人気ブログランキング |

タグ:ホテル情報 ( 15 ) タグの人気記事

北伊ボローニャのユニーク宿をご紹介!

先日訪れたボローニャの街。

見本市のシーズンで直前の宿探しは難航しましたが、
学生寮と融合した面白いお宿にご縁がありました。


”暮らすように旅する人”に最適なサービスが揃っています。
キッチン、ランドリー、シネマルーム、プレイルーム、談話室、自習室。

さらに、レンタサイクル、無料の市内ツアーや音楽イベントも。

ツインは1泊1室2名で40ユーロ(日本円で5000円台)から。
ただし、見本市のシーズンはどこの宿もそうですが価格帯が上がります。

自分のスタイルでゆっくりと滞在したい方にオススメです。

<We_Bologna>
住所:Via de' Carracci 69/14, 40129 Bologna

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド


by minamiitalia | 2019-03-23 15:03 | ボローニャの旅2019

バーリのホテル選びの参考に♪

はじめて訪れる南イタリア・プーリア州。
移動に便利な街ということで、州都バーリに滞在する計画を立てる人も多いと思います。

そこで、

「どんなホテルがいいの?」
「他の人はどこに泊まった??」と気になる方もいますよね。

今回は、「チーズ教室にいらした方が滞在したホテル」のリストを書きます。

チーズ教室にいらっしゃる方は基本わが町で宿泊滞在されますが、
日帰りプランやオリジナルプランでアテンドのみをご依頼される場合はバーリに宿泊される方が多いです。

また、チーズ教室での宿泊滞在前後に専用車で送迎を希望される方も実はバーリ泊が多いんです。

それでは、8軒を一挙ご紹介!
リストは順不同。

■Hotel Boston公式サイト
b0305039_00300594.jpg
 バーリ中央駅から徒歩10分程度の3つ星ホテル。
 今年に入り、泊まる方が多いです。
 利用した方に感想を聞いてみると、特別何が良いわけではないそうですが無難なのが魅力みたいです。
 ホテルの目の前にスーパーがあります。これもポイント高いですね。
 すぐそばには旧市街への入口であるメルカンティーレ広場があり、レストランやショッピングにも便利な立地です。

■Grand Hotel Leon D'Oro公式サイト
 
b0305039_00292688.jpg
 バーリ中央駅の目の前にある4つ星ホテル。
 こちらもいたって普通のお部屋だそうですが、朝食のブラッドオレンジジュースが美味しいそうです。
 夜遅くにバーリに到着するときも、駅の目の前なら場所がすぐに分かって安心ですね。
 立地が最高なだけに毎年根強い人気です。

■Oriente Hotel公式サイト
b0305039_02005543.jpg
 バーリで3本の指に入る高級ホテル(4つ星)です。
 立地はオペラ劇場ペトゥルツエッリの横。バスタブ付きの客室を希望するならココです!
 ショッピング、レストランでの食事、海岸線での散歩に便利。
 バーリ中央駅からは徒歩10分ほど。荷物をもってくれるポーターさんがいるのでチップが必要です。

■Grande Albergo Delle Nazioni公式サイト
b0305039_02053609.jpg
 このホテルがバーリで一番格式高いホテルかもしれません(経済サミットにも利用されました)。
 正真正銘の5つ星です。
 ただし、立地がオペラ劇場ペトゥルツェッリのさらに奥。
 重たいスーツケースをもってここまで歩くなら、タクシーに乗ったほうが楽チンです。
 バーリ中央駅からは徒歩15分ほど。
 目の前にバーリ市民憩いの海水浴場「パーネ・エ・ポモドーロ」があります。
 夏に滞在するなら、観光の合間に海水浴も手軽に楽しめますよ♪

■Hotel Moderno公式サイト
b0305039_00303014.jpg
 こちらもバーリ中央駅から徒歩5分くらいの場所にある3つ星ホテルです。
 フロントスタッフがとても対応がよかったそうです。

■Hotel City公式サイト
b0305039_01432338.jpg
 バーリ中央駅から徒歩5~8分ほどの2つ星ホテルです。バーリ旧市街からは少し離れています。
 実際に滞在された方はプーリア州内のほかの都市に滞在するために、
 大きなスーツケースをここに置いて周遊する目的で数日間予約したそうです。
 宿泊+コインロッカーとしての利用、画期的なアイデアですね。

■Casa dei venti B&Bサイト
b0305039_01511203.jpg
 バーリの街中にあるB&B。一瞬B&Bに見えないので気を抜いていると見落とす外観です。
 女性一人旅の方が利用しました。

■Residence Zodiacus公式サイト
b0305039_01565275.jpg
 こちらも街中にあるレジデンス。ショッピングにも食事にも便利な立地です。
 バーリ中央駅からも徒歩3分ほど。
 こちらも女性一人旅の方が利用しました。
 
掲載のホテルは、いかがでしたか?
このページを見てくれたあなたのバーリ滞在のヒントになったら、うれしいです。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド

by minamiitalia | 2018-10-02 08:00 | プーリア州の観光情報

レッチェのお宿をご紹介!

先日、ご近所プチバカンスinレッチェでお世話になった
B&B「Dimora San Leucio」を記事にてご紹介しています。


昨年オープンしたばかり!
+旧市街の中心という抜群の立地
+歴史ある17世紀の建物とセンスのよいインテリア
+バスタブ付き。

なんといってもオーナーのフラヴィオさんが明るい性格で親切です♪

シーズンや人数により、料理教室やワイナリー見学等のアレンジもしてくれます。

興味のある方は、こちらからどうぞ↓


----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド


by minamiitalia | 2018-09-20 18:03 | レッチェ滞在2018

イタリア最東端オートラントの定宿・貴族の館をご紹介!

プーリア州在住の私たち夫婦が毎年ヴァカンスで訪れる地・サレント半島のオートラント。

b0305039_17420248.jpg

いつもお世話になる定宿・貴族の館を改装したホテル
「Palazzo papaleo」を記事でご紹介してます。


5つ星ホテルですが、5~6月末や9月中旬以降に滞在すると
ハイシーズンに比べて60%OFFにも!

標準的な客室クラシックタイプは、1泊2名で100ユーロちょっと
という日もあります(日本円=13000円/2名合計の料金)。

7月8月の南イタリア・プーリア州は刺すような強い日差し。
海ヴァカンスを楽しむなら、日本人には初夏の滞在がオススメです。

観光の目玉である”オートラント大聖堂”の向かいという立地、
砂浜までは徒歩3分、部屋から水着で海へレッツゴー!
夜は宿泊客専用レストランで美味しい魚料理を堪能。

自分へのプチご褒美としてオフシーズンに賢く泊まって
優雅な滞在を満喫してください。

この街の旧市街は「イタリアの美しい村百選」にも選ばれています。

b0305039_17423643.jpg

※記事内ではオートラントの表記を日本語表記にあわせて「オトラント」としています。

↓記事はココからどうぞ!


----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。


by minamiitalia | 2018-05-29 17:49 | プーリア州の観光情報

プール開きしてます!

最近は、夏のお問合せをいただいてます!

夏といえば、海水浴も楽しいですが、
お部屋の目の前に広がるプールで休憩時間にのんびり。。。も、オススメです。

当チーズ教室は、滞在先が選べるシステムです。

■町の旧市街に位置する「自宅のゲストルーム」
 
※女性おひとりの場合のみ

■駅からすぐ!広場に面した「B&B」

■田舎時間が味わえる近郊の「アグリツーリズモ」


アグリツーリズモを選択された場合、
プールも無料でご利用いただけます♪♪

b0305039_17262907.jpg

すでに今年はプール開きしております!

日頃がんばっている自分へのご褒美に、
プーリアでリラックスした時間をお過ごしください。

アグリツーリズモは町から車で3分。
周辺はブドウ畑やオリーブ畑に囲まれています。

少しでも雰囲気の伝わる写真を。

b0305039_17282920.jpg
b0305039_17285287.jpg
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。


by minamiitalia | 2018-05-21 17:30 | チーズ教室

荷物無料預かりサービス

当教室をご利用いただくお客様には、無料でお荷物を預かっています。


日帰りプランと宿泊滞在プランで、お預かりできる日数が異なりますが、
事前にご相談いただければ柔軟に対応させていただきます。


さて、今月訪れたロンドン。
州都バーリからはLCC直行便で2時間30分。

驚くほど近くて、お得なお値段で利用できました。

日本から遠く離れたイタリアに一歩足を踏み入れたなら、
イタリア各地またはヨーロッパへ周遊旅行をするのも手です!

重いスーツケースは教室に置いて、好きなだけ旅行を楽しんでください。

本日付でUPされたコラムで、利用したロンドンの空港ホテルをご紹介してます。

ヒルトン系列ですが、質良くお安く泊まることができたのでどなたかの参考になれば、うれしいです。

ロンドンLCC利用に空港から2分「ハンプトン バイ ヒルトン ロンドン スタンステッド エアポート」


以前の記事をご覧になりたい方は、こちらからどうぞ!

ページを開くと、過去の記事が表示されます。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。


by minamiitalia | 2018-03-30 19:33 | チーズ教室

ロンドンの極狭ホテル

春旅でお世話になったロンドン中心部のホテルについて、

ここに記録を残しておきます。

ポイント A ホテル ロンドン ショアディッチ

↑いつもBooking.comで予約しますが、リンクは公式サイトにしています。

b0305039_20220516.jpg

結論からいって、立地とホスピタリティは合格ライン。


スタンステッド空港からリバプールストリート駅の空港バス停まで、

バスで1時間10分という近さ。

バス停からホテルまでは徒歩で7分ほどでした。


街の東側に到着することにより、渋滞で混雑する市内をバスで通過する必要がないため、

時間の節約になると考えていた私たち。

空港からホテルまで、バスや地下鉄の乗り換えが少ない方が楽。と、思っていた私たち(笑)

よって、このリバプールストリート駅周辺でホテルを見つけることにしました。

これが大正解♪♪


お値段は、物価の高いロンドンではコストパフォーマンス良し!

部屋のランクはスタンダードクラスをチョイス。


さらに、お安いランクもありましたが、「窓なし」と書いてあったのでNG

泊まった方のコメントを読んでみると、地下のお部屋ということが判明。。。
ひょえー( ̄。 ̄ノ)


部屋は狭いですが、清掃が行き届き、清潔感があります。

b0305039_20231407.jpg

ただ、2点ほど注記があります。

その1)部屋の広さは11㎡。
寝るだけ!と、割り切れる方には問題ありません。
大きなスーツケースで旅行される方には不向きなお部屋です。
スーツケースどころか、ハンドキャリーを開くのも一苦労でした(苦笑

その2)シャワーのみ。
これは短期滞在なら我慢できるのでOKです。
が、シャワーヘッドが固定タイプ。
朝、髪だけ洗いたいときには体まで全部濡れてしまうので不便。

b0305039_20240908.jpg

その他に、冷蔵庫はなく、
よくある無料の紅茶のティーパックなどのおもてなしも部屋にはありませんでした。


部屋にはダブルベッドがどどーんと1台、そしてバスルーム。

洋服ダンスなるものもなく、ハンガーが壁に6本ほどあったくらい。


インテリアは若者向きを意識しているのか、ポップな感じ。


部屋の壁一面にはPCスクリーンのようなモニターが設置され、

TVを観るのもハイテクさを感じました(笑)

b0305039_20261980.jpg

窓からの眺めは中庭。

防音の観点から、ラッキーな配置に当たりました!

b0305039_20272694.jpg

そして、前回も特筆したように。


ホテルスタッフがとても親切でした。

通常のチェックイン時間が15時にも関わらず、

私たちがホテルに到着したら、部屋の清掃状態を確認してすぐに入室させてくれました。

もちろん、追加料金なし。


さらに、スタッフのお姉さんは自ら
「観光情報で聞きたいことはありますか?なんでも言ってくださいね」と笑顔。

ロンドンの人は親切だなぁ。と、この時点で実感。


素泊まりプランで予約したのですが、
朝食をホテルで食べたい方は後からでも追加できます。
料金はひとり7ポンド。


私は2日目だけ、朝食をいただきました。

場所は、ホテル1Fのフロント脇に広がるカフェスペース。


小さいブッフェ形式で、ヨーグルト、果物、クロワッサンやドーナッツなどのパン類がありました。

飲み物はフロントのお姉さんが注文を聞いてくれて、その場で淹れてくれます。

私はカップチーノをオーダー。

b0305039_20284464.jpg

このカフェは、終日ホテル滞在者以外も利用可能。

近隣はオフィス街なので、会社員が休憩時間に利用することも多々。


よって、防犯上、外から帰ってきたときは宿泊客が

フロント前の壁に設置されたセンサーに部屋のカードキーをかざして、

宿泊階へとつながるエレベータースペースへと入ることになります。


今回の春旅では、空港ホテルとこの市内中心部のホテルの2軒にお世話になりました。

またいつかロンドンに行くことがあれば、このホテルたちにお世話になると思います。


“特上”ではないけど、“標準”。

私たちにとって、ホテル選びで大切なのは「立地」と「クチコミ」。
そして、提供内容に見合ったお値段。

今回もハズレなく、内容とお値段のバランスがよい滞在でした。

ポイント A ホテル ロンドン ショアディッチ
住所:8-10 Paul Street, Shoreditch, Islington, Londres, EC2A 4JH, Reino Unido
電話:020 7655 1720
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。


by minamiitalia | 2018-03-24 20:35 | 食い倒れロンドンの旅2018

先日のお宿@マテーラをご紹介!

今週もありがたいことに、私の記事がUPされました。

今年1月にプチ滞在したマテーラのお宿をご紹介しています。

サッシの街並みを堪能できる抜群の立地、
バスタブ付きの客室、
充実した朝食と温かいおもてなし。

そして、1泊90ユーロ以下(2名1室)のお財布にやさしい料金設定。
(サッシが見える立地で100ユーロ以下はかなりお得なんですよ!)

小さいB&Bながら、滞在者の満足度が9.9/10満点ととても高いお宿です。

記事はこちらから↓

■タイトル■

南伊の世界遺産マテーラに泊まる!「Il Sasso e la Seta」でパノラマをひとり占め


このB&Bのオーナーであるルチアーナさんは、生粋のマテーラっ子。
舞台女優としても活躍し、性格はとても明るくおもてなし上手な方。

皆様がマテーラ滞在する際の参考にしていただけると、光栄です。

過去の記事をご覧になりたい方は、こちら↓からどうぞ♪

いつでもサンタクロースに会える!南伊バーリの「サン・ニコラ聖堂」

南伊プーリアの州都バーリで食べたいスローフード3選

さて、本日はこれからONAFのチーズ勉強会です。
気合を入れて、行ってきます!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

by minamiitalia | 2018-03-22 00:31 | ご近所マテーラ滞在2018

ヴェネチアのホテル2012

ヴェネチアで滞在したホテルの記録を2軒書きましたが、
一番最初に夫と泊まったホテルの写真が出てきたので、こちらの情報も残しておきます。

以前のヴェネチアホテル情報は、こちらをご覧ください♪


さて、今回報告するのは、リアルト橋からすぐのクラシックなホテル

「Residenza Goldoni」

いつもはBooking.comで予約しますが、リンク↑は公式サイトにしてます。

ヴェネツィアの中心部に位置し、リアルト橋からわずか130mの伝統的なホテルです。
サンマルコ広場へも徒歩5分。

ネットでパッと数枚のホテル写真を見て、立地の良さで即決したんです(笑)

2012年のこのヴェネツィア旅行は、実は新婚旅行。
同年の4月に日本で結婚式を挙げ、さらに7月にイタリアでも結婚式(こちらが法律上正式)を挙げました。

普通の人が1回しかしない結婚式を2回も挙げたので、
旅費も含めてこの年は出費がかさみ、新婚旅行も行くか迷っていたところ。。。

夫が「国内なら行けるから、思い出に行こう!」と言ってくれて実現した2泊3日のプチ新婚旅行。

それでは、さっそくホテルの写真を。

水上バスのバス停「リアルト橋」からヴェネチアらしい細い路地をいくつか進み、
ようやくたどり着くこのホテル。

入口ははっきり言ってわかりにくく、この看板を目指して毎日往復してました(笑)
b0305039_01270094.jpg
ホテルの規模は中堅。
フロントに常駐のスタッフさんが、ほぼ24時間体制でいてくれました。
(英語とイタリア語が可)
b0305039_01300853.jpg
さて、お世話になったお部屋がこちら。

シンプルなダブル。
b0305039_01311018.jpg
b0305039_01315687.jpg
部屋の広さは約14㎡。
窓もあり、路地に面していましたが、夜は静かで普通に寝ることができました。

バスルームはシャワーのみ。
b0305039_01353019.jpg
そして、朝食は部屋でいただくことができます

飲み物は事前にリクエストを聞いてくれました。
私はカプチーノ、夫はコーヒー。

食べ物はクロワッサンなどのパンが簡単にいくつかとチーズ。
b0305039_01374762.jpg
部屋で朝食なんてラッキー♪♪と、喜んだのも束の間。

残念なことにカプチーノを飲もうと口にカップをつけた瞬間、塩辛い!!!( ̄。 ̄ノ)

どうやら、ティーカップの消毒に使われた塩がカップの口部分に残り、
気付かずにそのまま運ばれてきたようです。

夫のコーヒーも同様でした。(@_@)

スタッフには何も言わずにそのまま残して、気を取り直して外のバールで朝食を食べました。
(この時はまだ二人とも平和主義者だったんですね、、、笑)

そして、さらにプーリアに帰宅してから判明した、このホテルのもうひとつ残念だったこと。

それは、お会計。

チェックアウトのときに現金で支払ったにも関わらず、
後日、クレジットカードでホテル代が引き落とされてました。

夫がすぐに気付き、ホテルに電話をして返金手続きが無事に終了。
1週間後にはホテル代が戻ってきました。

この2つが残念な点でしたが、あとはノーマルな感じのホテルです。
残念な点はすべてスタッフの人為的ミス。
設備的には問題のないホテルでした。

さてさて、このホテルの名前に付いた「ゴルドーニ」。
実は、ヴェネチア出身の有名な作家さんの名前です。

カルロ・ゴルドーニ

調べてみると、1700年代に活躍した劇作家。
医者の息子として生まれ弁護士になるも、その道を捨てて、作家になった勇気ある人。
その後、フランスに移住してヴェルサイユ宮殿で王女たちのイタリア語教師になったそうです。

ホテル近くには彼の銅像がある広場もありました。
b0305039_01501756.jpg
若かりし頃の夫が写ってます(笑)
あの頃は痩せてたな・・・

さて、気になるホテル料金はちょっと高め。
相場としては、日本のホテルとあまり変わりません。

部屋の広さやサービスよりも立地にお金を出す。という感覚です。

Residenza Goldoni(レジデンツァ ゴルドーニ)
住所:San Marco 5232-5234 - Calle degli Stagneri, San Marco,Venezia
電話:+39 041 2410086

※ここで書いた経験や感想は私個人のものです。参考としてお読みください。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

by minamiitalia | 2018-03-05 02:14 | ヴェネチアLOVE旅

ここは最悪だった!ヴェネチアのホテル

この前はヴェネチアの定宿になるだろうGOODなホテルをご紹介しましたが、
今回は私たち夫婦のワースト2位に入る最悪なホテル体験談をご紹介します。

ヴェネチアの定宿ホテル候補の記事はこちらから♪

さて、2014年に訪れたヴェネチアでお世話になったこのホテル。

「Alloggi Santa Sofia」
http://www.alloggisantasofia.com/index_en.html

↑リンクはホテル公式サイト(英語)です。

いつもどおり予約サイトのクチコミを読んで、評価点も高かったので安心して当日を迎えました。

しかーし!

到着してみて驚いた部屋の実態、、、(-_-)

部屋を語る前に、まず立地と玄関まわりから。

立地はヴァポレット(船)のCà d'Oro 停留所から歩いて1~2分。
とても便利です。
b0305039_18411356.jpg
入り口は注意していないと見過ごしてしまうくらい分かりづらく、
急な階段を登って、ようやく2階の受付へ。
b0305039_18340556.jpg
重たいスーツケースを持ってこなくて大正解!と安堵していたのも束の間、、、(´д|||)

予約したのはバルコニー付きのエコノミーダブル。

この時は”バルコニー付き”というフレーズに魅力を感じて予約したのです。

「水の都」と呼ばれるヴェネチア。
部屋にバルコニーが付いてて、そこから毎朝運河を見渡したいなんて考えは甘かった。

チェックインを済ませて、
いよいよ、
予約していた部屋を案内されることになり、衝撃の事実が発覚!!!

部屋に辿り着くには、このフロントを通り抜けて階段を上がる。とのこと・・・・?
b0305039_18384480.jpg
フロント内を通るって、、、どう見てもお客さんの動線じゃありませんよね?(;゜∀゜)

最初は「変なの~??」くらにしか思いませんでしたが、
部屋に到着して理由が分かりました。

あまりのショックと絶望感に写真を撮る気にならなかったので、
ここからは文字での説明です。

今さらこの悪夢を語るなら、撮っておけばよかった!と後悔。

まずフロントの階段を上ると、
洗濯機と大量のバスタオルが干されている階段の踊り場に到着しました。

着いた途端にモワァ~とした湿気に覆われ(苦笑)、
ここは従業員用のスペースだとすぐに分かりました。

その踊り場にドアがひとつあり、そこへ入るように案内されました。

入ってみると、入り口ドアのすぐ横にまた別の扉。
バス&シャワースペースでした。
幸いなことに広さは十分。

そして、入ってきたドアの正面にもうひとつ扉が。
開けるとベッドルームでした。

ダブルベッドがひとつ、TVもあり、書かれていたとおりバルコニーもありました。

しかし、ベッドに横たわり天井を見た途端さらに気分がダウン。 (@_@)

大量の蚊の死骸が天井にそのまま放置、、、

ひょえ~

「水の都」と呼ばれるからには湿気も多く、蚊が多いことも承知ですが、
お客様を泊まらせる部屋なのにこの状態とは。。。

しかし、時はすでに遅し。

このホテルに改善を求めても何も対応せず、
今から他のホテルに移るにしても、直前予約ではお値段的に無理。
(ヴェネチアはホテル高いですからね!直前はさらに高いホテルしか売れ残ってない)

仕方がない。と諦め、外の眺めでもせめて楽しめるなら、、、と思い、
バルコニーに出てみると。

古臭い老化した木のテーブルとイスが。
もちろん手入れはされてませんでした。

運河が望めると思った眺めは周辺の建物の屋根だけが見え、
またまたガックリ、、、

部屋で一休みしていると、
タオルを洗濯しにくる従業員たちの話し声が聞こえてきました。
壁が薄いのだろう。と思い、声が聞こえる方に近寄ってみると、
壁の一部が壁ではなく、カーテンでした(笑)

もぉ~!これには夫とふたりで大笑い!( ´艸`)

そう、お気づきの方も多いと思いますが、
この部屋は従業員が寝泊りする部屋としてできたもの。

このホテルでは(元?)従業員用の部屋をお客様に提供していたのでした。

Booking.comで予約した部屋でしたが、まさかこんな落とし穴があるとは。
でも、1泊100~120ユーロの料金を払いました。
ちなみにBooking.comでは、まだ同じ部屋が販売されてます。

驚きの事実を知り、夜が静かなことだけを願ってすぐに観光へと旅立ちました。

できるだけ部屋にはいたくないので、この日は夜までずーっと観光三昧(笑)
寝るだけのために部屋に帰り、寝る前に翌朝の朝食時間をリクエストすることに。

というのも、
翌日は午後便でBariに帰る日。
そこで、朝早くからヴェネチアンガラスで有名なムラーノ島へ行きたかったのです。

確か朝食は8:00からと言われ、
「私たちは7時に出発するので、クッキーでも何でも良いから早めに朝食を取らせてくれないか?」
と交渉してみましたが、答えはNO!

仕方なく朝食を諦め、ムラーノ島へと出発しました。

今となっては笑える経験。
ですが、当時はすべてが信じがたい事実でした(苦笑)

3つ星ホテルでこの扱い。
(イタリアで星の数はあまり宛になりませんが)
Booking.comの評価はそこそ良し。

もし、このホテルに泊まりたい方がいるとしたら、
私たちが予約した「バルコニー付きエコノミーダブル」以外のお部屋をオススメします。

いや、正直に言えば、ここはスタッフの対応も含めて避けた方が無難です。

ホテル選びは実際に行ってみて、当りか?ハズレか?が分かるもの。
この時の失敗があったからこそ、今ではさらに用心してホテル選びをするようになりました(笑)

※ここで書いた経験や感想は私個人のものです。参考としてお読みください。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。


by minamiitalia | 2018-02-25 22:53 | ヴェネチアLOVE旅