人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ピスタチオ生産者を訪問!

※この情報はプーリア州のお隣りバジリカータ州の観光情報です。

ピスタチオ生産者を訪問!_b0305039_00425873.jpg

コロナ前から注目していたバジリカータ州の
「ピスタチオ生産者」を訪問してきました!


イタリアのピスタチオの産地といえば、
言わずもがなのシチリア州のブロンテ村。


近年知ったのですが、
実はブロンテで消費されるピスタチオの量は、現地で収穫する量を上回っているそうです。


つまり、、、


他の場所で生産されたピスタチオがブロンテ村に運ばれて
ジェラートやピスタチオ料理となって現地で消費されているということ。


ブロンテでは2年に一度しかピスタチオを収穫しないので、
世界からの需要に応えられる量は確保できないそうです。


では、


どこからピスタチオは運ばれてくるのか?


それが「バジリカータ州」なんです。


びっくりな現実ですが、このことを知ったのは偶然。
そこで、以前から気になっていたピスタチオ畑の見学に行ってきました。


場所は世界遺産の街「マテーラ」から車で1時間。
人口1500人程度の小さな町です。
ピスタチオ生産者を訪問!_b0305039_00415692.jpg

案内してくれたのは、この町で生まれ育ったG氏。
彼は生産者訪問を有料で受付けてます。
ピスタチオ生産者を訪問!_b0305039_00403262.jpg

山肌にそって並ぶ25ヘクタールに及ぶ広大なピスタチオ畑は、
驚くほど新鮮な光景でした。
ピスタチオ生産者を訪問!_b0305039_00420799.jpg

足元に目をやると、、、粘土質の大地。

雨が降ると車も通れないほど滑りやすくなるそうです。
ピスタチオ生産者を訪問!_b0305039_00434653.jpg

はじめて見るピスタチオの実。
赤ピンク色に熟した殻は意外にも可憐な装い。
ピスタチオ生産者を訪問!_b0305039_00424775.jpg
実は熟すと緑色からこの赤ピンク色になり、最後には殻が自然に割れるそうです。


畑には鈴なりに実がなった木もありました。
ピスタチオ生産者を訪問!_b0305039_00430936.jpg


そして、ピスタチオは植えてから実を収穫できるようになるまで
最低で7年はかかるそう。


大きな木になると樹齢300~400年のものが世界に存在します。


ピスタチオについていろんな説明を聞きながら、
その場で枝から実を取り試食。
ピスタチオ生産者を訪問!_b0305039_00432178.jpg

フルーティーさと上品な甘さにピスタチオの概念が覆りました!
ピスタチオ生産者を訪問!_b0305039_00423442.jpg

私たちが体験した見学の流れは以下です。


1)G氏の四輪駆動車で移動しながら、畑を見学。

2)樹齢と種類が異なる2つのピスタチオの畑を見せてくれ、途中に実を試食。

3)町に戻り、ピスタチオ製品の試食



2時間という短い時間をG氏と過ごして、彼のピスタチオへ捧げる熱い情熱には感服。
心からピスタチオと自分の村を愛していることが伝わってきます。


ちなみに、彼のピスタチオはすべてオーガニック。
オーガニック認定もきちんと受けてます。


現在は、IGP取得に向けて仲間と取り組んでいるそうです。


彼のピスタチオはマテーラの多数のお店に納品されているので、
現地で食べるジェラートや料理として味わうことができます。


畑の見学の後は「ピスタチオ製品の試食」
どんな試食を体験したか?の投稿はこちらの記事をご覧ください!




今日のおやつには、さっそくピスタチオのお菓子を(笑)。
やみつきになってます。
ピスタチオ生産者を訪問!_b0305039_00411928.jpg

見学時に撮った他の写真も一緒にここに載せます。
現地の様子を知っていただければ。

ピスタチオ生産者を訪問!_b0305039_00433302.jpg
ピスタチオ生産者を訪問!_b0305039_00422291.jpg
ピスタチオ生産者を訪問!_b0305039_00414542.jpg
ピスタチオ生産者を訪問!_b0305039_00413314.jpg
ピスタチオ生産者を訪問!_b0305039_00410845.jpg
ピスタチオ生産者を訪問!_b0305039_00405585.jpg


※※※ピスタチオ生産者訪問(試食付き)に興味がある方へ※※※


主宰する「南イタリアチーズ&料理教室」でオリジナルプランとしてご案内することが可能です。

“マテーラ観光&ピスタチオ畑の見学”をセットにして、1日観光プランとして組むことが可能です。


お問合せはお気軽に教室HPよりどうぞ。





【ブログランキングに参加中!クリックで応援よろしくお願いします。Grazie!】

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
イタリアの“かかと”プーリア州で美味しいレッスン開催中!★★南イタリアチーズ&料理教室★★

当教室は、2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。
郷土料理&菓子レッスン、チーズ作り体験、「プーリアの食」を巡る旅etc なんでもおまかせください。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド
プーリアの食卓の風景をお届けする、新ブログ「プーリア家庭料理図鑑」も日々更新。

# by minamiitalia | 2021-08-21 23:30 | プーリア州の観光情報

市場に流通開始!プーリア産ブランドのモッツァレラDOP

市場に流通開始!プーリア産ブランドのモッツァレラDOP_b0305039_18521880.jpg

イタリアチーズ業界で近年誕生したDOPチーズのひとつ。


「モッツァレッラ・ディ・ジョイア・デル・コッレ」
市場に流通開始!プーリア産ブランドのモッツァレラDOP_b0305039_18533828.jpg

長い名前ですが、
意味はジョイア・デル・コッレ(町の名)のモッツァレラです。


このチーズの最大の特徴は、
「年の半分以上を放牧した牛の乳で作られること」。


生産できる地域は、、、


■プーリア州中部の内陸(主にムルジャ地区)
■お隣りバジリカータ州のマテーラ近郊


世界遺産の「アルベロベッロ」も「マテーラ」も生産指定地域に含まれているので、
今後滞在するときにはスーパーやレストランでチェックしてください。
市場に流通開始!プーリア産ブランドのモッツァレラDOP_b0305039_18520502.jpg

私も近所のスーパーで現物チーズをさっそく購入。
市場に流通開始!プーリア産ブランドのモッツァレラDOP_b0305039_18541236.jpg

賞味期限が16日間と驚くほど長いですが、
州外や海外への輸送を考慮しての苦肉の策。
市場に流通開始!プーリア産ブランドのモッツァレラDOP_b0305039_19021079.jpg

味わった感想は、、、
市場に流通開始!プーリア産ブランドのモッツァレラDOP_b0305039_18531327.jpg

■ミルクの甘さが製造後一週間でも分かる上質な乳を使用している。
■フレッシュさはできたて時よりかなり失われてる、、、



でも、


手軽にプーリアの味を知ることができるチーズとしては優秀です。


ちなみに、チーズの断面はこんな感じです。
市場に流通開始!プーリア産ブランドのモッツァレラDOP_b0305039_18540071.jpg

この日のランチは、郷土の乾燥パン「フリゼッラ」とこのチーズでした。
市場に流通開始!プーリア産ブランドのモッツァレラDOP_b0305039_18523135.jpg

これから日本を含めて海外への輸出も始まると思います。️
イタリア国内&日本で見かけたら手にとって見てくださいね。


牛乳製モッツァレラとしては、
世界で初めてEUが認めたご当地モッツァレラです。



【ブログランキングに参加中!クリックで応援よろしくお願いします。Grazie!】

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
イタリアの“かかと”プーリア州で美味しいレッスン開催中!★★南イタリアチーズ&料理教室★★

当教室は、2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。
郷土料理&菓子レッスン、チーズ作り体験、「プーリアの食」を巡る旅etc なんでもおまかせください。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド
プーリアの食卓の風景をお届けする、新ブログ「プーリア家庭料理図鑑」も日々更新。

# by minamiitalia | 2021-08-21 18:00 | プーリア州の観光情報

教室があるわが町のレストランAzeziumの紹介!

教室があるわが町のレストランAzeziumの紹介!_b0305039_18123099.jpg

昨夜は「南イタリアチーズ&料理教室」がある
わが町のレストラン「Azezium」(アゼズィウム)で友人と食事。


ガイドブックにも載っていない小さな町なので
レストランも観光地と比べると数が少ないです。


ですが、


このお店もオススメする美味しい一軒。


プーリア流の盛りだくさんの前菜をベースに、
教室があるわが町のレストランAzeziumの紹介!_b0305039_18120504.jpg
教室があるわが町のレストランAzeziumの紹介!_b0305039_18121884.jpg
教室があるわが町のレストランAzeziumの紹介!_b0305039_18124194.jpg
教室があるわが町のレストランAzeziumの紹介!_b0305039_18114205.jpg
教室があるわが町のレストランAzeziumの紹介!_b0305039_18110272.jpg
教室があるわが町のレストランAzeziumの紹介!_b0305039_18103152.jpg
教室があるわが町のレストランAzeziumの紹介!_b0305039_18101411.jpg
教室があるわが町のレストランAzeziumの紹介!_b0305039_18095345.jpg
教室があるわが町のレストランAzeziumの紹介!_b0305039_18091507.jpg


お好みでピザやパスタ料理、肉&魚料理もあります。


昨日は、4人で2枚のピザを主食代わりに注文しました。
教室があるわが町のレストランAzeziumの紹介!_b0305039_18115301.jpg
教室があるわが町のレストランAzeziumの紹介!_b0305039_18113012.jpg


食べるものにより予算も変わりますが、
写真の内容(4人前)にクラフトビールなどをいただいて

合計で一人20ユーロ程度。


高くはないですよね?


立地は町の郊外にあるので教室から車で5~8分ほどの距離ですが、
夜のみ営業しているので車での送迎が好ましいです。

教室があるわが町のレストランAzeziumの紹介!_b0305039_18162301.jpg

よって、


当教室のご滞在時に外食をご希望の方は、
無料で予約&往復送迎(わが町内のホテル⇔レストラン)を賜ります。


夏は庭に設置された開放感あふれるテラス席がおすすめ。
美味しいプーリアの思い出を作ってください。


お問合せは、教室HPよりお気軽にどうぞ!


<南イタリアチーズ&料理教室>


お店の情報はこちら。

<レストラン「アゼズィウム」>

住所:Via madonna delle Grazie 86, 70018,Rutigliano
電話:+39-329-407-7428


最後に友人がロンドン土産として持って来てくれたのが、
このインスタントラーメン。
教室があるわが町のレストランAzeziumの紹介!_b0305039_18125305.jpg

日本好きな彼女らしいセレクトでした(笑)。


コロナで日本への里帰りができない昨今なので有難かったです、感謝。


【ブログランキングに参加中!クリックで応援よろしくお願いします。Grazie!】

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
イタリアの“かかと”プーリア州で美味しいレッスン開催中!★★南イタリアチーズ&料理教室★★

当教室は、2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。
郷土料理&菓子レッスン、チーズ作り体験、「プーリアの食」を巡る旅etc なんでもおまかせください。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド
プーリアの食卓の風景をお届けする、新ブログ「プーリア家庭料理図鑑」も日々更新。

# by minamiitalia | 2021-08-20 18:00 | チーズ教室

オストゥーニの叔母の別荘へ

オストゥーニの叔母の別荘へ_b0305039_16575017.jpg

ブログの更新が久しぶりになりました。
実は、2日間PCが手元にない状態でブログ更新を断念してました。


今週水曜日は、オストゥーニの海辺にある叔母の別荘へお呼ばれ。


前回の海水浴の記事はこちらをご覧ください。




オストゥーニの別荘は、アルベロベッロから車で30分ほどの距離です。


途中、ファザーノというサファリパークがあることで有名な街で用事を済ませて、
11時ごろ別荘に到着。


さっそく海水浴を楽しもうと、夫と叔母と三人で海へ行きましたが
この日は風が強く海が荒れてました・・・(涙)
オストゥーニの叔母の別荘へ_b0305039_16582630.jpg

シロッコのせい。


※シロッコはアフリカからのやってくる風です。


私たちがよく行く砂浜も人がまばらにいるだけ。


みんな、おしゃべりと日焼けを楽しんでました。
オストゥーニの叔母の別荘へ_b0305039_16581444.jpg

私たちはすぐに別荘へUターンと思いきや、
3人並んで海に足を浸して近況をおしゃべりすること40分。


「波の動きで良い足のマッサージになったは。」と叔母(笑)。


なんとも!ポジティブ。


「海水浴ができなくて残念」→「足によいマッサージの時間になった」


すべてこのように物事を捉えられるって素晴らしいですよね?
私も見習いたい。


余談ですが、、、


叔母の別荘の3軒となりに、バーリ市長のデ・カーロ氏が別荘を購入したと聞いたので、
「もしかして本人に遭遇するかな?」とミーハー心満載で前を通りましたが、、、


会えませんでした(笑)。


そんなものですよね。
いつか見れたらいいな。


そして、


お待ちかねのランチは、もう一人の叔母の出番。


前菜には、日本でもおなじみの「カプレーゼ」。
オストゥーニの叔母の別荘へ_b0305039_17210354.jpg

暑い日には冷たくてさっぱりとした料理がうれしいですよね?


プリモは、叔父の故郷であるサルデーニャのパスタ「フレーゴラ」が主役。
調理法はプーリア流にムール貝に合わせて。
オストゥーニの叔母の別荘へ_b0305039_17211913.jpg

セコンド(メイン)は骨付き牛肉の炭火焼。
オストゥーニの叔母の別荘へ_b0305039_16580251.jpg

一人前の量がこちら↑ですよ。
味付けは塩のみ。


最後に、デザートとしてスイカとジェラート(ピスタチオ味)をいただきました。


私たちの手土産は「ワイン」と「タラッリ」。
日本と同じようにたとえ親戚同士でも手土産は必須です。


食事の後は夫が庭の手入れを叔父と一緒にして、
私たち女性陣は後片付けとおしゃべりの続き(笑)。


解散したのは18時。


そして、本宅のあるルティリアーノへ向かいました。


昨日の夜は友人と食事に行ったので、その報告は次回の投稿で。
次回こそは海水浴ができますように。。。



【ブログランキングに参加中!クリックで応援よろしくお願いします。Grazie!】

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
イタリアの“かかと”プーリア州で美味しいレッスン開催中!★★南イタリアチーズ&料理教室★★

当教室は、2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。
郷土料理&菓子レッスン、チーズ作り体験、「プーリアの食」を巡る旅etc なんでもおまかせください。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド
プーリアの食卓の風景をお届けする、新ブログ「プーリア家庭料理図鑑」も日々更新。

# by minamiitalia | 2021-08-20 15:00 | 南イタリアの日常2021

イタリアの三大祝日!プーリア(わが町)の「フェッラゴスト」

イタリアの三大祝日!プーリア(わが町)の「フェッラゴスト」_b0305039_21054081.jpg

昨日8月15日は、
イタリア国民三大祝日のひとつ「Ferroagosto」でした。


日本語では「聖母被昇天の日」と訳されます。


聖母マリアが現世での生を終え、
天に召されたことを記念する日です。


ちなみに、


イタリア国民三大祝日の残り2つは、
「クリスマス」と「復活祭」です。


このフェッラゴストの日、
プーリアにあるわが町では街角に小さな祭壇が登場します。
イタリアの三大祝日!プーリア(わが町)の「フェッラゴスト」_b0305039_21065093.jpg

合計9つの小道で、
前日14日から翌日16日までの約50時間だけ登場する祭壇です。
イタリアの三大祝日!プーリア(わが町)の「フェッラゴスト」_b0305039_21060039.jpg

この風習は1800年初頭から続くもの。


中世の時代発生したフランス軍からわが町への攻撃を
マリア様の力で回避できたと言い伝えられているため。


この祭壇の設置や運営はご近所の人たち。
(周辺に住む住民の寄付で賄われてます)


飾りつけは、ご近所のマリアさんを中心にチームが動きます。
イタリアの三大祝日!プーリア(わが町)の「フェッラゴスト」_b0305039_21050914.jpg

色合いも素敵な飾りは、通りの入口と出口にまで及びます。
イタリアの三大祝日!プーリア(わが町)の「フェッラゴスト」_b0305039_21052723.jpg

夜は祭壇を囲んでご近所さんが集まって夕食を共にするのもお約束。


通行人はお賽銭を祭壇に捧げマリア様に祈ります。
夫と私も今年もお祈りしました。
イタリアの三大祝日!プーリア(わが町)の「フェッラゴスト」_b0305039_21061777.jpg

最後の1枚は、この日の朝散歩した田舎道の風景。
イタリアの三大祝日!プーリア(わが町)の「フェッラゴスト」_b0305039_21125385.jpg

“ブドウの町”という別名をもつわが町。

今の季節はどこもブドウが鈴なりです。





【ブログランキングに参加中!クリックで応援よろしくお願いします。Grazie!】

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
イタリアの“かかと”プーリア州で美味しいレッスン開催中!★★南イタリアチーズ&料理教室★★

当教室は、2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。
郷土料理&菓子レッスン、チーズ作り体験、「プーリアの食」を巡る旅etc なんでもおまかせください。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド
プーリアの食卓の風景をお届けする、新ブログ「プーリア家庭料理図鑑」も日々更新。

# by minamiitalia | 2021-08-16 21:00 | 南イタリアの日常2021