人気ブログランキング |

タグ:ガイド記事 ( 64 ) タグの人気記事

【掲載情報】レッチェで訪れるべき教会5選

久しぶりのブログ更新になります。


皆さんは、お元気ですか?


昨日の夜も叔母の誕生日パーティーがあり、明け方に家族で帰宅。
そして、今夜も友人家族のお嬢さんの卒業パーティーがあり、、、


ふぅ。


夏のプーリアは、お祝いごとの季節。


今年は結婚式のお招きはなかったのでセーフですが、
それでも、体力消耗と(ご祝儀のための)出費は痛いですね(苦笑)。


さて、本題です。


今日もありがたいことに、私の旅行ガイド記事が「LINEトラベルjp」さんに掲載されました。


今回は、「南伊のフィレンツェ「レッチェ」で訪れるべき教会5選」。


“バロック建築の街”として有名なレッチェ。


先月下旬に訪れた時の街並みを別の投稿でご紹介してます。
興味がある方は、こちらもご覧ください。



街には、素敵な邸宅(お屋敷)や教会がたくさんあります。
限られた旅時間で後悔しないレッチェ観光をサポートする意味合いで書かせていただきました。


繊細で過剰なまでの彫刻群は、近くでみると、驚くほどの迫力。
当時のキリスト教(教会)の権力と富を象徴する建物です。


それぞれの教会は異なる個性をもっていますが、
よく知らないとどれも同じように見えてしまうのが難点、、、


そこで、


現地を訪れる前に教会の特徴を把握しておくと、少しは現地での観光がより有意義になるはずです。


レッチェの教会の花形は、記事の表紙にも使用した「サンタ・クローチェ聖堂」。
内部も素敵ですが、正面ファザードの彫刻の緻密度、完璧さといったら、右にでるものはいません。


ここは、何が何でも見るべきです!


そして、意外にもファンが多い「サン・マッテオ教会」。


なんと、ここはローマでサンピエトロ寺院の建設にも尽力した有名な建築家の甥っ子さんの作品。
親戚だけあり、作風も同じです。


さらに、この教会の向かいには、
地元の人が街で美味しいお店として必ず名前を挙げるレストラン「ノンナ・テッティ」があります。


皆さんにお伝えしたいことはまだいろいろありますが、
ひとまず記事をご覧になり、レッチェ観光の予習情報としてお役立てください。


記事では文字数が限られているため、サラっとした概要になりますが、
チーズ教室にご滞在の際にはもっと詳しい解説や情報をお届けできたらと思います。


記事は、コチラからご覧ください。



----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

チーズ教室は、2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。
「プーリアの食」を巡る旅、郷土料理レッスン、チーズづくり体験etc なんでもおまかせください。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド
プーリアの食卓の風景をお届けする、新ブログ「プーリア家庭料理図鑑」も日々更新。

by minamiitalia | 2020-08-02 18:00 | プーリア州の観光情報

【掲載情報】レッチェのストリートフード4選

昨日に引き続き、新しい旅行ガイド記事が掲載されました。


今回は、「南伊のフィレンツェ「レッチェ」のストリートフード4選」です。


レッチェ観光の合間に気軽に食べられる軽食4つと名物コーヒーを一緒にご紹介しています。


美味しいお店だと私が思うストリートフードの名店情報も掲載しているので、
ぜひレッチェを訪れる際の情報収集にお役立てください。


どのストリートフードも太鼓判を押すほど美味しいですが、
私は、特に2番目に紹介した惣菜パイが大、大、大好きなんです!(笑)。


小食の方なら、このストリートフードだけで一日の食事がカバーできます。

お値段もお手頃で、全部味わっても15ユーロあれば大丈夫!!
楽しいレッチェ観光のおともに、美味しいご当地の味を。


記事は、コチラからご覧ください。



----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

チーズ教室は、2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。
「プーリアの食」を巡る旅、郷土料理レッスン、チーズづくり体験etc なんでもおまかせください。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド
プーリアの食卓の風景をお届けする、新ブログ「プーリア家庭料理図鑑」も日々更新。

by minamiitalia | 2020-07-28 15:30 | プーリア州の観光情報

【掲載情報】プーリア州の洞窟の町グラヴィーナ・イン・プーリア

日本は四連休でしたね。
皆さんは、いかがお過ごしでしたか?


ようやく、連休でストップしていた掲載が再始動しました!
今回もいつものように「LINEトラベルjp旅行ガイド」に私の記事を掲載していただきました。


61回記事目は、
プーリア州の洞窟住居の町「グラヴィーナ・イン・プーリア」を紹介しています。




プーリア州には洞窟住居の町がいくつかあり、
以前紹介した陶器の町「グロッタリエ」や、同じターラント県の「クリスピアーノ」なども知られています。


でも、

皆さんにとって、洞窟住居といえば・・・?


世界遺産のマテーラ(バジリカータ州)をすぐに思い浮かべると思います。


マテーラは新しくバジリカータ州ができる前はプーリア州の領土の一部でした。
よって、洞窟住居があるのは当然なんですよね。


さて、


この「グラヴィーナ・イン・プーリア」は、マテーラの隣町。
さらに、パンの街として有名なアルタムーラの隣町でもあります。


この町の見どころは、洞窟内の教会、映画「007」のロケ地にもなった水道橋、貴族の館を改装した博物館など。
記事内では、洞窟内の絶景レストランや名物のチーズ&お菓子も紹介しています。


小さい町ですが、マテーラから日帰りで訪れるにはちょうどよい大きさです。


プーリアを訪れたら、マテーラ⇔グラヴィーナ・イン・プーリア⇔アルタムーラと周遊するのも手です。
町ごとの顔がみられて、面白いですよ!


記事はコチラからご覧ください。



----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

チーズ教室は、2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。
「プーリアの食」を巡る旅、郷土料理レッスン、チーズづくり体験etc なんでもおまかせください。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド
プーリアの食卓の風景をお届けする、新ブログ「プーリア家庭料理図鑑」も日々更新。

by minamiitalia | 2020-07-27 17:00 | プーリア州の観光情報

20ユーロでフルコースが味わえるオストゥーニの名店

先週末は、オストゥーニを訪れました。

20ユーロでフルコースが味わえるオストゥーニの名店_b0305039_00595637.jpg

ランチにお邪魔したのは、地元の名店「スペッスィーテ」。
郷土料理が味わえる旧市街の人気店です。



なんと!


このお店では、
ひとり20ユーロで前菜からデザートまでいただける旅人にピッタリなメニューを提供しています。


今回は、そのメニューを旅行ガイド記事で紹介します。


プーリア料理は驚くほど前菜が多いことで知られていますが、このお店でも前菜は8品。

どれも郷土の味と季節感を味わえる一品ばかり。


オストゥーニを訪れたら、ぜひ手頃にプーリア料理が満喫できる「スペッスィーテ」へ!


シェフのステファノさんと接客担当のシェフの妻アンジェラさんが陽気に出迎えてくれます。


ガイド記事はコチラから



----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

チーズ教室は、2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。
「プーリアの食」を巡る旅、郷土料理レッスン、チーズづくり体験etc なんでもおまかせください。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド
プーリアの食卓の風景をお届けする、新ブログ「プーリア家庭料理図鑑」も日々更新。


by minamiitalia | 2020-07-12 18:00 | プーリア州の観光情報

イタリア北東部の港街「トリエステ」をご紹介!

今週は、2本の旅行ガイド記事を掲載していただきました。


2本目は、「オーストリアの文化が香る!イタリア北東部の港街「トリエステ」」です。




3年前に訪れた旧オーストリア領のトリエステは、観光地としてはあまり知られていませんが、
旧市街にあるメイン広場「イタリア統一広場」や、サン・ジュスト城、サン・ジュスト教会、
郊外に建つミラ・マーレ城などの見どころがあります。


そして、意外にも「カフェの街」として有名です。


ウィーンのコーヒー文化を支えた港町として発展したトリエステには、今も老舗のカフェが数多く残ります。
そして、日本でも有名なコーヒー会社「ILLY」の本社があることでも知られています。


3年前の写真を引っ張り出してきたので、記事内の写真の一部に少しみづらいモノもあります。
が、まだトリエステを訪れたことがない方はどんな街なのか?概要と雰囲気を味わっていただけると光栄です。


ヴェネチアからの日帰り旅行も無理のない範囲で可能。
東欧諸国との周遊旅行もOK!


美味しいアドリア海の幸もたっぷり堪能できます!


週末のひとときに、イタリアを想って読んでいただけるとうれしいです。


記事はコチラから



----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

チーズ教室は、2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。
「プーリアの食」を巡る旅、郷土料理レッスン、チーズづくり体験etc なんでもおまかせください。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド
プーリアの食卓の風景をお届けする、新ブログ「プーリア家庭料理図鑑」も日々更新。

タグ:
by minamiitalia | 2020-06-28 19:00 | トリエステの旅2017

南伊・プーリア名物チーズ5選をご紹介!

今週もありがたいことに、私の旅行ガイド記事を掲載していただきました。


アルベロベッロで食べたい!南伊・プーリア名物チーズ5選」。



今回は、プーリアに来たら、食べてほしいご当地チーズを5つ紹介してます。


日本でも有名になったブッラータをはじめ、
美味しいミルクの味をしっかり堪能できるフレッシュチーズチーズを中心にピックアップ。


レストランの前菜によく登場するもの、食材店やスーパーで気軽に買えるものなど、さまざま。


フレッシュチーズの種類が多い、プーリア州。
ぜひ、現地で豊かなプーリアの恵みを満喫してください!


↓記事はコチラから

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

チーズ教室は、2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。
「プーリアの食」を巡る旅、郷土料理レッスン、チーズづくり体験etc なんでもおまかせください。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド
プーリアの食卓の風景をお届けする、新ブログ「プーリア家庭料理図鑑」も日々更新。

by minamiitalia | 2020-06-25 16:00 | プーリア州の観光情報

【掲載情報】南伊「プーリア州」で食べたいパスタ5選

今日もありがたいことに、私の旅行ガイド記事を掲載していただきました。

今回は、「在住者おすすめ!南伊「プーリア州」で食べたいパスタ5選」です。



プーリアをはじめて訪れる方が必ず疑問に思う
「現地では、なにを食べるべき?ご当地の味はなに?」という疑問にお答えする記事です。


ただし、今回は「パスタ編」として、主食のパスタ、お米、豆類の料理をセレクトしています。


メインディッシュ編やデザート編も、これから書けたらいいなと思います。


プーリアにこれから旅したい方も、すでに滞在してリピートしたい方も、
南北に長いプーリアにはいろんな郷土の味が存在します。


今回は紹介できませんでしたが、州北部には古くなったパンを別料理にする主食も多いんです。
こういう食文化の話は、当教室に滞在したときに。。。


それでは、週末のひとときに、プーリアを想って読んでください。


記事はコチラから


----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

チーズ教室は、2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。
「プーリアの食」を巡る旅、郷土料理レッスン、チーズづくり体験etc なんでもおまかせください。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド
プーリアの食卓の風景をお届けする、新ブログ「プーリア家庭料理図鑑」も日々更新。

by minamiitalia | 2020-06-21 15:30 | プーリア州の観光情報

南伊・プーリア州で訪れるべきスポット5選

ありがたいことに、今日も旅行ガイド記事を掲載していただきました。


今回は、「在住者推薦!南伊・プーリア州で訪れるべきスポット5選」です。



記事の構成上、段落は5つまでしか設けることができません。


よって、


今回は、プーリア州で訪れてほしいスポットを5つに絞るのが大変でした。


だって、プーリア州にはたくさん素敵な場所があるので(笑)。


プーリア、または、イタリア好きの方には、おなじみの街々かもしれませんが、
「これからプーリアを訪れてみたい!」と思っているあなたへの記事です。


旅のプランニングの材料のひとつになれば、光栄です。


それでは、週末のひとときにプーリアを想って読んでください。

記事はコチラから



----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

チーズ教室は、2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。
「プーリアの食」を巡る旅、郷土料理レッスン、チーズづくり体験etc なんでもおまかせください。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド

by minamiitalia | 2020-06-13 19:00 | プーリア州の観光情報

南イタリア・パレルモ旅で食べたい名物チーズ5選

先月最後に書いた記事が掲載されました!

「南イタリア・パレルモ旅で食べたい名物チーズ5選」


今回は南下して、シチリアのパレルモで食べてほしいご当地チーズ5つ↓を紹介しています。

■ペコリーノ・シチリアーノ
■ピアチェンティヌ・エンネーゼ
■ヴァステッダ・デッラ・ヴァッレ・デル・ベリーチェ
■ポロヴォラ・ディ・ネブロディ
■ラグサーノ

どれもDOPチーズです。

シチリアのどこでも手に入るのが、1番目に紹介した「ペコリーノ・シチリアーノ」です。
その次は、ラグサーノ、ピアチェンティヌ・エンネーゼの順が妥当です。

それ以外のチーズは、パレルモのこだわりの食材店などで見かけることができます。

シチリアチーズの世界は、北イタリアとはまったく異なるアイデアチーズの宝庫。
冬の保存食というより、交易の品という観点で熟成チーズが発達したのだなと推測します。

パレルモへ出かける前に、チーズ好きの方はぜひチェックしてくださいね。

記事はコチラから↓

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

チーズ教室は、2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。
「プーリアの食」を巡る旅、郷土料理レッスン、チーズづくり体験etc なんでもおまかせください。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド

タグ:
by minamiitalia | 2020-06-03 08:30 | イタリアチーズ

北伊マントヴァの貴族の館B&Bをご紹介!

ありがたいことに、今週も新着の旅行ガイド記事を掲載していただきました。

今回は、前回紹介した北イタリアルネッサンスの発祥地「マントヴァ」のホテル情報です。

15世紀末に建てられた、貴族の館に滞在できるB&B「パラッツォ アッリヴァベーネ B&B」。


館内には、合計3つのサロンがあり、

第1サロンには、ルイ14世にも仕えた芸術家が描いたフレスコ画が残り、これは必見!
美術館の並みの迫力です。

そして、各サロンには、色大理石が贅沢に使われた大きな暖炉が堂々と鎮座。

たった3部屋のB&Bですが、そのうち2部屋にはバスタブがついてます。

私たちは4年前の滞在時に「夫婦の部屋」に2泊お世話になりました。


女主人のルチアーナさんは、ボルザーノ出身でファッション業界で長く活躍された方。
仕事の関係でパリによく滞在していたので、フランス語も堪能。
北伊マントヴァの貴族の館B&Bをご紹介!_b0305039_17540148.jpg
気品ある女性で、育ちのよさが物腰によく表れている方。
でも、決して気取らずに、自分から滞在客へ話しかける気さくさを持ち合わせています。

朝食のケーキはすべて彼女の手作り!
これが絶品でした。

そして、貴族の末裔である旦那様の忘れ形見の息子さんは会計士。
彼も語学が堪能で3ヶ国語を操ります。


肝心のお部屋は、25~45平方メートルとたっぷりの広さ。
特に、バスタブ付きの2部屋は日本人向き。

立地はマントヴァ駅と旧市街の間にあり、どちらへも徒歩5分です。
移動にも観光にも便利ですよ。

滞在中にオーナさんとの会話を楽しみたい方、
豪華な空間で貴族気分にちょっと浸ってみたい方、

におすすめの宿です。



お時間のあるときにマントヴァ旅行の情報収集として、読んでいただけるとうれしいです。

↓記事はコチラから

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

チーズ教室は、2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。
「プーリアの食」を巡る旅、郷土料理レッスン、チーズづくり体験etc なんでもおまかせください。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド

by minamiitalia | 2020-06-01 17:00 | マントヴァ&ヴェローナの旅2016