第3回日本ツアーの報告7

日本滞在7日目と8日目を一挙にご紹介します。

今まで、少しずつ報告してきた第3回日本ツアー。
今回で最後です。

関西最終日は、大阪観光へ!

大阪駅に到着してから地下鉄を乗り継ぎ、ようやく大阪城公園に到着。
この頃には、みんな暑さと疲れでグッタリしてました、、、(苦笑)

なんだか申し訳なさいっぱいでしたが、旅は歩くもの。ですよね・・・?

事前に参加者には「この旅は公共交通機関をつかうので歩きます!」と宣言していたのですが、
これほど日本の地下鉄に歩かされるとは予想していなかったことでしょう、、、

南イタリアは車社会ですから。

正直、私も東京の地下鉄よりも大阪のほうが歩いたな!という感想です。

気を取り直して。

見学した大阪城では、日本語ガイドさんの説明で充実した時間を過ごすことができました。
b0305039_20435802.jpg
そして、道頓堀に移動してからはランチ♪

オシャレなブッフェで目からも口からも堪能。
b0305039_21333355.jpg
b0305039_20455764.jpg
食事の後は、さぁ!これぞ大阪。

道頓堀散策~!!!
b0305039_20462347.jpg
みんな目がキョロキョロ、巨大看板に気分はハイテンション。
道頓堀の賑やかさにウキウキとなったご一行様(笑)。

夫もくいだおれ人形と一緒に記念撮影
b0305039_20465604.jpg
ここで買い物をたくさんした人も。( ´艸`)
この活気に背中を押されたんでしょうね。

さて、楽しかった関西での滞在を終えて、この日の夜に東京へ戻り、
翌日は午前中に残りの東京観光を済ませて。

ランチは、先日報告した日本人とイタリア人の交流会
「プーリア人とプーリア料理を楽しむ会」を開催♪♪

総勢21名の日本人の方にご参加いただきました。

こちらが、食事会の終わりにみんなで撮った記念写真。
(プライバシーの問題から、ご参加いただいた方の顔は丸く塗りつぶしてます)
b0305039_20501417.jpg
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました!(^_-)

午後は、私のツアーではお約束の自由行動。
今回は「半日自由行動」。

私のツアーでは敢えて、自由行動の時間を設けています。

狙いは、私以外の日本人との思い出も作ってもらいたいから。
そして、グループではできなかった個人の目的を叶えて欲しいから。

と思っての自由行動でしたが、フタを開けてみると今回はみんな同じ行動を選択してました(笑)

今回はイタリア語が堪能なボランティア2名の方にアテンドをお願いして、

「浅草から水上バスに乗船」→「お台場散策」→「夕食は憧れのラーメン」→「新橋の飲み屋街見学」

というプラン。

もちろん、このプランはイタリア人の希望を考慮して事前にボランティアの方と一緒に決定。

後日、私の手元に送られてきた写真をいくつかご紹介します。
b0305039_20562579.jpg
b0305039_20565594.jpg
b0305039_20585902.jpg
b0305039_21003148.jpg
※ボランティアの方の顔はプライバシーのため丸く塗りつぶしてます。

みんな、とても楽しそうですね。(*^_^*)

日伊交流に興味をもつボランティアの方と日本で過ごした貴重な時間。
彼らにとって、かけがえのない思い出になったことでしょう。

ボランティアとしてアテンドに協力いただきましたCさん、Kさん、ありがとうございました。m(_ _)m

楽しかった日本滞在もこれでおしまい。

翌日は、朝から成田空港を目指して移動。

そして、空港に到着して知らされた「アリタリアの飛行機大幅遅延」という事実。
東京を4時間以上の遅れで出発し、ローマで1泊を余儀なくされた彼らでした。

翌日はローマから朝イチのバーリ空港行き飛行機へ搭乗。
10時30分過ぎに到着。
この到着の報告を受けて、無事に私の任務は終了。

今回のツアー期間中も、ブログで報告した以外にいろんなことが起きました。

すべての経験が次ぎへの築きの一歩!
次回の改善へつなげたいと思います。

今まで日本ツアーの報告にお付き合いいただき、ありがとうございました!

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「トラベルジェイピーガイド

[PR]
# by minamiitalia | 2018-07-30 21:53 | イタリア人と珍道中日本ツアー

またマテーラが変わります!中央駅リニューアル

2019年ヨーロッパ文化首都に選ばれてから、
毎日のように開発が進むマテーラ。


マテーラの顔となる中央駅の新しいイメージをご紹介!

b0305039_17513713.jpg
先月6月から工事がスタート、完成予定は来年5月。
設計はStefano Boeriさん。

現在地下にある駅舎が地上に移動します。

そして、

うれしいことにバーリ中央駅から乗り換えなしで、
マテーラへ行けることに。直通運転を予定!

これ、大きな進歩です。

国や州から多額な助成金が出て、電車や道路の交通網を整理しているマテーラ。

これ以上開発が進んでしまうと、
なんだかあのマテーラのよさが商業化されてしまいそうで悲しいですが、訪れる人には便利になります。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「トラベルジェイピーガイド


[PR]
# by minamiitalia | 2018-07-29 07:00 | プーリア州の観光情報

第3回日本ツアーの報告6

日本滞在6日目。

朝一番は、世界遺産「金閣寺」からスタート!
b0305039_04591249.jpg
こちらも専門ガイドさんをお願いして、充実した観光ができました。
b0305039_04585330.jpg
続いては、京都の台所と呼ばれる「錦市場」。
b0305039_05012553.jpg
築地市場に続き、2つ目の市場。
みんな食べ物には興味津々(笑)

京野菜や魚の加工品、七味なんかに興味を持ってました。

お昼は、本格的な天麩羅を召し上がってもらい、
b0305039_05014890.jpg
食後のコーヒは、日本庭園が素敵なカフェにお邪魔して
b0305039_05021913.jpg
暑い京都でアイスコーヒーをチューチューとストローで(笑)
b0305039_05025703.jpg
そして、

この日のクライマックス、「舞妓さん観賞」です!!!

お茶屋さんに到着すると、まずは舞妓さんがお出迎え。

そして、みんなが座り終えるとお抹茶でおもてなしいただき、
b0305039_05173993.jpg
すぐに質問タイムがスタート。

事前に「SAYURI」を観て、舞妓&芸妓文化の予習をしてきた彼ら。
質問する内容もさまざま。

8人もいると、何時間あっても足りないくらいでした(笑)
特に女性陣が奥深~い質問ばかり、、、(汗)

次は踊りを観賞して、
b0305039_05164781.jpg
最後は記念撮影まで。
b0305039_05051301.jpg
男性陣は鼻の下を伸ばしっぱなし(笑)

見てください、このエマヌエレのデレデレな表情、、、
b0305039_05244786.jpg
これを見ていた女性陣(エマヌエレの妻を含む)からは、
「私たちもゲイショ(芸者の男性版を勝手に命名)に会いたい~(´ω*)」とラブコールが(笑)

GEISHA(Aで終わるので女性名詞)→GEISHO(Oで終わるので男性名詞)

冗談はさておき。

本当に心に残る、とても贅沢な時間を過ごさせていただきました。
お世話になった舞妓さん、ありがとうございました!

この後は、祇園を散策。

夕食もみんなモリモリ食べてくれて、ひと安心。

この夜で京都で睡眠をとるのも最後。

翌日は大阪観光が待ってます。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「トラベルジェイピーガイド

[PR]
# by minamiitalia | 2018-07-28 19:00 | イタリア人と珍道中日本ツアー

結婚式に参列2018(2)

結婚式の報告、第2弾です!

新郎新婦が到着してから、本格的に披露宴がスタート。

まずは、ダンスタイムから♪♪

最初のダンスは新郎新婦だけでチークダンス。
(↑今まで出席した披露宴すべてで同じ流れ)
b0305039_04165610.jpg
最初に彼らだけで踊って、そこからダンスタイムが正式に解禁~!
みんなで一緒に踊って楽しい時間を過ごします。

テーブルセッティングは、日本と同じように新郎新婦の個性がでます。

今回は、付き合ってから彼らが二人で旅行した旅先の写真を各テーブルに飾っていました。
案外シンプルでしたよ。

私たちのテーブルには、州内の「トッレ・グアチェート」の写真が。
b0305039_04192226.jpg
そして、いよいよ料理がサーブされます。

さっそく運ばれてきたのは、前菜。
b0305039_04200947.jpg
香草が巻かれたマグロ。
水牛のリコッターチーズとレモンのクリーム、紫キャベツのマリネにラードが添えられています。

一番下にはマリネされたズッキーニ。

続いては、プリモ(パスタ2種類)

1皿目は、オマール海老の太麺パスタ
青菜はほうれん草、甘酸っぱいトマトがアクセント!
b0305039_04210442.jpg
2皿目は、ピスタチオクリームのパスタ。
ピスタチオはシチリア・ブロンテ産。
b0305039_04213369.jpg
パスタの中にはアーモンドとほうれん草がぎっしり。

メインは、お肉!
b0305039_04224523.jpg
子牛のフィレ肉。
上にはアーモンドとマッシュルーム。
ソースはプーリア産ワイン”プリミティーヴォ”を使っています。

左は、香草と人参のスフレ。

デザートは、ショウガとパイナップルのシャーベット。
b0305039_04371437.jpg
これだけたくさん料理が次から次へと運ばれてきます。
もちろん、ただ食べるだけではつまらないですよね?

ということで、

消化促進の意味も込めて、ダンスタイムが各お皿の間に設けられています♪♪

ダンスタイムのワンシーンをどうぞ!



面白いほどみんな同じ動きで自然に踊っているのがお分かりでしょうか?(笑)

とある参加者は、
「小さい頃から結婚式に出席するたびに同じことやってるんだから、嫌でも自然に身につくわよー(笑)」と。

ごもっともですね。

さて、室内での食事が終わると、今度は2番目の中庭(屋外)での「デザートブッフェ」が待っていました。
b0305039_04271940.jpg
こちらも数々のケーキやフルーツ、ジェラートなど盛りだくさん。
見ているだけど、お腹がはち切れそうでした、、、苦笑)

日が暮れてからの会場はライトアップされて、こんなきれいな景色に

もう、このロケーションにはうっとり。*≧∀≦
b0305039_04292897.jpg
最後は、再び1つ目の中庭へ移動して、新郎新婦のケーキカット!
その後、ウェディングケーキが振舞われて、食後酒で締め。

最後はコンフェッティ(日本の引き菓子に相当します)のブッフェを通り、
引き出物をもらって退散。

ここまで来ると、もうグタグタな状態、、、(´`)

披露宴は、14時開始、22時終了の8時間コース。
いつもことですが、やっぱり長い!

若者はさらにこの後DJの音楽でディスコ状態となった会場で弾けてました。
若いってスゴイ。

昨日はこれだけ食べたので、
今日のお昼は言うまでもなく軽食です(笑)

新郎新婦には、末永く幸せな人生を歩んでもらいたい。

おめでとう!
ロッセッラ&ジャンフランコ!!
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「トラベルジェイピーガイド

[PR]
# by minamiitalia | 2018-07-28 08:00 | プーリアWedding

結婚式に参列2018(1)

昨日は、義父の幼馴染のお嬢さんロッセッラの結婚式に家族で参列してきました

彼女と夫は小さい頃から顔なじみの仲。

彼女が嫁ぐのは同じ州内の別の町(州中北部のテルリッツィという町)。
旦那様はハンサムで優しいお顔立ち。

今回の新郎新婦とは何度か家族ぐるみの食事会でご一緒したことがあります。

そして、有名な話ですが。。。。

南伊の結婚式は、本当に長い!
一日がかりの大仕事です。
(今回も披露宴だけで8時間)

まずは9時に美容師さんが自宅にきて、
義母と私の2人分の髪をセッティング。

ここから、この日の活動がスタートです。

今回は宗教婚のため、教会での結婚式。

招待状に書かれた結婚式の開始時間は、11:00。
ですが、花嫁が遅れて登場するのは毎回のこと。

昨日も11:30に花嫁が教会へ現れました。
b0305039_19411573.jpg
結婚式のミサは、約1時間30分で終了。

車に乗って、披露宴会場を目指しまーす!!

車に乗ること40分で到着したのは、ターラント県にあるマッセリア(大領主の館)。

まずは1つ目の中庭で「前菜の前菜」をブッフェ形式でいただきます。
b0305039_19440847.jpg
わが家は”鮮魚コーナー”へ!

"SASHIMI"と書かれた生魚の切り身(右)とシーフードサラダ(左)。
b0305039_19495803.jpg
こちらは、フランス産の生牡蠣、アドリア海産のイカやエビ(生のままいただきます)。
b0305039_19501537.jpg
そして、なぜだか同じ皿に一緒にグラナパダーノチーズが添えられてました(笑)

イタリアでは魚の後にチーズでお口直ししますが、
同じ皿には、、、( ? _ ? )

白いお皿なので分かりづらいですが、
こちらは、プーリア産フレッシュチーズ。
b0305039_19512171.jpg
左端にあるのがトマトジャムがかかった”ブッラータチーズのジェラート”。
試しに食べてみましたが、それなりに美味しかったです。


野菜と魚のフライ。
カップに入っているのは、ヒヨコ豆のコロッケとクスクス

b0305039_19514188.jpg
ブッフェだったので、自分で好きなだけ好きな料理をいただくことができます。

鮮魚、サラミ、チーズ、炭火焼など種類ごとにコーナーが分かれ、前菜メニューの半分がこちら。
b0305039_19533932.jpg
もう半分(裏面)がこちらです。
b0305039_19535667.jpg
前菜の前菜ですでにノックダウン状態の義父(笑)
彼の目は遠くを見つめています。。。
b0305039_19544094.jpg
この前菜の前菜ブッフェは、新郎新婦の到着を待つ間の約1時間で終了。

主役の2人が到着してからは、室内に場所を移して。。。

さて!

これからが食事の本番♪♪

前菜、プリモ(パスタ2種)、セコンド(肉)、デザート

屋外に移動して、

デザートブッフェ→ケーキカット→ウェディングケーキを食べ、食後酒で締める。

以上の流れです(笑)

食べる量が多くて驚かれますが、これが南伊の結婚式。

途中には消化を促すための(苦笑)ダンスタイムもあるんです。
b0305039_20040781.jpg
食べて、踊って、歌って。
楽しい一日をみんなと一緒に過ごして終わります。

次回は、結婚式参列パート2として本番のお食事をご紹介します。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「トラベルジェイピーガイド

[PR]
# by minamiitalia | 2018-07-27 20:07 | プーリアWedding