タグ:プーリア北部 ( 4 ) タグの人気記事

ビシェリエのスポンジ菓子

ようやく食べました!

プーリア州BAT県にあるビシェリエの町の郷土菓子
「SOSPIRI DI BISCEGLIE」
b0305039_18224773.jpg
存在を知ったときからずーっと興味を抱いていたお菓子。

外側はふわっふわのスポンジ生地。
ほのかにレモンの香りが漂います。

中には、バニラ味のカスタードクリームがこれでもかっ!と溢れんばかりにいっぱい。

最後にツヤツヤの糖衣で覆うことにより、白い純白のお菓子が完成。

この地方では別名「花嫁のお菓子」とも呼ばれています。

なんでも、この地方の貴族が結婚するときに修道女がお祝いにこのお菓子を捧げたのが起源だそうです。

すでにビエシェリエのお菓子屋さんをはしごして、お気に入りのお店をみつけました~♪♪
近くに来るたびに大人買いしてしまいそうです、、、(笑)
[PR]
by minamiitalia | 2017-08-31 18:23 | プーリア州の観光情報

モンテサンタンジェロの巡礼菓子

世界遺産の天使の洞窟教会がある「モンテサンタンジェロ」の町にやってきました!
b0305039_23341580.jpg

この町の名物菓子といえば、オスティエ リピエネ。(Ostie ripiene)
b0305039_23343363.jpg

教会のミサで使われるモナカの皮のようなパンに、ハチミツがかかったアーモンドを挟んだもの。
味はみたままのとおり、とってもシンプルな美味しさ!

お店では「大」と「小」の2サイズが扱われていますが、ご本家は「大」だそうです。
(ご当地パン屋のお姉さんからの情報です)
※写真は「小」サイズ。

巡礼地のお菓子として、この地を訪れる観光客に人気です。


[PR]
by minamiitalia | 2016-06-20 23:37 | プーリア州の観光情報

カステル・デル・モンテの近くには羊

今週は、世界遺産の「カステル・デル・モンテ」にも行ってきました。

1セント・ユーロ硬貨の裏面デザインになっている八角形の不思議なお城です。
b0305039_248353.jpg

もちろんお城はインパクトがあり、そのミステリアスな存在に魅了されましたが。

私もお客様も驚いたのが、羊の群れ♡
b0305039_2493716.jpg

お城の周辺は自然保護地域に指定されているため、緑がたくさん。

そして、お城から近くの町までの道には緑地がこれまたたくさん。

羊飼いのおじさんと羊ちゃんたち2グループに遭遇しました。
若草がある春の光景です( ´艸`)
b0305039_2505539.jpg

春にカステル・デル・モンテを訪れる方は、羊ちゃんたちとの遭遇がきっと待ってますよ♡
この羊ちゃんのミルクでまた美味しいチーズが誕生します。
ありがたや~自然の恵み。
[PR]
by minamiitalia | 2016-03-07 02:53 | プーリア州の観光情報

ヨーロッパイチ大きい塩田

聖バレンタインデーの日曜日。

この日、イタリアでは男女がそれぞれ贈り物をする日。
ということで、夫からの贈り物は、わたしが以前から行きたかった「塩田ツアー」。

これが見たかった塩の山です!!!《*≧∀≦》
b0305039_0323325.jpg

この塩田ツアーは、北プーリアにあるMargherita di Savoiaという街で開催されます。

参加者は事前に要予約。
ツアーはイタリア人ガイドさんと一緒に周ります。
ガイドしてくれる言語は、伊語、英語、仏語の3種類です。

まずは、塩田から徒歩1分の「塩の博物館」で、
塩田の歴史、
b0305039_0332093.jpg

昔の作業道具、
b0305039_0333979.jpg

塩田の地理などの説明を受けます。
これだけ海と塩田が近いとは予想以上の立地。
b0305039_0335346.jpg

そして、ようやくお目当ての塩田の中へ足を踏み入れます。

塩田は4つのエリアに分かれ、全部で41個の池があります。

まずは右側に海を眺めながら進み、塩田の源へ。
海と道路1本挟んだ貯水池は、まるで川のように透明。
b0305039_0355879.jpg

この塩田は国立自然保護地域にも認定されているため、フラミンゴや珍しい野鳥がたくさんいます。
↓これはフラミンゴ。
b0305039_0364366.jpg

ツアー参加者には無料で双眼鏡を貸してくれるので、バードウォッチングを楽しむことも。
b0305039_0373643.jpg

途中、ガイドさんから珍しい野生種の花の説明などもあり。

「サボテンと塩田」という南伊らしい組み合わせの写真も撮ることができました!
b0305039_0403976.jpg


ようやくガイドさんが一番見て欲しいと言っていた「赤い水面」をもつ池のエリアへ。
まるで、赤い海。
b0305039_0412162.jpg

塩の濃度が25%になると、あることが起こり、赤い水面になるそうです。
理由は、ぜひ現地でガイドさんから聞いてみてくださいね。

そして、いよいよ塩の山(ベージ冒頭の写真)に近づきます。

ガイドさんの許可の下、自分の手で直に塩をさわることができるんです!
とっても感動♡

そして、塩の結晶をみつけました♪
この結晶はお土産に。
b0305039_044741.jpg

ガイドさんを含めこの日の参加者みんなで記念撮影をして、3時間に及ぶツアーは終了。

今まで、塩田というとシチリアのトラーパニの塩田を訪れたことがありました。
てっきり同じようなものだと思っていたら、こちらはヨーロッパイチ大きな塩田だったんです。(゜ロ゜ノ)ノ
(おおよその大きさは、全長20km×幅5km)

ちなみにトラーパニの塩田は、5分の1の規模だそうです。
そして、3年前にこのMargherita di Savoiaの塩田を所有するatisale社が買収して傘下に入れたそうです。

この塩田があるMargherita di Savoiaの街は温泉地としても有名です。
ガイドさんの話によると、温泉ではこの塩田の泥を使ったパックが受けられるそうですよ。
お肌がつるつるになりそうですね♪(*^_^*)

興味がある方は、塩田ツアーに参加してみてくださいね。
[PR]
by minamiitalia | 2016-02-18 00:50 | プーリア州の観光情報