人気ブログランキング |

タグ:レストラン ( 25 ) タグの人気記事

2019バレンシア&バルセロナの旅④ パエリアのお店

バレンシアといえば、お米の大生産地=パエリア発祥の地!

パエリアを食べずにこの地を去ることはできません。
しかも、夜に美味しいパエリアを食べるのは至難の業なんです。

初日の夕食は、
バレンシアでパエリア三昧を熱望した夫のために美味しいと評判のお店へ。


中心街から少し離れた場所にありますが、常に満員御礼の人気!ということで、
オープンと同時に入店。


お通しはラタトゥユをアレンジした茄子の一品。
前菜にイワシのピンチョスとバレンシア風サラダをいただき、メインはパエリア!

2019バレンシア&バルセロナの旅④ パエリアのお店_b0305039_01354846.jpg
これが本当に美味しかったんです。
二人でペロリと完食!(笑)

ということで、後日記事にしてご紹介しています!

飲み物は、サングリアとビール。
これだけ食べて飲んでひとり20ユーロは安い!と夫とびっくりうれしい一夜でした。

帰りも行きと同じく街の中心にあるホテルまで歩いて帰りましたが、
汗がじんわり、、、とにかく蒸し暑い!

湿度83%、気温26℃。

バレンシアは9月下旬でも、まだ夏の陽気でした。



さらに、2日目のランチには大本命の有名店「ナバーロ」へ。

2019バレンシア&バルセロナの旅④ パエリアのお店_b0305039_01421292.jpg
こちらはパエリアの名店中の名店!
おそらく街で一番格式ある本格派のパエリアレストラン。

いうまでもなく、こちらも本当に美味しかった。

バレンシア風パエリアは事前の予約制。
当日注文しても食べることはできないのでご注意を!

そのほかにいただいたシーフードの前菜もオシャレで上品な盛りつけ、
素材の味がしっかりと立ち、抜群の味で至福の時間でした。

こちらも欠かさず記事にしてご紹介してます!!

こちらのレストランの予算はひとり40ユーロ程度でしょうか。

必ず予約が必要な人気店です。
予約はお店の公式HPからできます♪

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド


by minamiitalia | 2020-02-15 10:30 | 第三の故郷スペインの旅

バレンシアで美味しい“夜パエリア”を求めるなら!

おそらく、今回で2019年の秋旅で訪れたスペインの記事は最後!

本場スペインでパエリアは昼も夜も食べられる料理?

いえいえ、昼の食べ物です。

イタリアでもピザは”夜に食べるもの”というのが一般的なように
パエリアはスペイン人にとっては”昼に食べるもの”なんです。

そこで!

「スケジュール的に夜にしかレストランに行けない・・・」
「絶対に夜、パエリアを食べたい!!」

という方に、パエリアが生まれた街バレンシアで
夜に美味しいパエリアが食べられるオススメのレストランをご紹介します。

「Fum de LLum」は街の中心から少しだけ離れていますが、味に定評のある人気店。
一見すると普通のありふれたレストランですが、世界中から人が訪れます。

昼と夜の両方営業しているので、夜にも昼の味を提供してくれます。
(一般的にパエリア専門店は昼のみ営業するところが多いです)

もちろん!ここでは「バレンシア風パエリア」を頼んでくださいね。
そして、前菜やデザートもオススメですよ。

店員さんも気さくで適度な距離感でおもてなしをしてくれます。
居心地のよさもお墨付きです。

バレンシアに行かれる方はレストラン選びの参考にどうぞ。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド

by minamiitalia | 2020-01-10 06:00 | 第三の故郷スペインの旅

【2020】プーリア州のミシュラン星つきレストラン

今年もお待ちかね!のミシュラン星付きレストランinプーリア州の
2020年度版をご紹介します!

昨年選ばれた10店舗のうち9店舗は、引き続き、2020年もランクインしてます。
(今年ミシュラン星獲得を逃した1店舗は、アンドリアにある「Umami」)

それでは昨年のおさらいも兼ねて、その9店舗をご紹介!

昨年からミシュラン1つ星の仲間入りをした「Due Camini 」と「Bros' 」も
変わらずその座を守っています。

■店名 (所在する街の名)
 サイトアドレス(クリックするとページが開きます)を記載しました。順不同。

↓↓↓↓↓

■Bros' (Lecce)
http://www.brosrestaurant.it

■Angelo Sabatelli (Putignano)
http://www.angelosabatelliristorante.com/it/

■Quintessenza (Trani)
http://www.quintessenzaristorante.it/it/

■Antonella Ricci-Vinod Sookar(旧店名:Al Fornello-da Ricci )(Ceglie messa pica)
http://alfornellodaricci.com/ristorante/

■Due CaminiSavelletri)
http://www.ristoranteduecamini.it

■Pashà (Conversano)
https://www.ristorantepasha.com/it/

■Bacco (Barletta)
https://www.ristorantebacco.it/

■Cielo (Ostuni)
http://www.lasommita.it/en/cielo-restaurant.html

■Già Sotto l'Arco (Carovigno)
http://www.giasottolarco.it/


そして、今年から新たにランクインした2店舗をご紹介♪

※店内と料理の写真を各お店の公式サイトから拝借しました。

■Memorie di Felix Lo Basso (Trani)
http://www.memorie-felixlobasso.it/

海に突き出たカテドラーレ(教会)で有名なトラニにあるお店です。
お店は海岸どおり沿いにあり、ロケーションも最高ですよ!
【2020】プーリア州のミシュラン星つきレストラン_b0305039_21453026.jpg
【2020】プーリア州のミシュラン星つきレストラン_b0305039_21454441.jpg
【2020】プーリア州のミシュラン星つきレストラン_b0305039_21450986.jpg
■Casamatta (Manduria)
https://www.viniliaresort.com/

プーリアワインで一番世界的に知られているブドウ品種の”プリミティーヴォ・ディ・マンドゥリア”が
誕生した地にあるワインリゾートホテル(お城)のレストランです。
【2020】プーリア州のミシュラン星つきレストラン_b0305039_21420401.jpg
【2020】プーリア州のミシュラン星つきレストラン_b0305039_21422174.jpg
【2020】プーリア州のミシュラン星つきレストラン_b0305039_21423712.jpg

ということで、今年は合計11店がミシュランに星付きレストランとして選ばれました。
星の数はどれも1つ星です。

2年前は8店、昨年は10店、そして、今年は11店。
お店の入れ替えはあるものの、着実に評価されるお店の数は伸びています。
うれしいですね♪

今年はプーリア産のオリーブオイルとモッツァレラチーズがEUからIGPとDOPに認定されました。
食材しかり、その食材を引き立てる料理人のアイデアや技も一緒に評価が高まっているということですね。

ミシュランの星付きレストランの紹介は、
あくまで皆さんへどのようなレストランが国際的に評価されているか?をご紹介するに過ぎません。

「必ず訪れた方がよい」ということは、一切申し上げていませんので誤解なさらないでくださいね。

”美味しい”の感覚は人それぞれ。
プーリア美食の旅の参考情報として読んでいただけたら、幸いです。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド

by minamiitalia | 2019-12-28 21:30 | プーリア州の観光情報

アルベロベッロから1駅!ミシュラン掲載の美食店「アンティカ・ロカンダ」

プーリア州が誇る世界遺産の町アルベロベッロから電車で1駅のノーチ(Noci)にある
美食レストラン「アンティカ・ロカンダ」をご紹介します!


今月上旬に訪れて美味しい料理の数々にお腹がはちきれそうになったお店です(笑)。


シェフのパスクワーレ氏はノーチを”美食の町”として有名にした立役者。
今では地元TVでも引っ張りだこの人気シェフ。

提供される料理は、土地の食材でつくる季節を反映した郷土の味。
前菜が多いプーリア料理ですが、このお店でも11品程度の前菜が登場します。

胃袋に自信がある人や大人数で訪れる場合は、
ぜひデグスタツィオーネ(試食)メニューにTRYを!!

ひとり35ユーロで前菜+主食+メインディッシュ+デザートがセットで提供されます
(注文は2人前から)。

もちろん、前後の食事は抜く前提です(笑)。

地元では有名なお店、もちろんミシュランも見逃しておくわけがありません!
”質の高い料理を提供する店”として評価しています。

詳しい内容は、こちらの記事↓をご覧ください。
プーリアを旅する方のお役に立てれば幸いです。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド


by minamiitalia | 2019-11-18 17:30 | プーリア州の観光情報

バルセロナで魚介タパスを食べるなら!ビニトゥスへ

先々週に書いたバルセロナのオススメ!タパスレストランの記事がようやく公開されました。

今回はタイトルを編集の方が修正してくださいました。。。
あ~情けない。

未熟な私は制限文字数内でより良いタイトルを付けることにいつも悩まされます(笑)。

さて、今回ご紹介するのはバルセロナの観光名所のひとつ、
有名建築家ガウディ作の「カサ・バトリョ」から徒歩3分、カタルーニャ広場からも徒歩10分と
立地バツグンのお手軽タパス屋さんです。

タパスはスペインの小皿料理。
日本的にいえば、スペイン風居酒屋です。

さらに、このビニトゥスはバルセロナきっての人気店「セルベッセリア・カタラーナ」の系列店。
味は地元常連客のお墨付!
食べて、飲んで、予算はひとり15~30ユーロです。

日本人にはうれしい魚介タパスがウリのお店。
いろんな調理法で提供される鮮度バツグンの魚は、何回訪れても飽きさせません。
実際、私も滞在中2回訪れました(笑)
このお店のリピート率の高さは驚くものがありますよ。

興味がある方は、こちらの記事↓をご覧ください!!
メモしておいて損はないお店です。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド

by minamiitalia | 2019-11-18 06:00 | 第三の故郷スペインの旅

スペイン・バレンシアのNo.1パエリアはココ!

まだブログが第1回の報告で止まってしまってますが、、、(汗)

先月訪れたスペインではバレンシアでNo.1のこのお店にもお邪魔しました。


米の産地として有名なバレンシア風パエリアは魚介が一切入らないのが特徴です。
そして、意外にもパエリアは昼の食べ物。
夜は食べないのが普通。

今回記事にてご紹介しているバレンシア郷土料理のお店「ナバーロ」は
営業がランチタイムのみ。
訪れる場合は必ず予約が必要な街一番の人気店です。

そして、お目当てのバレンシア風パエリアは前日までに予約が必須。
(最低2人前から)

食事の予算はひとり30~40ユーロとお手頃です。
記事では、いただいた料理のお値段も参考として記載しています。

スペインにも興味がある方に参考にしていただけると幸いです。

記事はココから↓

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド


by minamiitalia | 2019-10-21 17:00 | 第三の故郷スペインの旅

アルベロベッロ近郊の邸宅レストランをご紹介!

先週末に訪れたレストランがあまりにも満足度が高かったので、
さっそく記事にしてご紹介しています。


イタリア語で”マッセリア”という言葉をご存知ですか?
プーリア州独自の言葉で「農園主の屋敷」を意味します。

今回ご紹介するレストラン「トッレ・アボンダンザ」もマッセリアです。

もともとは農業と馬の育成で財を成し、
その後、現オーナーのトニアさんが所有する屋敷のひとつを改装してレストランをオープン。

敷地はなんと70ヘクタール!

食事は専属シェフのジョヴァンニさん監修のもと、季節の土地の味がいただけます。
フレッシュチーズから大地の食材や海の幸、美味しいお肉をつかったものまで、素朴ですが滋味深い料理の数々。

世界遺産の町アルベロベッロからは、車で25分。
予算はひとり30~40ユーロが目安です。

訪れる際は予約が必須。
日曜日は早くから満席になるため、日曜日以外が狙い目です。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド


by minamiitalia | 2019-10-04 17:30 | プーリア州の観光情報

オストゥーニの白い迷路で”カワイイ”をさがす女子旅へ!

南イタリア・プーリア州にある”白い街”の別名で知られるオストゥーニ。

旧市街は白壁が続く細い路地が入り組んだ迷路。


ここには、真っ青な空、白い壁、眺めるオリーブ畑の緑、カラフルなドアの色・・・
女子ならカワイイ!とつい声が出てしまう旅の景色があります。

今回は、カメラ片手の散策でカワイイ景色を切り取ってもらうための”撮影スポット”と、
休憩や食事に役立つ展望レストラン&カフェの情報、地元の郷土料理、
女子旅でオススメのお土産店などをご紹介しています。

オストゥーニのあるプーリア州在住者ならではの情報です。
お時間のあるときにご覧頂けると幸いです。

この情報がオストゥーニを旅する方のお役に立ちますように。

記事はココから↓

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド


by minamiitalia | 2019-08-30 15:00 | プーリア州の観光情報

ポリニャーノ・ア・マーレの寿司レストランPURO

2年前に初めて訪れて、
あまり良い記憶がなかったのですが。

プーリアに里帰り中の友達が「トライしたい!」というので、
一緒にポリニャーノ・ア・マーレにある「PURO」に再来店。

ポリニャーノ・ア・マーレの寿司レストランPURO_b0305039_18262577.jpg
コックが変わって料理も見違えました!!
現在のコックはアルゼンチンと日本のハーフだそうです。

ですが、お値段は日本並み。
いや、もっと高いかな。。。汗)

でも、可愛い盛り付けに心踊りました!

アペリティーヴォとして訪れたので、この日のオーダーは軽めに。

それでは、アートな料理の写真をご覧ください。

ポリニャーノ・ア・マーレの寿司レストランPURO_b0305039_18271735.jpg
ポリニャーノ・ア・マーレの寿司レストランPURO_b0305039_18275454.jpg
ポリニャーノ・ア・マーレの寿司レストランPURO_b0305039_18280686.jpg
ポリニャーノ・ア・マーレの寿司レストランPURO_b0305039_18282453.jpg
ポリニャーノ・ア・マーレの寿司レストランPURO_b0305039_18284100.jpg

メニューには枝豆もありました。
日本のメーカーのビールも。

ただ、ひとつ残念なのがこんなに素敵なお寿司を作ってくれても
接客担当のイタリア人が添えられているソースが何か?等の説明ができないという悲しい現実、、、

もったいないですね。。。

場所は町の絶景が見渡せる有名な橋のすぐそば。

どうしても日本の味が恋しくなったときに行ってもいいかもしれません。
でも、お財布には余裕をもってくださいね(笑)

※訪れる際はお店の最新情報を確認してください。

<PUROのお店情報>

住所:Via San Vito, 15/17, 70044 Polignano a Mare, Italia
電話:+39 080 403 8044

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド


by minamiitalia | 2019-04-29 18:00 | プーリア州の観光情報

ボローニャでスローフードが体感できるレストラン

本日UPされました!

スローフード協会公認の美味しいお店@ボローニャを記事でご紹介!


肉やチーズのみらならず、小麦粉や塩まで原料のすべてにこだわった美食レストラン。
それでいて料金はお手頃なのがうれしいポイント。

ボローニャ中央駅から徒歩5~7分と立地も文句なし。

ボローニャに滞在する際はレストラン選びの参考にしていただけると幸いです。

記事はこちら↓をクリックしてご覧ください。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「LINEトラベルjp 旅行ガイド


by minamiitalia | 2019-04-18 17:30 | ボローニャの旅2019