タグ:レストラン ( 12 ) タグの人気記事

【2018】プーリア州のミシュラン星つきレストラン

今年のミシュラン星つきレストランの情報です。

今頃ですみません!
b0305039_19523939.jpg
2018年、プーリア州のレストランでミシュランの★を獲得したのは何軒でしょうか?

答えは8軒。

昨年と同じ数です。

それでは!さっそく興味深々の星つきレストランの発表に♪♪

~2018年星つきレストラン in Puglia~

■店名 (所在する街の名)
 サイトアドレス(クリックするとページが開きます)を記載しました。

↓↓↓↓↓

■Bacco (Barletta)
https://www.ristorantebacco.it/

■Umami (Andria)
http://www.umamiristorante.com/

■Quintessenza (Trani)
http://www.quintessenzaristorante.it/it/

■Cielo (Ostuni)
http://www.lasommita.it/en/cielo-restaurant.html

■Già Sotto l'Arco (Carovigno)
http://www.giasottolarco.it/

■Pashà (Conversano)
https://www.ristorantepasha.com/it/

■Al Fornello-da Ricci (Ceglie messa pica)
http://alfornellodaricci.com/ristorante/

■Angelo Sabatelli (Putignano)
http://www.angelosabatelliristorante.com/it/

星の数は、すべて1つ。

上から5軒は昨年から星つきに昇格。
下から3軒はミシュランの常連です。

なんと2017年のリストと変わりません。
昨年と同じお店が今年も星を獲得してます。

星つきだから美味しいとか、星がついてないから不味い。というのは間違えです。
自分の味覚に合うレストランが、あなたにとって”美味しいお店”です。

私もリストに記載された星つきレストランに行ったことがありますが、
「これがミシュランの星がつくレベル???」と思ったこともあります(苦笑)。

自分が美味しいと思えば、どこのレストランでもいいと個人的には思いますが、
美味しいレストランの”ヒント”として、この情報を見てくださればうれしいです。

どのお店もお値段は高めなので、お財布に余裕をもたせて訪れてくださいね♪

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
「プーリアの食」を巡る旅、空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。

チーズ教室はプーリアの州都バーリから20分
2つの世界遺産「アルベロベッロ」と「マテーラ」からそれぞれ45分。

現地在住ライターとして旅行に役立つプーリア情報を発信!「トラベルジェイピーガイド

[PR]
by minamiitalia | 2018-08-20 21:44 | プーリア州の観光情報

暗殺者のパスタ

州都バーリの郷土料理レストランで食べた
その名も「Spaghetti all'assasina」。

直訳すると、暗殺者のパスタ。

b0305039_16551101.jpg
今ではこの料理を作れる料理人さんもわずかになったとか。

見た目はとてーも地味ですが(笑)、昔からの伝統料理。
前日に残ったパスタを無駄にしないために生まれた一品。

<材料>

・前日に残ったトマトソースのパスタ
・トマト
・唐辛子
・オリーブオイル

お好みでニンニクやトマトソースを少々入れてもOK。

材料を全部フライパンに入れて、パスタがパリパリの食感になるまでフライパンで炒めます。
この炒め加減が絶妙で難しい。

食べた感想は、日本の堅焼そばに似てます。
具はありませんが、、、

名前の由来となった唐辛子、恐ろしいほど入ってます(苦笑)
だから、暗殺者。

甘党の国民イタリア人(カラブリア州を除く)には、これはかなりの激辛麺。

州都バーリのレストランでも10軒程度しかメニューにのせてない珍しい郷土料理。
見つけたら、迷わずにTRYしてください♪
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
南伊プーリア州の絶景&チーズ旅をコーディネート★★南イタリアチーズ教室★★

1日1組限定で360度お客さまのご希望に応えます!
空港送迎、観光地アテンドなんでもおまかせください。


[PR]
by minamiitalia | 2018-05-09 23:59 | プーリア州の観光情報

【2017】プーリア州のミシュラン星つきレストラン

b0305039_23512653.jpg

昨年まで4つしかなかったプーリア州の星つきレストラン。

今年からは、なんと倍の8つに!!!

うれしいですね♪
プーリアの「食」が成長し、それがきちんと評価されている。

星つきレストランは次の8つ。

~2017年新しく星つきレストランになった5店舗~
■Bacco(Barletta)
■Umami(Andria)
■Quintessenza (Trani)
■Cielo(Ostuni)
■Già Sotto l'Arco(Carovigno)

~既存の星つきレストラン3店舗~
■Pashà(Conversano)
■Al Fornello-da Ricci(Ceglie messa pica)
■Angelo Sabatelli(Monopoli)

星の数は残念ながら、すべて1つ星。

来年は星の数も、星つきレストランの数もさらに増えますように。。。
[PR]
by minamiitalia | 2017-08-15 23:52 | プーリア州の観光情報

カフェ飯@レッチェ

バロック建築の街レッチェへ~♪♪
b0305039_531939.jpg

かなりご無沙汰のレッチェ散策。
どんよりと曇り空の週末でしたが、雨つづきだったここ最近に比べると何倍もマシ!

ということで、前から気になっていた旧市街のお店へようやく行けました。

雑誌に掲載され知った「Doppio Zero」。

ドゥオモの近くです。
(前出の写真サントロンツォ広場からも徒歩5分程度で到着できます。)

お店の雰囲気は、日本にあるオシャレカフェそのもの♪
b0305039_534788.jpg

郷土料理ではなく、美味しいサラミやワイン、フォカッチャ、そのほかカフェ飯を提供してくれます。

この日注文したメニューを例に。

■ポルケッタのワンプレート(12ユーロ)
ポルケッタの下にはサラダとパンが隠れています。
b0305039_553076.jpg

■串焼きプレート。
こちらも食べ応えあります!
b0305039_56026.jpg

もちろん手作りドルチェも充実。
朝食にもピッタリです。
b0305039_562179.jpg
そして、店頭にはパンやチーズの量り売りコーナーも。

お持ちかえりしてホテルでマイペースに食事したい方にも良いですね。
b0305039_564191.jpg
女性のひとり旅でご飯に悩んだら、オススメのお店。

店員さんもフレンドリーで、とても親切。
客層もイギリス人、フランス人などインターナショナル!

寒くても外のテラス席は、いつも人気だそうです(笑)。
b0305039_5709.jpg
【Doppio Zero】
住所:Via Guglielmo Paladini 2、Lecce

※実際に行かれる際は、ご自身で最新の情報を確認してください。


[PR]
by minamiitalia | 2017-01-23 05:11 | プーリア州の観光情報

オストゥーニでお肉ランチ oishii

先日のマテーラにつづき、
今日は”白い街”でおなじみのオストゥーニで遅めのランチ。
b0305039_0101247.jpg
「お肉が食べたい」という夫のリクエストで見つけたレストランが大当たり!

お店は旧市街にあり、店内も雰囲気バツグン♪
b0305039_0114345.jpg
お店の入口には、お肉が並べられたショーケースが。

この感じからして、お肉には自信があることがうかがえます。
b0305039_0154728.jpg
テーブルセッティングもシンプルながら、
コップやお皿がプーリアらしさを感じさせてくれますね。
b0305039_0162154.jpg
まずは、

前菜のブルスケッタが運ばれてきました。
b0305039_016518.jpg
そして、付け合せのサラダと続き、
b0305039_0171961.jpg
店員のお兄さんが鉄串に刺さったままのお肉を
たくさんテーブルにもってきてくれました。

そして、

私たちの目の前で次々と串からはずして、お皿に盛ってくれます。

同じタイミングでキッチンから、
店員のお姉さんが揚げたての自家製ポテトチップスを運んできてくれました♪
b0305039_0182378.jpg
盛付けがイマイチですが、、、
お皿には炭火焼のお肉がたくさん!( ̄+ー ̄)

お肉は、鶏肉、レバー、チーズを中に入れた肉巻き、ソーセージ、豚肉の5種類。

はっきり言って、日本人の方ならこの量で満腹になります!(〃´o`)=3

最後に、自家製ドルチェとカフェ。
b0305039_0203847.jpg
私も夫もお肉で満腹になったので、ドルチェはこの量で十分でした。

ケーキの中身は、リモンチェッロ味のカスタードクリーム。
上品でまろやかな味に仕上がっていましたよ。(^ー^)

今回注文したのは、

限定メニュー(ツーリストメニュー)で一人18ユーロ(2ユーロのコペルト込み)。
※ただし2人前から注文可。

観光地でこのお値段はとってもお得!

食事の後は、迷路のような白い旧市街を散歩。
b0305039_0223546.jpg

b0305039_0225435.jpg

b0305039_0231058.jpg

b0305039_023253.jpg

b0305039_0234131.jpg
そして、

海辺に移動して、ちょっとしたお昼寝(笑)。
b0305039_0241366.jpg
帰る頃には、また夕立が、、、
不安定な天候がまだ続いてるプーリアです。

オストゥーニで立ち寄ったレストラン情報はこちら!

【Osteria-Braceria PANTAGRUEL】
住所:Via F.Zaccaria,9 Ostuni ※旧市街にあるお店です。


[PR]
by minamiitalia | 2016-09-20 00:32 | プーリア州の観光情報

マテーラでナポリ風ピザ

~プーリア州のお隣、バジリカータ州にあるマテーラの情報です♪~
b0305039_2284727.jpg

昨夜は、世界遺産の街マテーラに住む友人との夕食。

待ち合せは21:30分。
と、相変わらずイタリア時間で遅いため、早めに街に到着してアペリティーヴォ@カヴェオーソ(エリア)

ふと広場を見ると、中世の衣装を身にまとった人々の行進でにぎわっていました。
b0305039_228177.jpg

b0305039_2283382.jpg

それから、街中を夫とブラブラ♪

観光地だけあって夜遅くまでお店が開いているのは、とってもうれしいことです。

今回、友人たちと食事をしたのはサッシ地区のバリサーノ♪
(サッシ地区には、カヴェオーソとバリサーノの2つのエリアがあります)

バリサーノ側から見える夜景がこちら!
b0305039_2293121.jpg

そして、今回、友人が予約してくれたお店は、
レストラン&ピザ屋さんの「Oi Mari」
b0305039_233197.jpg

テラス席もまだ人気ですが、夜は少し肌寒くなったので中の洞窟席へ。
b0305039_2331950.jpg

プリモもセコンドも食べれるレストランですが、ここで美味しいのは意外にもナポリ風ピザ(笑)

”生地がモッチモチ”というのは、まさにここのピザのこと!
私はクワットロ・スタジオーネ(四季のピザ)8ユーロを頂きました。
b0305039_2334882.jpg

ここのピザ職人さんはナポリ人。
どうりでこれだけ美味しいピザが出てくるわけですね~(笑)

マテーラのレストランはあまり評判がよくない話を聞きますが(苦笑)、このレストランのピザはオススメです!

バリサーノへお泊りになる方は試してみてください。

【Oi Mari】
住所:Via Fiorentini,66 Rione Sassi,Matera

最後におまけとして。

友人との約束時間より前に待ち合せ場所に到着した私たち。
時間を持て余して、こんなふざけた写真を撮って時間を過ごしていました。
b0305039_244332.jpg

[PR]
by minamiitalia | 2016-09-19 02:40 | プーリア州の観光情報

バーリの郷土菓子Sporcamuss

先週は、州都Bariにある郷土料理レストラン Al Sorso Preferitoへ。

b0305039_22562430.jpg

以前、ここを訪れた記録はこちら↓からご覧ください。

ここには、バレーゼ(バーリ人)が泣いて喜ぶ郷土菓子
「Sporcamuss(スポルカムッス)」があります。
b0305039_22574343.jpg
名前の由来は、

食べるときにクリーム(または上に粉砂糖がのっているVer.は粉砂糖)で
顔が汚れてしまうことから。

パイ生地にカスタードクリームを挟んだだけのシンプルなお菓子。

でも、不思議と2つ、3つと食べたくなるんです。( ´艸`)

州都バーリを訪れる際はお見逃しなく!


[PR]
by minamiitalia | 2016-07-22 22:59 | プーリア州の観光情報

マテーラのお手頃レストラン

プーリア州のお隣バジリカータ州にある世界遺産の街”マテーラ”に行ってきました。
b0305039_22195015.jpg

「マテーラにはなかなか美味しいレストランがない。」とよくお客様から言われます。

ということで、私がよく行くマテーラのオステリア兼ピッツェリアをご紹介!

お値段と味のバランスが良いお店です。
※マテーラでここが一番美味しい!というわけではありませんが、普通に美味しいお店です。

サッシ街からすぐそばの「Al Falco Grillaio」。
b0305039_22201869.jpg

ここはピッツァがオススメです。

この日、わたしが注文したピッツァ・クルダイオーラ(7ユーロ)
b0305039_2221252.jpg

そして、前菜一人前(6ユーロ)
b0305039_22221426.jpg

前菜にはもちろんIGPのマテーラパンもついてきます。

外皮はカリッ、そしてなかはモッチモチでした。

ここで提供しているパンは大当たり!美味しいですよ!(^|0|^)
b0305039_22232343.jpg

メニューには、ベースの異なるピザ数種類のほかにパスタやお肉料理もあります。
b0305039_22234664.jpg

そして、このお店で一番オススメなのが、店内一番奥の席。

お店で唯一サッシが眺められる特等席なんです♪
この席は早い者勝ちです(笑)
b0305039_22245267.jpg

女性のひとり旅でも利用しやすいお店の雰囲気、店員さんもとても親切です。

マテーラでレストラン選びに悩んだら、ひとまずココに行ってみてください。(^ー^)

【Al Falco Grillaio】
住所:Via Ridola, 17, Matera


[PR]
by minamiitalia | 2016-07-04 22:29 | プーリア州の観光情報

トルマレスカのワインバー@レッチェ

b0305039_1881529.jpg

日本でもプーリア産ワインの代表選手として定着した”トルマレスカ”。
(トスカーナの名門アンティノーリ社の傘下です)

満を持して、この度レッチェにワインバーをオープンします♪
これからプーリアを訪れる方は、ぜひのぞいてみてください。

【Tormaresca Vino e Cucina】
via Benedetto Cairoli 25,Lecce

私も今月訪れる予定です。
[PR]
by minamiitalia | 2016-06-06 18:08 | プーリア州の観光情報

バーリ郊外のGulp

週末、日本が大好きという友人たちとバーリの若者に人気のレストランへ♪

訪れたのは、Gulp!
b0305039_21143381.jpg

外観からして若者が好きそうなオシャレな感じです。(*⁰▿⁰*)

このレストランは、バーリの中心からやや離れた穏やかな住宅街にあります。
治安がよいエリアとしても有名です。
近くにはシェラトンホテルがあり、訪れた夜は外国人観光客もちらほら。

席に案内されて、まず目に飛び込んできたのがテーブルに置かれたレコード。
ランチョンマットの役割をしてました(笑)
b0305039_21232510.jpg

そして、友人おまかせで注文したアンティパスト。
”ハムとチーズの盛合せ”
b0305039_2124933.jpg

中央の小瓶には、トリュフ入りのハチミツが♡
オシャレなだけではなく、食にも気配りが見えます。

若者に人気なだけあって、メニューはとってもカジュアルなもの。
値段も普通です。

そして、これまた友人がオススメしてくれたのがパニーノ!
「レストランでパニーノ?」と思わず戸惑いましたが(苦笑)、これが大当たり!!!

30種類以上あるパニーノのメニューから私が選んだのは、シンプルな組合せ。
”ノルチャ産ソーセージとグリル野菜”(5€)

野菜の下には、その美味しさで評判のノルチャ産ソーセージが隠れてます^皿^
b0305039_21282892.jpg


そして、シメのデザートは大好きなチーズケーキを☆
b0305039_2129683.jpg

予想以上の大きさにビックリ。(・・?)
食べ応えバツグンのアメリカンサイズです。

この日は、半年以上会っていなかった友人との会食。
州都バーリの日本食最新事情についていろいろと教えてもらいました。(^_-)

日本が好きなだけあって、いろんなお店の情報を熱く語ってくれましたよ(笑)

このお店は郊外にありますが、有名クチコミサイトでバーリ市内のレストラン3位にランクインしてます。
車がないと辿り着くのが不便ですが、シェラトンにお泊りの際はぜひ訪れてみてください。

レストラン名:Gulp
住   所:Via Enrico Pappacena, 4/G,Bari,Italia
電話番号:080 975 8460

※ご紹介したレストランの情報はこの記事を書いた時点のものです。
  実際に行かれる際は、ご自身で最新情報を確認してください。

[PR]
by minamiitalia | 2016-05-04 21:35 | プーリア州の観光情報