麦の料理

現在プーリア州は小麦の収穫真っ只中。
小麦畑は伸びた穂がバッサリと切られ、さっぱりした風景に変わっています。

そして、この季節に食べられる料理が「小麦」のサラダ。
b0305039_05008.jpg

以前ブログでライスサラダを紹介しましたが、お米の代わりに煮た小麦を使った料理です。
小麦のプチプチとした食感が楽しくあっという間に美味しく平らげてしまう一品です(笑)
しかし、この小麦のサラダには必ず入れる材料があります。
紫タマネギ、黒ヒヨコ豆、ソーセージ。
どれも近郊の町の特産品です。
もちろん主役の小麦はわが町の特産品です。
こうして昔からそれぞれの町の名物を合わせて、夏の暑い時期にさっぱりとしたサラダにして食べていました。

今年はおばさんの小麦畑の収穫風景を見せてもらう予定でしたが、都合が合わずに断念(。-_-。)
来年こそは自分のこの眼で必ず見たいと思います。

そして、収穫された小麦はどこへ行くのか??気になりますよね。
自家用には使いません。
パスタ会社が買い取ります。
そして、美味しいパスタとなってヨーロッパをはじめ海外へ輸出されていきます。

同じプーリアでもさらに南のレッチェ周辺では大麦の栽培が盛んです。
ここでできる名物のパンがあります。
それが”フリゼッラ”。
b0305039_0573534.jpg

もともとは漁師さんが漁に出る際に食料として持ち込むために考え出されたパンです。
すごーく固くてそのままでは食べることができません。
食べる直前に水にさらして、ブルスケッタのようにして食べます。
常温で1ヶ月以上保管できるありがたく重宝なパンです。

夏の夕食は、火を使わずにできる冷たいものが食べたくなりますよね?!
そんなときに便利なのが、このフリゼッラです。
イタリアのスーパーで見かけたら、ぜひ試してみてください♪
[PR]
# by minamiitalia | 2014-07-11 01:06 | イタリアならではの食べ物

今年もいよいよセール開始です!

今月5日からスタートした、イタリアの夏セール♪

毎年都市によって開始日が少しずつ違いますが、
今年は5日(土)スタートの町がわんさか。

プーリア州の州都バーリも、5日から待ちに待ったセール初日を迎えました!!

当日の午前中に夫を説得して、午後一番の開店時間に間に合うようバーリへ到着。

ちなみに南イタリアのお店は、
朝9時~13時まで営業、午後17時から再び開店し20時くらいまで営業。というパターンが通常です。

日本のように営業時間が連続していないので、お越しの際はご注意ください。

さてさて、
今年の私のセールターゲットは「サンダル」。

さっそくお気に入りのショップへ。

すると、、、(((o(*゚▽゚*)o)))
b0305039_1443070.jpg

適度な高さのヒールといい、シルバーのクールさ。
一目で気に入りました♡

そして、そして、

なんと70%OFF!!!!!

この割引率に
「セール初日にいきなり、いいんですか???」と、お店の人に突っ込みたくなりました(笑)

写真のサンダルと他3足、合計4足を即購入。

私の足のサイズは23.5cm(伊サイズで37)。
イタリアでも一番人気のサイズです。

だからこそ、
セール初日の品揃え豊富なときにこそ買わなければなりません。(。-_-。)

そして、充実したセールの後は、友人とお肉の町「サン・ミケーレ」へ。

ここの町の名物。

それは、、、

サルシッチャ(ソーセージ)
b0305039_1522276.jpg

この渦巻き状の牛肉のソーセージを、地元では「ザンピーナ」と呼びます。
(写真は一人前)

噛むと、中からジューシーな肉汁が溢れんばかりにでてきます《*≧∀≦》

この他にも
トリッパ(モツ)のトマト煮込み、鳥のあぶり焼き、レバーなど
合計5品の肉料理とビールなどの飲み物で、料金は驚くほど安い。^皿^

お店の雰囲気も良し!

テラス席があり、爽やかな風がサラサラッ~っと体に伝わってきます。

あぁ~涼しい。
b0305039_156525.jpg


イタリアの夏セール期間はお店にもよりますが、だいたい1ヶ月くらいと思ってください。

もちろん、ハイセンスなイタリアンブランドもセール開催中です。

通常夏セールは7月、冬セールは1月です。

お買い物が大好きな方は、このお得な期間にイタリア旅行を計画してくださいね。
[PR]
# by minamiitalia | 2014-07-09 02:05 | 南イタリアの日常2014

リコッタチーズのパスタ

今日のランチは義母が「リコッタチーズのパスタ」を作ってくれました。
リコッタチーズのパスタには”ビアンコ(白)”と”ロッソ(赤)”バージョンがありますが、今日は白!(^0^)/

b0305039_21302023.jpg

あまり美味しそうな写真に見えませんが(苦)、味はチーズ好きならたまらなく気に入りますっ!!
なぜなら、このパスタはリコッタチーズの味そのものが美味しさを左右する一品だからです。

やはりフレッシュチーズは作ったその日のうちに消費するのが基本。
食べるその日にチーズ屋さんに足を運んで買った新鮮なリコッタチーズが材料。
買ったときは出来立てでまだほんのり温かかったんです。消費者のヨロコビ~(*/▽\*)

そして、作り方はシンプル。
1.リコッタチーズにパスタの茹で汁を入れてクリーム状になるまでよく混ぜます。
2.そこにレモンの皮のすりおろし、ナツメグを入れ、さらによくかき混ぜます。
3.茹でたパスタを2に入れ、全体を軽くかき混ぜ完成。
4.最後にお好みで黒コショウまたは白コショウをかけてお召し上がり♪

この料理に使うパスタはショートパスタ。
中でもプーリア名物のオレッキエッテが相性バツグンです。(^o^)v
他にも中心が窪んでいる形のパスタであれば、何でもOK。

ふんわり甘~いリコッタチーズに爽やかなレモンの風味、そして、ナツメグがスパイシーに味全体を引き締めます。
義母は子供の頃からずっとこのパスタ料理を食べて育ちました。
かれこれ60年。
今でもこのパスタを食べると、義母は幼少期の食卓を思い出すそうです。

次回はわたしが作って義母孝行をしたいと思います☆
[PR]
# by minamiitalia | 2014-07-02 21:48 | イタリアチーズ

1ヶ月待ったブーケ

日曜日の夕方、日差しがやっと落ち着く夕方18時。
毎週日課のカンパーニャ(畑)へいつもと同じ義母、夫、私と愛犬2匹で向かいました。
いつもと変わらない日常に安心感を覚える今日この頃。
こちらに来て3年目。
少し前までは初めて体験することも、最近では日常に変わってきました。(*^_^*)

ここ最近、ずーーーっと気になっていることがあります。
それが”オレガノ”。(伊語でorigano)
この時期に収穫するハーブですが、1ヶ月前からカンパーニャに来るたびにチェックしていてもまだ花が咲かない。ヽ(´o`;
オレガノを収穫するタイミングは「花が咲いたとき」。
この鉄則を守るべき、ずーっとこのタイミングを待っていました!

そして、ようやく、、、、、咲いたっ!!!
b0305039_22402985.jpg

さっそく義母と二人で収穫開始=3
オレガノを1本ずつ丁寧にハサミで切り、ヒモで束ねます。
そうすると、なんともカワイイブーケに♡
b0305039_2242749.jpg

このまま風通しの良いテラスで5日間ほど乾燥させて、フタつきの容器に保存。
これで一年中大活躍の乾燥調味料(ハーブ)に大変身!
わが家ではフォカッチャやパスタ・アル・フォルノを作るときにオレガノは欠かせません。
今まではずっと義母のを拝借していましたが(笑)、今年からは「マイ・オレガノ」が登場です♪♪

つい最近まで、プーリアの天候はとても不順でした。
大雨が1週間続けて降ったことも。はたまたヒョウが降ってきたことも。
今は、カンカン照りと言ってもよいくらいの眩しい太陽を毎日見ることできます。
「あと少し、、あと少し、、」そうして、待つこと1ヶ月。
ついに手に入れたオレガノ。しかも、カワイイブーケとなってくれました♪(っ´∀`c)
感謝の気持ちもヒトシオです。

わが家の畑にはオレガノのほかにも、台所を陰で支えるハーブ君たちがいます。
■ローズマリー
b0305039_2255773.jpg

肉料理にはもちろん、ポテトのオーブン焼きにも使われるイタリア料理定番のハーブです。
■セージ
b0305039_22553775.jpg

こちらは主に肉料理で使われます。
どのハーブも夏の猛暑を前に今は元気な姿です。

季節のモノを収穫して、方法を工夫して保存、そして一年間の生活に生かす。
こうして昔から自然の恵みで生活が成り立っているんだなぁと改めて感謝。
[PR]
# by minamiitalia | 2014-06-30 23:04 | 田舎のできごと

ズッキーニの花

日曜日のランチ。
今日のメニューは、ズッキーニの花を使ったフリッタータが主役!!
b0305039_20104096.jpg

フリッタータは伊語で「卵焼き」のことです。

初夏から市場に出回るズッキーニの花。
b0305039_2020416.jpg

意外や意外、こちらでは高級食材。
200グラムで1.5ユーロという高値で取引されています。
シーズン初めは花の苦味を味わうためフライにして豪快に食べ、シーズン半ばではリゾットやフリッタータにして食べる傾向があります。
苦味といっても心地よい”大人の苦味”(´∀`人)
男女問わず人気の食材です!!

さて、フリッタータの作り方はとっても簡単です。
卵にパルミジャーノ・レッジャーノチーズの粉末、塩、ミントの葉、ズッキーニの花を入れてよく混ぜ合わせ、焼きあげれば完成。
焼き加減は外がカリっと、中はふっくらに。焦がさないように要注意です。
b0305039_20204668.jpg


そして一緒に合わせるプリモピアット(主食の皿)は、手作りオレッキエッテにソーセージとミニトマトを合わせたこちらの一品。
b0305039_20162823.jpg

手作りだと味わいも感慨深いものがありますね~(о´∀`о)

昔からイタリアで日曜日のランチは、”時間”と”愛情”をかけて作るもの。
私も少しずつイタリア人の習慣に染まり始めてきました。
[PR]
# by minamiitalia | 2014-06-29 20:22 | イタリアならではの食べ物