました。

ヴェネチア国際映画祭で審査員特別賞を獲得した作品です。
映画「L\'Ufficiale e la Spia」_b0305039_18542645.jpg
日本ではまだ上映されていない映画だと思います。
(イタリアでは2019年11月21日公開)

夫アントニオの夢は、幼い頃から軍の将校になること。

高校卒業後にモデナにある将校養成学校の入学試験を受け、パスできたものの、
食物アレルギーで引っかかり入学できなかった苦い思い出があるんです。
(食物アレルギーがあると献血や輸血が簡単にできないため)

それでも、夢は夢。
今でもなにかにつけて軍隊ものが大好きです。

プライベートではマルタ騎士団の傘下にあるグループでボランティアとして活動してます。

さて、この映画。

実は週末に義理の父と母が一足先に観にいって
「素晴らしい!」と絶賛していたので期待大だったのですが、、、

私は「ちょっと物足りなかった。」というのが本音。

ストーリーは1800年代後半にフランスで実際に起きたスパイ容疑。

今後日本で公開されて観る人がいるかもしれないので、あまり詳細は書きませんが。

ユダヤ人だというだけで誤認逮捕されてしまう男。
その無実を知って軍と戦う将校の話。

肝心の無実を勝ち取る場面がサクっと字幕で終わってしまった・・・(苦笑)
そこが知りたくて、みんなここまで観たのに。
結局、今までの法廷劇はなんだったのか???

まぁ、映画なのでいろんな制約があるのかもしれませんね。

監督は有名なロマン・ポランスキー。
彼の奥さん(女優)も重要な役で出演しています。

Youtubeに告知編があるので興味がある方はどうぞ!



----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド

by minamiitalia | 2019-11-27 18:00 | 南イタリアの日常2019

12月13日アリタリア航空ストライキです!

12月13日アリタリア航空ストライキです!_b0305039_20541646.jpg
昨日11月25日に一定の時間帯だけストライキを行ない、
137便をキャンセルしたアリタリアが、来月13日に再びストライキを行います。


今度は24時間ストライキを予定。
ストライキは国内レベルなので国際線にはあまり影響はないとは思いますが、
イタリアなので当日なにが起こるかはわかりません。

旅行の予定を立てている方は早めに対策を!

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド


by minamiitalia | 2019-11-26 20:30 | プーリア州の観光情報

プーリアで地震を感知!

山がないプーリア州で地震を感じることは、
2012年にお嫁に来てから2回目。


午前4時前にプーリア州の対岸アルバニアで

プーリアで地震を感知!_b0305039_20362987.jpg
マグニチュード6.5の地震が発生。

現在負傷者は300人を超え、9人の死亡がすでに確認されています。
プーリアで地震を感知!_b0305039_20365240.jpg
プーリアで地震を感知!_b0305039_20370876.jpg

私はベッドで眠っていたのですが、かすかな地震の揺れ(震度1程度)に目が覚め
すぐに落ち着いたので、また夢の世界へ・・・

イタリア国内で揺れを計測したのはプーリア州とバジリカータ州のみ。
今も余震が続いているので州知事は警戒するようコメントを発表。

被害に遭われた方には心からお悔やみ申し上げます。

※掲載した写真は、震源地のあるアルバニアの被害状況です(イタリアではありません)。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド


by minamiitalia | 2019-11-26 19:30 | 南イタリアの日常2019

チーズテイスター上級講座(2019年11月24日)

昨夜は雨の中、チーズテイスター上級講座の最終回「チーズとビールのマリアージュ」へ参加!

有名な地元出身のシェフを招いて、


写真①プリモは「青カビチーズのリゾット カルドンチェッリきのこ添え」

チーズテイスター上級講座(2019年11月24日)_b0305039_22505719.jpg
→水牛乳の青カビチーズなのでとても口当たりがまろやか。
 青カビ特有の刺すような刺激は一切なく、
 ミルクの豊かな風味が口いっぱいに広がり幸せ気分に。
 アクセントのバジリコソースが良い仕事してました!
 
写真②セコンドは「白身魚のフライ ペコリーノチーズソースがけ」
チーズテイスター上級講座(2019年11月24日)_b0305039_22513145.jpg
→こちらはソースが主役の一品。
 ペコリーノ(羊乳チーズ)は熟成期間が短いテーブルチーズタイプ。
 さらにヤギ乳も加えられて酸味が出るかと思いきや、ローリエの風味で酸味が抑えられ、とても上品な仕上がり。
 フライの衣には驚くほどの隠し材料が含まれていました。

写真③ドルチェは「ブッラータのセミフレッド(アイス)」

チーズテイスター上級講座(2019年11月24日)_b0305039_22515729.jpg
→ブッラータと生クリーム、牛乳だけのシンプルな味。
 チョコレートソースは私の好みに比べるとやや甘め、添えられたナスがインパクト大!(笑)。

そして、これらの料理の前にはビールの歴史からはじまりタイプごとの説明がありましたが、
正直、講師はあまり説明上手でなかったです(苦笑)。

その後は、ビールとチーズの組合せを確認するため、
ドイツ産、チェコ産、ベルギー産のビールと写真①~③のチーズを一緒に食べる練習も。

こちらが写真①(手前)と写真②(奥)のチーズ

チーズテイスター上級講座(2019年11月24日)_b0305039_22522700.jpg

そして、会場には写真①と③のチーズの生産者も受講生として参加。
それぞれのチーズの説明をしてくれました。

チーズテイスター上級講座(2019年11月24日)_b0305039_22532371.jpg

しかも!写真③のブッラータチーズは今年のチーズアワードでパスタフィラータ部門No.1に輝いたチーズ。
ひとつ500gの重さでどっしりと貫禄がありました。

チーズテイスター上級講座(2019年11月24日)_b0305039_22534897.jpg

生産者は金髪美女マリアさん。
男性社会のチーズ業界で女性職人としてがんばっています。指をみると驚くほど太い!
これは長年仕事でモッツァレラチーズなどのパスタ・フィラータを作り続けているから。

最後にこれらのチーズディナーの料理をつくってくれたシェフをご紹介。
ノーチ出身のアドリアーノ・ドンギア氏。

チーズテイスター上級講座(2019年11月24日)_b0305039_22552784.jpg
イトリア谷シェフ協会の会長を勤められています。

ビールとチーズの組合せは初めてで意外性を付かれましたが、なにかと勉強になりました。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド


by minamiitalia | 2019-11-25 22:00 | チーズテイスター上級講座

お客様の感想をご紹介!(ワイナリー訪問)

先日、ワイナリー訪問を楽しんでいただいたお客様より有難い感想が届きました。


プーリアワインも世界レベルで認知されてきています。
日本ではあまり知られていないプーリアの実り、
美味しいワインに興味がある方はお気軽にお問合せください!

お客様の感想はコチラから↓

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

先日はワイナリーのご案内有難うございました。

丁寧なご説明、アテンドでとても充実した時間が過ごせました。

Bioワインの新たな発見もできたし、南イタリアの土着品種にガゼン興味が湧きました。

土着品種は難しい、、、というのが多くの日本人の考えでそれは間違いないと思いますが、
今回のような作り手さんの話などをお聞きすると、それが良いんだ、、って思いました。

今回の旅でプーリア地方の食文化にとても魅力を感じましたので、 更に深く知りたく思っています。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

写真は、お客様が訪れたワイナリーの看板品種”ネロ・ディ・トロイア”のぶどうです。

お客様の感想をご紹介!(ワイナリー訪問)_b0305039_19420760.jpg
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド

by minamiitalia | 2019-11-25 19:00 | チーズ教室

バーリ旧市街のオレッキエッテ通りが消滅する?

今日のプーリアは雨。

イタリアでは再び全国的に降水量が増え、
北のジェノヴァが甚大な被害を受け、ヴェネチアも再びアックアアルタで困窮しています。


そして、昨日から日本滞在中のローマ法王が広島で式典をする様子を国営放送RAI1が生中継。
イタリア人も夢中で観てます。

さて、今週金曜日に地元プーリアで話題になったのが。

バーリ旧市街にあるアルコ・バッソのオレッキエッテ通り。

バーリ旧市街のオレッキエッテ通りが消滅する?_b0305039_20474797.jpg

私も以前、バーリの1日観光モデルコースでご紹介していますが、
バーリ観光では外せない場所。

プーリアマンマが道端で名物パスタの”オレッキエッテ”を手作りする様子が見られるスポットです。

実は、今週市内にあるレストランが罰金を受けました。
理由はパスタの入手ルートが明らかでないから。
(製造者、販売者、賞味期限の表示なし)

このレストランは旧市街のアルコ・バッソのとあるマンマから毎日仕入れていたのです。

ということで、当然、警察はこのアルコ・バッソにも捜査の手を伸ばしたのですが、、、

プーリアマンマは強い!(特にバレーゼは別格、笑)

「ここには市長や州知事だってよそからやってくる知人を連れてきては、
自慢げに私たちのつくったオレッキエッテの素晴らしさを語るのよ。言うなれば、旧市街の名物でしょ。」


と、反論にでました。

ただ、以前からパスタ作りに関わる不衛生な面(素手での作業、作業帽の着用なし)や
表示義務&納税に関する事項(レシートを発行しない)も指摘されていたのも事実。

続けて、マンマたちの言い分は、

「きちんと問題点を解決することもできるけど、そしたら、今1袋5ユーロの商品は10~15ユーロになるわ。
=買う人がいなくなる」。

さて、捜査当局とマンマたちの争いはどうなることか?

もちろん彼女たちはパスタを買う人がいるからこそ、こうして目の前で手作りするのです。
仕事にならなければやる意味がありません。

バーリ旧市街の華でもあるこのマンマたち。
引き続き、伝統的なパスタ作りをこれからも多くの人たちに見せてもらいたいものです。

以前、記事にてご紹介した「バーリ1日観光のモデルプラン」はコチラからご覧ください。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド


by minamiitalia | 2019-11-24 19:00 | プーリア州の観光情報

チーズテイスター上級講座(2019年11月15日)

9月から通っている上級テイスターも第9回目となり、
無事に座学の最終回を先週迎えました。


今回は「チーズの栄養とダイエットとの関係」がテーマ。

バーリ大学のデ・ベッリス教授を講師に迎えて

チーズテイスター上級講座(2019年11月15日)_b0305039_19081150.jpg
国や人種ごとの牛乳の摂取量や体質、細胞学、微生物学など盛りだくさんの内容。。。

例えば、これは、母乳が細胞に及ぼす役割&現象を説明するスライドの一枚。
チーズテイスター上級講座(2019年11月15日)_b0305039_19083473.jpg
はっきりいって大半は理系の講義内容です。(苦笑)

テイスティングチーズは3種類。

北伊・アルトアディジェ地方の珍しいチーズ「Graukase(グラウカーゼ)PAT」の熟成違い2種

熟成期間1ヶ月以内の若いチーズ。

チーズテイスター上級講座(2019年11月15日)_b0305039_19111556.jpg
こちらはさらに熟成して、
熟成期間3ヶ月以上のカテゴリー。
チーズテイスター上級講座(2019年11月15日)_b0305039_19113054.jpg
そして、イタリアを代表するウォッシュチーズ「Taleggio(タレッジョ) DOP」。
チーズテイスター上級講座(2019年11月15日)_b0305039_19115327.jpg

はじめて食べたグラウカーゼは脱脂乳でつくるのでヨーグルトような酸味が特徴。
これを美味しいと取るか?は個人の好みです(笑)

現地ではチーズ単体で味わうよりも料理の材料として使われることが多いとか。

南伊プーリア人には「くさい!まずい!」と不評でしたが、
本場なら絶品チーズとして評価されることでしょう。

タレッジョはすでに何度もテイスティングしている有名チーズ。
今回のチーズは状態もよく高得点でした。

さて、残るラストの講座はレストランで実施。
チーズと飲み物&料理のマリアージュの回です。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド


by minamiitalia | 2019-11-22 17:00 | チーズテイスター上級講座

ワイナリー見学にご案内

今日はお客様をワイナリーへご案内!


信頼する小規模生産者のもとへ。
このワイナリーは小さく家族経営ですが、ワイン造りに注ぐ情熱と信念がケタ外れ。

作り手のフィロソフィーと情熱を交えて彼らのワイン造りを説明してくれるのは、
オーナー夫人&広報のLちゃんです。

さて、このワイナリーの看板商品は「ネロ・ディ・トロイア」。
ワイン好きの方なら知っているかもしれません。
北プーリアを代表する土着品種のひとつです。

ワイナリー見学にご案内_b0305039_19420760.jpg

プーリアのワインを美味しいと評価しない方もいるかもしれません。

それは、80年代には”質より量”を優先して収穫したブドウはすべて北や中部イタリアに送っていたから。

なぜなら中北部のブドウの味や色は太陽がサンサンと輝く南イタリアに比べて薄いので、
それを補強するために南からブドウを仕入れて味と色味に深みを出していたのです。

よって、第2カテゴリーのブドウとしてのイメージがついてしまったため。

これはプーリアの歴史上あまり地元民が誇れることではありませんが、、、

その中北部によく送られていた品種の代表格が味わいも色味も強い、
このネロ・ディ・トロイア。

ワイナリー見学にご案内_b0305039_19423892.jpg
このブドウの歴史は古く、
プーリアをこよなく愛したフリードリッヒ2世もこのブドウで造るワインがお気に入りでした。

プーリアでは近年ブレンド用のブドウを栽培するという意識が低くなり、
特に若手を中心にして土着品種にこだわった個性豊かなワイン造りをするワイナリーが増加中。

今日訪れたワイナリーもまさしく!
エノロゴ(醸造家)を中心にBIOワインにこだわり、飲む人に優しいワインを世に送り出しています。

「高品質なワインは畑からはじまる」というフィロソフィーを掲げる彼ら。
毎日畑と向き合い、手間隙がかかる作業をモクモクと続ける。
職人気質な作り手です。

ワイナリー訪問ではブドウ畑の見学からはじまり、製造工程の説明の後、4種の試飲。

ワイナリー見学にご案内_b0305039_23595476.jpg
試飲のお供にはLちゃんお手製のブルスケッタなども並びます。
ワイナリー見学にご案内_b0305039_00012711.jpg

何度訪れても彼らの情熱が注がれたワインを味わうと、
またこのワインが飲めることが至福!と感じちゃいます。

これからも応援したい私にとって大切な1軒です。

今年のブドウの収穫時期は終わりましたが、
秋の装いのブドウ畑を見学して、のんびりと試飲タイム。

落ち着いた旅を望まれる方には適した季節です。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド


by minamiitalia | 2019-11-20 23:00 | チーズ教室

アルベロベッロから1駅!ミシュラン掲載の美食店「アンティカ・ロカンダ」

プーリア州が誇る世界遺産の町アルベロベッロから電車で1駅のノーチ(Noci)にある
美食レストラン「アンティカ・ロカンダ」をご紹介します!


今月上旬に訪れて美味しい料理の数々にお腹がはちきれそうになったお店です(笑)。


シェフのパスクワーレ氏はノーチを”美食の町”として有名にした立役者。
今では地元TVでも引っ張りだこの人気シェフ。

提供される料理は、土地の食材でつくる季節を反映した郷土の味。
前菜が多いプーリア料理ですが、このお店でも11品程度の前菜が登場します。

胃袋に自信がある人や大人数で訪れる場合は、
ぜひデグスタツィオーネ(試食)メニューにTRYを!!

ひとり35ユーロで前菜+主食+メインディッシュ+デザートがセットで提供されます
(注文は2人前から)。

もちろん、前後の食事は抜く前提です(笑)。

地元では有名なお店、もちろんミシュランも見逃しておくわけがありません!
”質の高い料理を提供する店”として評価しています。

詳しい内容は、こちらの記事↓をご覧ください。
プーリアを旅する方のお役に立てれば幸いです。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド


by minamiitalia | 2019-11-18 17:30 | プーリア州の観光情報

バルセロナで魚介タパスを食べるなら!ビニトゥスへ

先々週に書いたバルセロナのオススメ!タパスレストランの記事がようやく公開されました。

今回はタイトルを編集の方が修正してくださいました。。。
あ~情けない。

未熟な私は制限文字数内でより良いタイトルを付けることにいつも悩まされます(笑)。

さて、今回ご紹介するのはバルセロナの観光名所のひとつ、
有名建築家ガウディ作の「カサ・バトリョ」から徒歩3分、カタルーニャ広場からも徒歩10分と
立地バツグンのお手軽タパス屋さんです。

タパスはスペインの小皿料理。
日本的にいえば、スペイン風居酒屋です。

さらに、このビニトゥスはバルセロナきっての人気店「セルベッセリア・カタラーナ」の系列店。
味は地元常連客のお墨付!
食べて、飲んで、予算はひとり15~30ユーロです。

日本人にはうれしい魚介タパスがウリのお店。
いろんな調理法で提供される鮮度バツグンの魚は、何回訪れても飽きさせません。
実際、私も滞在中2回訪れました(笑)
このお店のリピート率の高さは驚くものがありますよ。

興味がある方は、こちらの記事↓をご覧ください!!
メモしておいて損はないお店です。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド

by minamiitalia | 2019-11-18 06:00 | 第三の故郷スペインの旅