ONAF定期勉強会へ!

先週、私が所属するONAF(伊チーズテイスティング協会)の定期勉強会へ参加してきました。
b0305039_17002147.jpg
参加者は約50名。

今回のテーマは「バジリカータ州のチーズ」。

同じ生産者がつくる羊乳、山羊乳、牛乳とミルクちがい&熟成期間の異なるチーズ
b0305039_16592786.jpg
と、

世界チーズコンテストで優勝した生産者の3段階で熟成期間の異なるカチョカヴァッロ
b0305039_16594564.jpg
と合計7種のテイスティング!

カチョカヴァッロはワインとの組合せも探求。

今回はプーリア州の世界遺産カステルデルモンテの麓にあるワイナリーを招待。
チーズとワインのマリアージュを提案してくれました。
b0305039_17000296.jpg
今年のONAF講座修了生(私は昨年修了)には、ソムリエがたくさん!
このマリアージュの話題も盛り上がりました♪

そして、偶然にも仕事でお世話になっているワイナリー担当者も今年の修了生として参加してることを知り、
学生が多かった私の回に比べて「ONAF BARI支部」の存在がどんどん有名になっていることを実感した次第です。

年内のチーズに関する活動はすべて終わり。
来年も楽しいチーズ年になりますように。



イタリアはすでにクリスマス前の仕事納めWEEKです。
この時期は医者や弁護士、教授などの専門職の方々は早々に海外旅行にでかけていきます(苦笑)。

そして、ご存知の方も多いと思いますが。
こちらイタリアのクリスマス期間は12月24日から1月6日のベファーナまで。
長いクリスマスバカンスが、陽気なイタリア人をさらにウキウキさせてしまう時期です(笑)

皆様も素敵なクリスマスをお過ごしくださいね。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド

[PR]
# by minamiitalia | 2018-12-21 17:13 | 南イタリアの日常2018

日本からの贈り物

今週は、日本から有り難いプレゼントが届きました!
b0305039_19571754.jpg
日本食材とお煎餅がた-くさん。
少し早いクリスマスプレゼントを頂いた気分です♪♪

今は、欲しかったモノが目の前に広がるシアワセを嚙み締めています(笑)

送り主は2年前にチーズ教室に滞在してくれたご夫妻。
今でもこうして交流が続いてることに感謝です。

私たち夫婦からのお礼の品はイタリアからすでに出発。

速い日本の郵便事情と比較にならないイタリアですが(汗、
一日も早くお手元に届きますように!

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド

[PR]
# by minamiitalia | 2018-12-19 19:58 | 南イタリアの日常2018

日曜日の家族ランチ

最近は天気と同じくらい私の体調も冴えませんが、、、

どーしても食べたい!と以前から思っていた2品を
昨日の日曜日ランチに義母が用意してくれました。


プリモはタリアテッレ・アッラ・ボロニェーゼ。
(挽肉入りトマトソースのパスタ)

b0305039_23205052.jpg
セコンドは、カラマリ・フリット(イカフライ)。
b0305039_23211006.jpg
ドルチェは懐かし(笑)のリンゴタルト。
b0305039_23214978.jpg
ここ1年くらい義母のダイエットの影響でその姿を見かけなかったリンゴタルト。

ひさしぶりの味は、やっぱりほっこりする優しいマンマの味。

今日のプーリアは雨。

最近は雨か曇りの日ばかりです。
クリスマスに向けて町のイルミネーションが増しているのに、
あいにくの天気で残念!

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド


[PR]
# by minamiitalia | 2018-12-17 23:46 | 南イタリアの日常2018

【閉店のお知らせ】パオロの食材店

当チーズ教室オープン以来、
お客様のご希望で”無料でご案内していた食材店”「パオロのお店」が年内で閉店します。
b0305039_22595451.jpg
すでにこのお店を訪れた方は、旅の思い出深いヒトコマとなったことでしょう。

そのお茶目な人柄とウェルカムムード満載のオーラで
多くのチーズ教室のお客様を迎えてくれたパオロ。
b0305039_22585696.jpg
私が主催するボランティアの日本ツアーでは、
当チーズ教室のお客様との再会を子供のようにはしゃぎ、楽しんでいました。

日本と同じように個人商店の後継者問題は深刻で、
彼のお店も後継者不在が原因で、52年の歴史に幕を下すことになりました。

2年前までは「娘の代になってからもよろしくね!」と言っていた彼。
私を含めこのお店に通う人は世代交代がそのうちなされると思い込んでいました。

しかし、お嬢様にもいろんな事情があるのでしょうね。
結果、このような結末に。

そこで、今まで希望者に無料でご案内していた
「食材店でのショッピング」はひとまず終了とし、
従来どおり「キッチン雑貨のお店」へのご案内は継続します。

わが町の銘店としても有名だったパオロのお店。
ハイクオリティ&ご当地の食材に重点を置いていたすばらしいお店でした。

b0305039_23005854.jpg
年内までの営業ですが、
パオロ本人いわく「来年も在庫処分がある程度できるまでは営業する」とのことです。

よって、1月に当教室に滞在されるお客様はご安心ください!


----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド


[PR]
# by minamiitalia | 2018-12-17 23:02 | チーズ教室

実技レッスン最終回

今週はプーリア北部ガルガーノ半島で初雪。

標高の高いアルタムーラ周辺でも雪が降るほど寒い日が続いていますが、
月曜日の夕方、製造者向けチーズ講座の実技レッスンへ参加。

今回は、講座参加者のひとりが勤務するアグリツーリズモのチーズ工房を訪問。

ここは珍しいことに「ポドリコ牛」専門!
b0305039_21315929.jpg
ポドリコ牛は、通常州北部ガルガーノ半島にいる乳牛。
乳量がきわめて少ないことから、希少価値のあるチーズが生まれます。

特にカチョカヴァッロは有名な特産品です。
b0305039_21323776.jpg
今回のレッスンでは、実技はプロのチーズ職人さんのみ。
(みんなでカチョカヴァッロの成形を担当してました)

★ロビオラチーズの製造方法

★ブッラータLightの製造方法(生クリームを植物性ファイバーで薄める)
b0305039_21331648.jpg
★ストラッチャテッラチーズの製造方法

★カチョカヴァッロの製造方法 ← メイン!
b0305039_21342629.jpg
b0305039_21341513.jpg
b0305039_21340428.jpg
b0305039_21351486.jpg
★ポドリコ牛のモッツァレッラチーズとカチョカヴァッロの試食

以上の内容でみっちり3時間!

今回のレッスンで思ったことは、、、

ポドリコはカチョカヴァッロチーズにするのが一番美味しい!
ということでした(笑)

このアグリではモッツァレッラチーズ等フレッシュチーズも製造してましたが、
味は正直イマイチ、、、

そして、このアグリはなんとターラント県にあります。
北部ではなく、南部にもポドリコ牛が700頭飼育されている場所があるとは!
ある意味、驚きの発見でした。

最後に受講者のひとり、ベテランチーズ職人さん(職人歴30年)の
手のひらを見せてもらいました。

毎日モッツァレッラチーズを造りつづけると、
手のひらがこのように赤くなり、皮膚は固くなります。
b0305039_21364240.jpg
「職人の勲章だぁ!」と自慢げな彼。
向上心がとても強い方でよい刺激をいただきました。

これでオプションの実技レッスン2回も無事に終了。
製造者向けチーズ講座の全プログラムを終えて、無事に年末を迎えることができます。

明日は、ONAF(伊チーズテイスティング協会)の定期勉強会に参加。
師走もチーズと戯れて、幸せな時間を過ごしてます。
感謝

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド

[PR]
# by minamiitalia | 2018-12-13 21:41 | 製造者向けチーズ講座